年収500万円でも節約生活を!食費について考える

年収を上げたい        2016年08月18日

(この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。)


  • 1ヵ月の家計の中で食費は変動費にあたります。そして節約して切り詰めやすいのが食費です。

    年収500万円あれば家族4人で悠々自適に暮らせるのでは?と思う人もいるでしょう。ですが実はそんなにゆとりのある生活ではないことが家計を見てみるとわかりますし、これを読んでいる年収500万円で家族4人で暮らしている人の中には毎月カツカツで生活しているという人もいるのではないでしょうか。

    年収500万円、家族4人の生活はカツカツなの?

    年収500万円、夫婦2人、子ども2人の4人家族、妻は専業主婦、子ども2人は小学生としましょう。

    この家庭の1ヵ月の収入と支出は以下の通りです。

    収入 月収(夫のみ) 30万円
    児童手当(子ども2人分) 2万円
    支出 住宅費 7万円
    水道光熱費 2万円
    食費 5万円
    日用品 1万円
    通信費 1万5,000円
    教育費 1万5,000円
    娯楽費 1万円
    夫小遣い 3万円
    妻小遣い 5.000円
    生命保険 1万5,000円
    学資保険 2万円
    自家用車関連 2万円
    貯蓄 3万円
    合計 31万円

    収入から支出を差し引くと1万円の黒字になります。

    この家計を見て、「贅沢をしている!」と指摘する人は少ないのではないでしょうか。

    冠婚葬祭などが続いてしまったり、家族が怪我や病気をしたりすると簡単に赤字になってしまう家計ですね。また年収500万円を維持し続けることができるのか、子どもが受験などの時期になった時に塾の費用などをどこから捻出するのかなども不安があります。

    【関連記事】?年収400万円と500万円とで手取り額、生活レベルはどう変わる?

    年収500万円の平均的な生活レベルは?

    さきほどの家計を見てもわかる通り、家族4人で年収500万円で生活をするとなるとゆとりのある生活とは言えません。

    旅行や外食などが極力控えることになるでしょう。また都心になると駐車場代が高くなるので車の所有も諦める必要が出て来てしまいます。洗濯機や冷蔵庫などが壊れてしまうと買い替えにも頭を悩ませることになるでしょう。

    年収500万円でも夫婦共働きや独身、子ども1人などになるとある程度ゆとりを持つことができますが、子どもが2人、妻は専業主婦であればこれ以上子どもを持つのは難しいですし、もう少しゆとりが欲しい場合には妻がパートタイムで稼ぐ必要があります。

    食費を落とす節約術

    家計の中で最も節約をしやすいのが食費だと言われます。節約料理や買い物術など食費の節約に関する特集がテレビや雑誌で取り上げられることも多いですね。

    さきほどの家計の内訳を見て食費が高いと感じた人はいますか?

    あの中には夫の昼の弁当のための材料費なども含まれています。また小学生の子どもが2人となれば育ち盛りなのでお米の消費量なども多くなるでしょう。ですから小さなことからコツコツ工夫をして食費を抑えていきましょう。

    1ヵ月にかかる食費を週ごとに見てみる

    4週間で5万円の食費となっているので一週間の食費は単純に4で割って1万2,500円です。

    そこで一週間の食費を2,500円切り詰めて1万円にしてみましょう。こうすると4週間で1万円の節約となるので食費そのものを5万円から4万円に落とすことができます。

    メニューはおおまかに決めて買い物に行こう

    まずはスーパーに行く頻度を減らすために一週間に一回まとめて一週間分の食材を購入するようにしましょう。

    そのためには一週間分の献立を立てる必要があるのですが、献立はおおまかに決めてスーパーの買い出しに行くことでその時に安い食材を使って献立を立てることができます。

    献立をきっちり決めて買い物に行ってしまうと高くても安くてもその食材を購入しなくてはならないので食費を落とすことができません。

    旬の食材を利用しよう

    スーパーの青果コーナーや鮮魚売り場などではその時期の旬の食材が安く売られています。

    食費を抑えたい時のポイントはその時期の旬の食材をたくさん利用することです。旬のものは栄養価も高いので節約しながら家族の健康を守ることができます。

    食費の節約の基本は自炊

    当たり前のことですが、食費の節約の基本や自炊です。

    とは言っても子どもがいる場合には特別な日には外食をねだられることもあるでしょう。

    そんな時には自宅でホットプレートなどを使っているもとは違った食卓にするだけでも子供達は大喜びです。時間や手間はかかりますが、できるだけ手作りにすることで食費を大きく抑えることができます。

    この他にも食費の節約に関する方法はいくつかあるのですが(※)、毎日の節約を楽しんで継続していくことができるようにまずは何か1つから始めてみてはいかがでしょうか。
    ※節約に関しては下記の記事をぜひ読んでみてください。

    (文/中村葵)


    タグ: , ,
    中村葵
    中村葵
    主婦をしながらライター業に勤しむ福岡県在住の主婦。小学1年生の息子との時間を最優先にするために在宅で仕事を続けている。人生山あり谷ありをリアルに体験したことが幸いしてなのか様々なジャンルで記事が書けるようになる。得意なことは毎週日曜日に一週間分の献立を立てて買い出しに行き材料を一週間で使い切ること。趣味は愛兎を撫でること。

    【PR】無料保険相談で商品券全員プレゼント

    TOPへ

    ページトップへ戻る