副業で稼ぎたい

宝くじで10億円!当選金と幸せを引き換えにした人たちの末路が悲しい

投稿日:2015年6月29日 更新日:


宝くじ10億円当選!から一転。悲惨な末路をたどった人たち。

宝くじの高額当選。当たらないと思っていても、もし当たったら…なんて誰しもが一度は考えたことがあるもの。先日ドリームジャンボの当選番号の発表がされたが、いくらかは当たったでしょうか?

7月からは早速サマージャンボ宝くじの発売が全国で一斉に開始されるので、そこに夢をかけている人もきっと多いことでしょう。

日本でも当選最高額は上昇の一途か

私たち働くサラリーマンの永遠の夢、宝くじの高額当選。

海外でも数100億円相当という目もくらむような高額当選が存在する一方、日本で発売されている宝くじにも高額の当選額として、グリーンジャンボやサマージャンボ、先日発売されたドリームジャンボなどがあり、特に年末ジャンボ宝くじにおいては10億円を超える当選額になることはよくご存知だと思います。

日本人が一生遊んで暮らせる金額がおよそ5億円と言われています。これは何年間生きるかにもよりますが、例えば宝くじの当せん金5億円を50年で割ったとすれば、月換算にして

500,000,000円÷600月=833,333.333333…円

ということで、毎月80万円以上もの自由に使えるお金が存在することになります。これがもし6億円ならば毎月100万円、10億円になれば毎月160万円以上ものお金が自由に使えるということになります。一生分の金運を使い果たすにこれ以外の方法があるでしょうか。

しかも宝くじの当選金は非課税なので、もらったお金がそのまま使えるという夢のような話。(もちろん払うべき住民税などは払わないといけませんが。また、贈与税などについてはまた別途ご説明します。)

さぁここからが本題ですが、あなたなら生涯年収を遥かに超えるであろうこの大金を一体何に使うでしょうか?

私なら真っ先に住宅ローンを完済して、クルマも買い替えよう。パソコンも古くなったから新しく購入して、趣味の遊び道具も欲しい。いつもはお金がかかるから避けていた年末年始やゴールデンウィークど真ん中に海外に行くことだって余裕だ。そうだ、いっそのこと家ももう1軒購入してしまおう!

使い道 金額
住宅ローン完済 \27,000,000
クルマ買い替え \5,000,000
新しいパソコン \200,000
趣味の遊び道具 \200,000
GWど真ん中に海外旅行 \500,000
家ももう1軒 \40,000,000
\72,900,000
残り金額 \927,100,000

全部やっても、まだ9億2700万円以上も余るぞ!!どうしよう使い切れない!!すげぇー!!

宝くじはこうやって捕らぬ狸の皮算用をしているときが一番楽しいのかもしれません。

そもそも高額当選者は本当に存在するのか?

幸運にも高額当選をした場合の換金方法ですが、5000万円以上の場合は最寄りのみずほ銀行本支店で受け取ることができます。
その場合、手続きの際に本人確認書類として運転免許証や健康保険証などの身分証明書(100万円以上の場合は印鑑)が必要となります。
(※5万円までの換金受け取りは宝くじ売場の窓口で受け取ることができます)

私は見た事がありませんが、宝くじで1,000万円を超える高額当選者にのみに配られる「その日から読む本」というものが存在するようです。

その本には高額当選者としての心得が事細かに記されており、浮かれた高額当選者の気持ちを害せずに安全に巨額のお金を運営するノウハウが詰まっているようです。かいつまんで紹介すると、

「受け取った当せん金は、とりあえず安全な保管場所へ」

「当せん直後は、興奮状態にあるという自覚を」

「1人でも人に話せば、うわさが広まるのは覚悟しよう」

「当せん金は、当面使うお金と残すお金に分ける」

「もしもの時のために遺言状を作る」

ざっとこんな感じの言葉のオンパレード。特に最後の遺言状には思わず身震いを覚えますが、これは裏を返せば過去にこのようなトラブルがあったことの示唆にほかならないでしょう。 当選金の管理は、想像以上に厳しくしなければ大変なことになるということは想像できますね。

