年収を上げたい

平均年収が一番高い県はどこ?都道府県別年収ランキング

投稿日:2017年5月13日 更新日:


あなたはどれくらいの月額賃金で、年収になおすといくらの金額となっていますか?お金の話しになると、周りの人は一体いくらぐらい給与や賞与をもらっているのか、気になる人も多いかと思います。

世の中には男女別や年齢層別など、平均年収に関するさまざまな統計データが存在しますが、この記事では厚生労働省を統計元とした賃金構造基本統計調査表を参考に、都道府県別の平均年収を紹介したいと思います。

全国の都道府県ごとに平均年収はどれくらいの差があるのかを比較した上で、平均年収が高い県や低い県をランキング形式で解説します。

あなたの年収はお住まいの都道府県の平均と比べてどうなのか?全国平均とくらべてどうなのか?ぜひ比較していただければと思います。

あなたの地域の平均年収は?エリア別平均年収

早速ではありますが、各都道府県の平均年収を紹介します。ただし、全ての都道府県を単調に羅列してしまうとチェックしずらいと思いますので、全国を7つのエリアに分類した上で、それぞれの都道府県のデータを紹介します。

今回分類する7つのエリアは

  • 北海道・東北エリア
  • 関東エリア
  • 北信越エリア
  • 東海エリア
  • 関西エリア
  • 中国・四国エリア
  • 九州・沖縄エリア

です。

あなたのお住まいの都道府県が入っているエリアをご覧頂くと、近隣の都道府県との比較もできますので参考にして下さい。

北海道・東北エリア

北海道・東北地区は北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県の7つの都道府県を紹介します。

このエリアでのトップは宮城県の455万4,500円で、ワーストは岩手県の362万1,100円となっています。

同じ東北エリアでも90万円以上の差が出ていることが興味深いデータといえるでしょう。

北海道・東北エリアの平均年収一覧

  • 北海道:417万2,100円
  • 青森県:365万4,800円
  • 岩手県:362万1,100円
  • 宮城県:455万4,500円
  • 秋田県:370万9,100円
  • 山形県:371万4,800円
  • 福島県:410万8,800円

トップの宮城県のデータ

  • 平均月収:31万3,000円
  • 平均賞与:79万8,500円
  • 平均年齢:42.7歳

関東エリア

関東地区としては、茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・山梨県の8つの都道府県を比較したいと思います。

このエリアでのトップは首都である東京都で、平均年収は605万9,900円

ワーストは群馬県の460万6,200円となっています。

東京と群馬の差は140万円以上となっており、東京の平均年収の高さが際立っているといえるでしょう。

関東エリアの平均年収一覧

  • 茨城県:502万7,200円
  • 栃木県:475万9,800円
  • 群馬県:460万6,200円
  • 埼玉県:469万9,700円
  • 千葉県:473万1,800円
  • 東京都:605万9,900円
  • 神奈川県:544万2,800円
  • 山梨県:461万2,900円

トップの東京都のデータ

  • 平均月収:40万3400円
  • 平均賞与:121万9100円
  • 平均年齢:41.4歳

北信越エリア

北信越地域は新潟県・富山県・石川県・福井県・長野県の5つの都道府県で比較いたします。

このエリアのトップとなるのは富山県の451万8,400円で、

ワーストは新潟県の408万7,900円です。

トップとワーストの差が40万円程度と僅差となっており、県別の平均年収にそれほど差がないという特徴があります。

北信越エリアの平均年収一覧

  • 新潟県:408万7,900円
  • 富山県:451万8,400円
  • 石川県:435万3,200円
  • 福井県:430万2,800円
  • 長野県:449万2,500円

トップの富山県のデータ

  • 平均月収:30万7500円
  • 平均賞与:82万8400円
  • 平均年齢:43.0歳

東海エリア

東海地域、いわゆる中部地区は、岐阜県・静岡県・愛知県・三重県での比較といたします。

このエリアでのトップは愛知県の536万2,500円で、

ワーストが岐阜県の456万1,400円となっています。

ワーストの岐阜県でも北信越エリアトップの富山県の平均年収を上回っており、相対的に高めの平均年収を得ているエリアといえるでしょう。

東海エリアの平均年収一覧

  • 岐阜県:456万1,400円
  • 静岡県:472万4,700円
  • 愛知県:536万2,500円
  • 三重県:488万3,100円

トップの愛知県のデータ

  • 平均月収:35万4000円
  • 平均賞与:111万4500円
  • 平均年齢:41.3歳

関西エリア

関西エリアは関西2府4県である滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県で比較しています。

このエリアのトップは大阪府の526万5,300円で、

ワーストは和歌山県の435万2,000円でした。

ワーストの和歌山以外はいずれも拮抗しており、頭一つ分だけ大阪が抜けている状況となっています。

関西エリアの平均年収一覧

  • 滋賀県:491万8,300円
  • 京都府:494万1,700円
  • 大阪府:526万5,300円
  • 兵庫県:484万8,000円
  • 奈良県:467万5,100円
  • 和歌山県:435万2,000円

