年収1000万円の転職先を見つける方法

年収を上げたい        2016年05月16日

Pocket

年収1000万円

(この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。)

就職をしたものの、いろんな理由から転職したくなることがありますね。転職サイトDODA(デューダ)の「みんなが転職する理由は?転職ランキング」によれば、転職したい本当の理由の上位3位に挙がっているのが「給与への不満」です。ちなみにトップは「ほかにやりたい仕事がある」、次に多いのは「会社の将来性が不安」です。

給与に不満があるから転職したいのであれば、転職先はできるだけ給与の高いところをみつけたいですよね?そのためには、自力で転職活動をするのではなく、転職エージェントを活用するのがおススメです。

転職エージェントを活用しよう

転職エージェントとは、転職活動を代行してくれるサービス業のことです。仕事をしながら転職先を探すのは何かと大変。ただでさえ仕事をしていて忙しいのに、求人情報のチェック、下調べ、面接の手配、面接場所の確認など…。そんなことをしていたら、今している仕事も手つかずとなり、注意散漫になって失敗も多くなってしまいますね。

転職にまつわるそうした手間を代行してくれるのがエージェントです。しかも、このサービスの魅力は無料で活用できること。どうして無料で活用できるのかというと、求人を出している会社がエージェントに料金を支払っているからです。

エージェントは2~3個登録しておくとよい

転職エージェントを活用するとよい理由は、手間を代行してくれるから、というのが主な理由ですが、もっと大きな理由として、年収の高い転職先が見つかりやすい、ということがあります。転職支援サイトは非公開の情報を持っています。つまり、どの求人情報サイトにも載っていない、高収入の転職先を紹介してもらえるのです。

転職エージェントは2~3個登録しておくのがおススメ。なぜなら、転職エージェントは会社ごとに持っている情報内容が異なります。複数に登録しておくことで、年収1000万円の職業に転職できる可能性も広がります。

こうして考えると、登録するエージェントは多ければ多いほど良いのか、とも思えますがそれはあまりおススメできません。なぜなら、5個も6個も一度に登録すると、連絡のやりとりが大変になってしまうからです。高年収の転職先を紹介してくれるエージェントを2~3個選び、登録しましょう。

以下、年収1000万円超えの転職先を紹介してくれる転職サイトをご紹介します。

BIZREACH(ビズリーチ)

年収1000万円以上の高収入求人に特化した転職支援サービスです。そもそも、年収750万円以上の求人情報しか取り扱っていないという特徴があります。そのうえ、求人情報掲載数45,000件、採用企業数4,700社、登録ヘッドハンター数1,400人と、国内最大規模。

リクルートエージェント(リクルートキャリア)

キャリアを積んでいる人のための転職先情報を多く扱っています。また、ハイキャリア専門のキャリアアドバイザーもいるので、相談したいときに頼りになります。

TOEICのスコア600点くらいを持っているなら、リクルートエージェントで年収1000万円の転職先が見つかる可能性はアップします。また、外資系の転職先を探している人は登録必須です!

上記でご紹介した2件のほかに、「enミドルの転職」では年収600万~2000万円の求人情報が充実しています。何か資格を持っているなら、特定の資格に特化した転職エージェントもあるので活用してみましょう。

エージェントを使うときの注意点

ときどき、エージェントへの不満として「見当違いの求人情報ばかり紹介される」という声を聞くことがあります。そんな事態を防ぐためには、こちらの要望をはっきりとエージェントがわに伝えておくことが大切です。そのために、エージェントを活用する前に要望をきちんとまとめておくとよいでしょう。

(文/河原まり)

【転職エージェントの関連リンク】

差額330万円!大企業と中小企業の年収はなぜここまで違う?

タグ: , ,
河原まり
河原まり
2011年よりフリーライターとしての活動を開始。英語・中国語を学び、翻訳業にも従事。私生活を充実させるため、10年間続けた医療事務の仕事をやめ、今に至る。趣味は作詞・作曲、弾き語りや料理。マイブームは休日にギョウザやシューマイを大量につくり、冷凍すること。

orette.jp

orette.jp

TOPへ

ページトップへ戻る