勝ち組ビジネスマン

年収を上げたい

30歳で年収700万は何割いる?生活はどのくらいの余裕があるの?

投稿日:2016年6月3日 更新日:


30歳で年収700万は何割いる?生活はどのくらいの余裕があるの?
投稿日:2016年6月3日 更新日:2017年7月18日

あなたはどれぐらい年収がほしいですか?500万?800万?1000万?1億……!

確かに年収は多いに越したことはありませんが、1億円は少し現実離れした理想でしょう。
さて、今回は実際に稼ぐことができて、かつ「勝ち組」と言われる理想の年収を考えてみました。

年収700万円は日本にどれくらいいる?

国税庁による民間給与実態統計調査(平成26年版)によると、年収700万の男性は全体の5.9%です。あくまでも給与に関する調査なので、会社勤めではないフリーランサーなどの職業は含まれていません。

また、他の一般企業による調査では、30歳でちょうど年収700万円の男性は6%という結果が出ています。したがって年収700万円は男性全体の1割以下であることが分かります。

30歳で年収700万円を支払っている職種は、メーカーや医療系、金融、ITベンチャーなどが挙げられます。また、高年収な企業のほとんどが、中小企業ではなく従業員数が多く資本金額も大きい大企業となっています。

ただし、今まさに伸び盛りのベンチャー企業の場合は、数年で急成長することもあるため、この限りではありません。

年収700万円の手取り

年収700万円を、ボーナスを考慮せずに12で割ると、月の給与は約583,333円となります。ここから、社会保険を引いてみましょう。独身で扶養親族のいない30歳男性と仮定すると、平成28年の場合、

  • 厚生年金が52,592円
  • 健康保険が29,382円(※保険組合によって税率が変わるが、ここでは協会けんぽを想定)
  • 雇用保険が2,333円
  • 所得税が31,370円

です。

583,333円-52,592円-29,382円-2,333円-31,370円=467,656円

ここからさらに住民税が引かれます。住んでいる土地によっても変わりますが、30,000円から40,000円ほどだと考えられます。仮に35,000円と仮定すると、月の手取りは432,656円となります。これは、手取り年収に直すと約520万円になります。

年収700万円の暮らし

さて、年収700万円の暮らしは、月の手取りが約43万円の暮らしということがわかりました。では、月43万円の暮らしを参考にしてみましょう……。

モデル例1(平均的な例)

家賃 100,000円(そこそこ都会の新しめのマンション物件、1LDK)
光熱費 10,000円(ちまちました節約は不要)
通信費 30,000円(課金も通話もためらいなくできる)
食費 90,000円(1日3,000円。全て外食でも、自炊しながら1日おきに飲みに行くことも可)
レジャー費 120,000円(毎週末ごとに30,000円)
日用品 50,000円(ちょっといい家具や家電もためらいなく買える)
貯金 30,000円(備えも忘れずに)

※この人の生活費のうち、まず家賃が全体の割合に対しそれほど多くないのが特徴です。その分、レジャーにかなりのお金を費やしているようです。

モデル例2(趣味を楽しむ系)

家賃 200,000円(この年齢の家賃相場にすればかなり豪華な都会(東京)のマンション)
光熱費 10,000円
通信費 10,000円(普通に使える)
食費 30,000円(そこそこ自炊もする)
趣味費 150,000円(趣味や旅行に徹底的にお金を使う)
予備費 30,000円(こんなに使ってもまだ余裕が)

※奥さんも子どももいませんので家族サービスなどの必要もなく家賃と趣味を重視しての生活と言えるでしょう。

このように年収700万円の生活レベルは家計をそれほど気にすることなく、自分の好きなレジャーや趣味に手取り額をあてることができる、プチリッチ型と言えるでしょう。
それでは最後に「堅実な年収700万円」のモデルケースを見てみましょう。

モデル例3(堅実系)

家賃 60,000円(一般的な関東圏での一人暮らしのマンションの家賃)
光熱費 10,000円
通信費 10,000円
食費 30,000円
その他 20,000円
貯金 300,000円

この人の貯蓄額は年間で360万円です。このまま貯蓄をすると一生昇給がないとしても10年で3,600万円、退職までの30年間貯め続ければ1億突破の1億800万円
ここに退職金も加わりますから、退職時に一括でマンションを購入したり、少し豪華な老人ホームに入って優雅な老後を過ごすこともできます。

このように年収700万円と言う数字はすべての望みが叶う金額ではありませんが、自分なりのライフスタイルを作るうえではおおむね願いが叶う収入と言えるでしょう。

ただし、この3つの例はあくまでも30歳、独身男性のパターンです。
このままの条件が続くケースは少ないでしょう。
ちょうど結婚適齢期でもありますから、結婚生活も待っているかもしれません。好きな女性ができ妻にめとり世帯を持ち夫となり、やがて子供ができるとその分、支出も大幅に増えてくるはずです。

ただ、現時点で目標が漠然としている30歳男性は、まず、年収700万円の暮らしを手に入れてみることは大切だと思います。
将来自分が家庭を持ったとしても、通信費や教育費、光熱費、社会保険料などなどの支出が年収700万円の経験に照らし合わせて、この家族構成だからどこを節約しようなどの頭の中の家計簿が収支の管理のために働いてくれるはずだからです。

30歳、年収700万円の生活はかなり余裕

30歳で年収700万円、かつ独身であればかなり悠々自適に暮らすことができます。

堅実に貯金をするタイプなら、貯金が相当できるので老後のための蓄えも比較的短い期間で可能です。

また、その貯金額を金利の高い投資に回して資産運用をする余裕も産むことができるため、現実的な金銭感覚を持ちながら、増やせるお金もある、そんな両面を備えた収入ではないでしょうか。

前述したように、結婚し、家族が増えると状況は変わり、やれ住宅ローンの返済だ、もっと月給が上がらんか、などといろいろ悩みは出て来るはずですが、営業職のように歩合制ではないサラリーマンであれば転職でもしない限り、この日本では大きく収入が上がることはありません。
そう言う意味では、このプチリッチとも言える年収700万円生活、一度は味わって、そしてバランスの取れた使い道を覚えることによって、しっかりした将来の生活設計ができるのではないでしょうか?

(文/平野恵子)

合わせて読みたい

もし今の職場環境や年収に不満があるなら‥

スキルアップをして年収を上げたい、今の給料では将来が不安、職場の人間関係や仕事内容が合わない、という方は転職エージェントを利用して転職を考えるのもよいでしょう。

大手転職サイト「リクルートエージェント」

リクルートエージェント

転職成功実績NO.1のリクルートエージェントなら、豊富な実績とノウハウであなたの市場価値を第三者の視点で見出し、 転職先への年収交渉も代行して行ってくれます。土日、祝日、平日20時以降の相談もできるので、年収アップのためのサポートも万全で働きながらでも安心して転職活動に専念できます。

>>非公開求人はこちらから

Copyright© HOW MATCH , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.