毎年ジャンボ宝くじが発売され、購入するために売り場に長蛇の列ができるたびに、このような恐ろしい思いを味わう高額当選者は必ず存在しているのでしょう。これは間違いない事実です。

しかし、過去のニュースを検索すると、高額当選したにもかかわらず、受け取りをしていない未換金がなんと20億円以上もあったそうなのです。

未換金の理由には、

  • 「番号を見間違えた」
  • 「番号確認を忘れた」
  • 「もらい物の宝くじでもらったことを忘れている」

などというもったいなさすぎる理由がある一方で、

  • 高額すぎて躊躇(ちゅうちょ)している

という理由もあった。この当選者はもしかしてお金の本当の怖さを分かっている人だったのかもしれません。

高額当選者の末路をご存知だろうか

匿名で自由に情報を配信できるインターネットの世界には、真偽は不明だが実際の高額当選者による自らの暴露記事がいくつか存在しています。

また、書籍でも「ロト6で3億2千万円当てた男の悲劇」というものがあり、この著者である高額当選者の絵に描いたような転落人生を見ることができます。

高額当選者の守るべき基本的な鉄則に「当選したことを他人へしゃべらない」というのがある。しかし実際に当選した人に言わせれば「一番つらかったのは、誰にも言えないこと」だったというのだそう。

もし、家族にばれ、同僚にばれ、友人にばれ、知人にばれてしまったら、それから自分の身に何が起こるかはちょっとでも想像すれば、あなたにも分かるでしょう。

自分から直接伝えた人だけならまだいいのですが、伝えてもいない赤の他人やまったく関わりのない団体からある日突然寄付のお願いがくることだってあるのです。

当選確率という視点から考えれば……

宝くじの最高額に当選する確率は1000万分の1だと言われています。これは競馬の約2,000倍、カジノで大当たりする確率の約16倍もの当たりにくい確率になります。

間違いなく一生分の金運を使い果たすにはこの方法しかないくらいの、確率論だけで言えばスーパー低確率にもかかわらず、先ほど述べたような不幸になるリスクと背中合わせであることを忘れてはいけません。

当選確率という視点から考えれば……

宝くじの還元率は47%と言われています。分かり易く言えば、宝くじを購入枚数100枚に対して、¥14,000程度しか返ってこないということ。お金稼ぎという視点で考えれば、これ以上の効率の悪いやり方はないでしょう。

しかし、夢を見るという視点で考えれば健全です。収益金の40%ほどは震災の復興にも使われ、数千円払えば日本の社会貢献もできて夢も見られる、そう考えれば少しはラクになります。

私の両親もかつては年末にジャンボ宝くじをしこたま買ってきて、家族でその使い道を真剣に話し合ったものです。そして大晦日の抽選日に「今年もハズレた~!」と笑い合っていたのを見て、私は心のどこかでホッとしていたものでした。

人によっては、宝くじが当たるよう神社で祈願をしたり、ゲンを担いだり、金運アップをするために風水にこだわったりする人もいます。

宝くじは、その使い道を考えているときが一番楽しいものなのかもしれませんね。

宝くじ高額当選した人のその後の人生とは?

宝くじで6億円を当てると年収2000万円の生活が30年できます。

さて、30代の一般的なサラリーマンが6億円を当てたらどうなるでしょうか。昨日まで年収500万円の生活だったのに、急に4倍の生活を送れるようになるのです。

さて、あなたは年収2000万円の生活を30年間送りますか?それとも年収1000万円の生活を60年間送りますか?どちらを選ぶのか、その後の人生はこの選択で大きく変わるようです。

