前後賞あわせて6億!今年はどうなるグリーンジャンボ宝くじ

副業で稼ぎたい        2016年02月25日

Pocket

(この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。)

2015年度のグリーンジャンボの当選額は?

突然だが、2015年度のグリーンジャンボの当選額、1等前後賞あわせて幾らだったか覚えているだろうか?
昨年度のグリーンジャンボ宝くじ、その合計当選額は6億円だった。

前後賞あわせて6億円2015年度の年末ジャンボが史上稀に見る前後賞あわせての10億円だったために、ちょっと見劣りのする金額ではあるけど、それでも十分な配当だ。

その高額当選が飛び出した売り場が何処にあるかと言うと、群馬県にある「ジョイフル本田新田店 宝くじ売り場」。昨年度は、ここで宝くじを購入した結果、1等前後賞あわせて6億円の栄冠を勝ち取った人がいる。まったく、うらやましい限りだ!

さて、では2016年度のグリーンジャンボ宝くじの発売がとうとう始まった!
ちょっとだけ、グリーンジャンボについての思索を巡らせてみよう。

【関連記事】1000万円以上の高額当選宝くじを輩出した伝説の売り場チェック表

年5回の大型宝くじ、初陣を切るグリーンジャンボ

日本では、高額当選がウリとなる大型宝くじの発売期間が、年に5回やってくる。その中でも一番最初に訪れるのが、グリーンジャンボ宝くじだ。

グリーンジャンボは毎年の2~3月にかけて発売・抽選させる宝くじだ。で、大体の大型宝くじでは、1等当選金が5億円となっている。これに前後賞があれば1億円がさらに当選額に加算されることとなる。

だから前後賞も狙いたい場合は、連番での購入がオススメとなるわけだ(誰でも知ってる話ではあるが)。

とにかくグリーンジャンボは、毎年の大型宝くじの1発目を飾る、実におめでたいイベント。新年最初の運試しとして、昔から多くのファンに愛されてきた。

グリーンジャンボ宝くじ、公式サイトに見る“逸話”

見落としがちだけど、宝くじ公式サイトには購入者の寄せたメッセージが掲載されている。その中には、グリーンジャンボにまつわる話も少なくない。幾つか引用して、短く紹介してみよう。

「10年以上夫婦で共同購入してきた。ついにグリーンジャンボで1等、前後賞あわせて2億円的中

「毎回購入したくじを神棚に保管し、祈願を欠かさなかった。あるとき10,000円、50,000円と続けて小額当選。『大当たりの予兆では?』と思って続いて発売となったグリーンジャンボも購入。見事1等前後賞を的中させた」

ざっとこんな具合だ。そうそう、ちょっと前までは1等前後賞合わせても2億円だったんだよね。それが今やその3倍。凄まじいインフレだ。

冒頭に書いたように、2015年の年末ジャンボでは、とうとう10億円に達したのも記憶に新しい。このまま行くと、何年か後には1等前後賞あわせて10億円が最低ラインになる時代が来るのかもしれない。

2016年も宝くじで夢を見続けよう!

僕がこれまでに的中させた高額当選は、たかだか100万円。それなりの大金だけど、多分宝くじに費やしてきた投資が丸ごと戻ってきた上に、ちょっとだけ浮いたようなもの。

やっぱり購入する以上は、がっつり1等狙いしか眼中にない。そんな庶民の夢を叶える人が、この国のどこかには毎度必ずいる。ギャンブルは投資しない限り損はしないが、投資しないと配当を得ることもできない。「明日は我が身」と信じて、1枚でも3枚でもいいので購入してみてはいかがだろうか!

※この記事は2016年2月5日に掲載された記事を編集して再掲載したものです。

(文/松本ミゾレ)

【グリーンジャンボ宝くじの関連リンク】

1等前後賞6億円のグリーンジャンボ、過去はここで当選!

1000万円以上の高額当選宝くじを輩出した伝説の売り場チェック表

スクラッチ宝くじなら◯分の1の確率で200円が100万円に!

1等3億13本!オータムジャンボ宝くじはバラ・連番どっちで買うべき?

宝くじは買うことに意義がある!4千億円超は社会貢献に使われる!

タグ: , ,
松本ミゾレ
松本ミゾレ
2011年活動開始。恋愛コラム、パチスロホール取材記事、某大手企業専属ライティングなどを手広くこなす、ゆるふわ系三文ライター。著作出版の経験も意欲もない、地方都市在住の意識低い系物書きを是非応援してください。ちなみに特技はタイピングと、松前漬けをほぼ無尽蔵に食べ続けることです。

orette.jp

orette.jp

TOPへ

ページトップへ戻る