トップの大阪府のデータ

  • 平均月収:35万7100円
  • 平均賞与:98万100円
  • 平均年齢:42.1歳

中国・四国エリア

中国・四国地域は、鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県・徳島県・香川県・愛媛県・高知県の9県で比較いたします。

このエリアのトップは広島県の464万6,000円で、

ワーストは鳥取県の384万9,900円です。

カテゴライズしている県が多いことから平均年収にバラツキがあると予想しておりましたが、調査してみるとほぼ横並びの結果となっています。

中国・四国エリアの平均年収一覧

  • 鳥取県:384万9,900円
  • 島根県:397万1,200円
  • 岡山県:448万1,600円
  • 広島県:464万6,000円
  • 山口県:443万8,400円
  • 徳島県:432万5,100円
  • 香川県:433万8,000円
  • 愛媛県:414万7,800円
  • 高知県:396万3,900円

トップの広島県のデータ

  • 平均月収:31万9800円
  • 平均賞与:80万8400円
  • 平均年齢:42.3歳

九州・沖縄エリア

九州・沖縄地域は、福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県の8県で比較いたします。

トップは福岡県の437万1,400円で、

ワーストは沖縄県の349万8,800円となっています。

トップの福岡県だけが400万円台を超えており、それ以外の件は全て300万円台後半で、全体的に平均年収が低いエリアとなっています。

九州・沖縄エリアの平均年収一覧

  • 福岡県:437万1,400円
  • 佐賀県:389万4,800円
  • 長崎県:397万3,700円
  • 熊本県:394万7,100円
  • 大分県:398万3,300円
  • 宮崎県:367万8,100円
  • 鹿児島県:384万4,100円
  • 沖縄県:349万8,800円

トップの福岡県のデータ

  • 平均月収:30万5100円
  • 平均賞与:71万200円
  • 平均年齢:42.0歳

平均年収のラインキングをご紹介

では、これらのデータをランキングでまとめ、総合ランキングトップ5とワースト5を紹介したいと思います。

平均年収が高い県ランキングトップ5

1位 東京都 605万9,900円
2位 神奈川県 544万2,800円
3位 愛知県 536万2,500円
4位 大阪府 526万5,300円
5位 茨城県 502万7,200円

総合のトップは東京都で、首都である貫禄を見せつけたのではないでしょうか?周辺の神奈川県も2位に入っており、同じ関東エリアでのワンツーとなっています。

その他は全国にまんべんなく分かれておりますが、都市圏で年収が高いという結果が出ています。

平均年収が低い県ランキングワースト5

43位 秋田県 370万9,100円
44位 宮崎県 367万8,100円
45位 青森県 365万4,800円
46位 岩手県 362万1,100円
47位 沖縄県 349万8,800円

最も平均年収が低いのが沖縄県で、その次に岩手県、青森県など、いずれも地方の平均年収が低いという結果がでています。

トップの東京都とワーストの沖縄県の間には250万円の差があり、同じ国内でも県によって大きな年収の差があるといえるでしょう。

まとめ

平均年収は都道府県によって大きく異なり、都市圏では比較的年収が高く、地方では比較的年収が低いという結果となっています。

  • トップは東京都の605万9,900円
  • ワーストは沖縄県の349万8,800円

で、都道府県ごとにかなり大きな格差があることが分かります。

もちろん、平均年収が高いから住みやすく、平均年収が低いから住みにくいということではありません。物価も異なるかと思いますので、あくまでも平均年収という基準で見た参考地考えていただければと思います。

(文/田中英哉)

年収をどうにかあげたいという方は、「転職で年収って本当にあがる!?転職成功者の年収アップ体験談」を読んでみてください。悩む前に、自分の年収アップ可能性を探ってみましょう!

Copyright© HOW MATCH , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.