ここまでやって100円?お小遣いサイトは稼げないし危険!

副業で稼ぎたい        2015年12月09日

Pocket

(この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。)

  • お小遣いサイトで儲かった!と喜ぶ人はいない

    ちょっとした時間を使ってお小遣い稼ぎをしたい!
    そう思っている方も少なくはないようで、ネット上ではお小遣いサイトなるものが以前から注目されている。
    このお小遣いサイト、簡単にいえば登録して、サイト内に表示されている広告をクリックし、その先で会員登録をしたり資料請求を行うことで、ポイントが付与されるというもの。

    ポイントは多くの場合1ポイントが1円換算となり、資料請求すればまとまって数千ポイントが付与されることもあるため、一見割が良さそうに思える。

    ところが、大手ともなれば数百万人が登録しているなんて謳っているのに、あなたの周りに「お小遣いサイトで儲かった!」と喜ぶ人は、きっといまい。
    そうなのだ。
    お小遣いサイトというものは、利用すればするほど「話が違うな」と感じることばかり。しかも様々な危険性をはらんだサービスなのだ。

    ポイント稼ぎをするぐらいなら、バイトをしては?

    たとえば某大手お小遣いサイトを例に挙げよう。
    登録は数分で完了し、あとは延々と広告をクリックしまくるとお小遣いが貯まっていくわけなんだけど、クリックするだけでお小遣いポイントが貯まるなんて良心的に思える。
    だけど、実際にはそのポイントはサイトごとに1とか10とか、その程度。

    クリックしては元のページに戻り、またクリックする。
    そうした、いわゆる土を掘り返して穴を開け、その後土を埋めてからまた掘り起こすような、意味の分からない行動をやって、1時間で果たして幾ら稼げるのか。
    時給換算するとバカらしくなるような話である

    僕の個人的な意見としていわせてもらうと、それなら近所でバイトをした方がまだマシのように思える。
    家から一歩も出ずにお金を稼ぎたいというなら、室内にこもってできる仕事はいくらでもあるのだから、そっちに目を向けるべきだ。

    広告をクリックし、個人情報を登録しまくることの危険性

    冒頭で少し書いたけど、広告をクリックしてポイントをゲットする場合、時にはその広告リンク先で会員登録やら資料請求をする必要が出てくる。
    会員登録すればメールアドレスが、資料請求すれば住所が相手方の知るところとなる。

    広告をクリックし、個人情報を登録しまくることの危険性

    そしてこのような処置をしたことで、サイトによっては大量の迷惑メールやDMが届くようになる。
    個人情報を、目先の数十円、数百円のために差し出すと、まあこういうことになるわけだ。

    しかも面倒なことに、お小遣いサイトは数ヶ月ポイント獲得が更新されないというだけで、ポイントが没収されてしまう。
    一度利用を開始したら、日々しこしこと小銭稼ぎをしないといけなくなるということだ。

    そのため、次から次へとポイント付与のために様々な広告をクリックし、個人情報を書き続ける。
    その末路がどうなるか、もうわざわざここでしっかり説明するまでもないだろう。

    どこまでも小ざかしいお小遣いサイトの罠

    このコラムのように、お小遣いサイトの危険性を訴えるウェブ上の読み物は少なくない。
    しかし、その危険性を訴えるはずのウェブサイトで、色々と問題点を挙げていった上で「でもこの○○というサイトなら安心!」みたいなノリでお小遣いサイトに誘導しようとする注意喚起サイトもある。

    十中八九、こうしたものは、お小遣いサイト側がその辺の食い詰め物ライターに依頼して作らせたものだ。
    まかり間違っても信用してはいけない。

    お小遣いサイトでポイントを稼ぐよりも、表に出て額に汗して稼ぐお金の方がよほど素晴らしい。

    (文/松本ミゾレ)

    【稼げる仕事のおすすめリンク】

    副業?出会い系サイトのCBになれば毎月5万円以上稼げる

    フィギュア製作代行、腕の良いモデラーなら1体1万円から受注できる!

    会社のロゴを考えるだけで10万円?クラウドツールの公募デザイン!

    タグ:
    松本ミゾレ
    松本ミゾレ
    2011年活動開始。恋愛コラム、パチスロホール取材記事、某大手企業専属ライティングなどを手広くこなす、ゆるふわ系三文ライター。著作出版の経験も意欲もない、地方都市在住の意識低い系物書きを是非応援してください。ちなみに特技はタイピングと、松前漬けをほぼ無尽蔵に食べ続けることです。

    orette.jp

    orette.jp

    TOPへ

    ページトップへ戻る