失敗例、高額当選者のその後

ケース1:家族や親戚にたかられる

3人家族のごく普通のサラリーマンが3億円を当てたら妻から「自分の両親と弟夫婦に家をプレゼントしたい」と言い出された。
1億円が当たったことを家族にしか話していなかったのに、これまで大した付き合いがなかった親戚から「2000万円貨して欲しい」と頼まれ、断ると嫌がらせを受けるようになった。 今まで会ったこともない親戚と名乗る、金目当ての人たちが訪れることも多々あるようです。

ケース2:周囲に妬まれる

会社の人に知られてしまい、結果会社の同僚からことあるごとに「奢って」と言われるようになった。断っていたら会社に居づらくなってしまい、結果退職した。
小学生の子どもが友人に自慢してしまい、近所に広まってしまった結果、近所の人はもちろん、知らない宗教団体や慈善団体までが自宅に押しかけてくるようになった。

ケース3:散財

5000万円が当たったが何に使ったか分からないほど散財してしまった。その後、一度上がった生活の水準を下げられずに消費者金融から借金した結果、自己破産をした。
妊娠していたこともあり仕事を辞め、夫は外で豪遊するようになり結果として仕事を辞めてしまった。その後、離婚することになったが貯金はゼロで、夫に慰謝料と養育費の請求もできない状態になってしまった。

こういったトラブルは比較的配偶者や子供たちなど、近親者の気の緩みから起因することが多いようだ。
特に子どもは先に起きることの重要性を理解するのは難しいので、つい口を滑らせてしまうので注意が必要だ。

成功例、高額当選者のその後

ケース1:何も変わらない

実は賞金に手を付けておらず、仕事を今まで通り続けて、今まで通り子供の学費も住宅ローンも収入から支払っている。賞金を使い始めればすぐに無くなると考えており、何に使おうかと悩む時間が一番幸せだと考えている。

ケース2:使い切った

下手に手元にお金があると周囲から「奢れ」「貸して」と言われるから、家や新車を買うなどして使い切ってしまった。「少しぐらい」や「一度だけだから」とお金を貸したりしてしまったら永遠に続くような気がしたので、周囲にも分かりやすく使い切ってしまった。

もしかしたらそれが一番安全な方法で、損しないやり方なのかもしれません。

日常生活を変えないことが大切

お金には人を変える力があり、高額当選者のその後の人生を調べるとそれがよく分かります。お金には人を変える力があると言いますが、その原因になるのは「自慢したい」と「妬ましい」という気持ちです。
その気持ち一つで人との関係が変わってしまうこともあります。

代々金持ちの家がなぜ常にお金を持っていられるのかを考えてみましょう。なぜならば彼らはそれが当然であって、自慢げに見えるその振る舞いも自然の行動なのです。周囲もそれに慣れているし、妬むようならば彼らと付き合おうと思わないのです(よって『セレブ』という集団ができるのです)。

お金がある=セレブではない!

宝くじはそのような考え方を持っていない普通の人が突然億万長者になります。そんな似非セレブがセレブな生活に憧れて、お金はあるのだからと周囲に奢るなどしてもセレブにはなれません、ただの散財です。

セレブにはそれまで培ってきた社会があり、だからこそ安全にお金を維持・使用できるのです。しかし宝くじの高額当選者は今まで通り普通の社会の中で金持ちになっただけで、周囲の環境はセレブ対応になっていないのです。結果、奢ったり貸したりして自慢してしまうと、周囲に妬まれて不幸な人生を送ることになるのです。

ポイントは「今までどおり」につきる

成功例で目立つのが彼らは日常生活を変えなかったことです。仕事を続けたり、今まで支払っていたローンは継続したり。突然の大金が日常生活を犯していません。

使い切ったという人も豪遊したわけではなく(生活に多少にゆとりは生まれたでしょうが)、高額商品を一気買いしています。それも周囲対策です。

「奢れ」とか「貸して」とか言われても、「使い切った」と言えば相手も諦めるとのこと。周囲にばれないでいるというのは難しいので、下手に手元に残さない、もしくは定期貯金や投資などすぐに現金にならない形で保有することが成功するポイントのようです。

Copyright© HOW MATCH , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.