1等前後賞6億円のグリーンジャンボ、過去はここで当選!

副業で稼ぎたい        2016年02月24日

グリーンジャンボ宝くじ当選売り場

(この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。)


  • グリーンジャンボ宝くじがスタート!

    2016年の幕開けからしばらく時間が経ったところだけど、皆さまいかがお過ごしだろうか?
    風邪など引いていらっしゃらないだろうか?
    なんせ僕は読者想いな、おふくろ系ライター。心配でならない。

    さて、そんな戯言はさておき、今年一発目の大型宝くじが発売開始となった。そう、グリーンジャンボ宝くじだ。例年2月から3月にかけて販売されるこの宝くじ、年々少しずつ当選額が上昇傾向にある中、昨年では1等前後賞あわせて6億円にまで達している。

    高額当選を輩出した売り場がある?

    今年の当選額も6億円だ。そもそもグリーンジャンボ宝くじの高額当選をするのは、その他の大型宝くじと同じく、かなり困難なことだ。

    こういうときは、以前グリーンジャンボが高額当選した宝くじ売り場にあやかってみるのも悪くないだろう。
    そこで今回は、このグリーンジャンボの高額当選が過去に発生した売り場をいくつか紹介していきたい。

    まずは王道、西銀座チャンスセンター!

    1000万円以上の高額当選宝くじを輩出した伝説の売り場チェック表高額当選が続出している宝くじ売り場として、もっとも有名なのが西銀座チャンスセンターだ。
    こちらのコラムでも以前取り上げたことのある売り場である。なんせ毎度のようにこの売り場からは高額当選が続出しており、これまで度々テレビ番組でも特集されている。

    それだけに大型宝くじの発売時期ともなると長蛇の列となりがちで、場合によっては購入するだけでも精神が磨り減ってしまうこともある。
    僕も以前この売り場を訪れたことがある(ちなみに外れた)。
    ちなみに、これまでこの売り場から飛び出した高額当選は、140本を越えている。

    大勢が買いに来るため、当然試行回数が増えることで、必然と当選が発生する可能性も高くはなるが、それにしてもこの数字は驚きだ。
    もちろん、2015年のグリーンジャンボ宝くじの折にも、この売り場から1等が飛び出している

    平成の億万長者を463人生んだ「西銀座チャンスセンター」あなたに代わり宝くじを購入してきます!

    愛知の殿堂、名駅前宝くじチャンスセンター!

    続いてグリーンジャンボについて縁起が良いとされているのが、愛知県名古屋市中村区にある、名駅前宝くじチャンスセンターだ。

    2004年から現在に至るまでに、既に100本以上の高額当選が発生している売り場で、周辺の地域にある売り場の中ではかなり抜きん出ている。

    2015年は全ての大型宝くじで高額当選が出ないという異例の事態が発生したが、2014年にはグリーンジャンボで1等が発生している。

    グリーンジャンボと言えば有楽町駅中央口売り場!

    大型宝くじの当選が複数回確認され、中でも比較的グリーンジャンボの高額当選が目立っているのが、有楽町駅中央口広場だ。

    関東圏でも以前から、宝くじファンにとっては無視できない穴場とされており、これまで50本以上の高額当選が確認されている。

    先に紹介した2つの売り場と比較すると、高額当選が少ないように感じられるが、それでもこの数字は相当なものだ。

    2015年、2013年、2010年とグリーンジャンボの1等が1本ずつ出ており、かなり安定した排出率に感じられる。アクセスの利便性も高く、地方からわざわざこの売り場で宝くじを買うためにやってくる人もいるほどだ。

    今年のグリーンジャンボは、実績のある売り場で購入してみては?

    今回はひとまず、グリーンジャンボでの高額当選が目立つ売り場を3つ紹介してみた。
    宝くじファンにとっては「大阪駅前第四ビルのあの売り場がないじゃないか!」と憤る方もおられるかもしれない。

    が、あの売り場、かなりの高額当選多発地帯ながら、ことグリーンジャンボについてはここ数年の成績は今一歩に感じられるため、今回は除外した形だ。

    直近数年の成果を鑑みて選んだこれらの売り場。
    次の大型宝くじは、この3つの売り場に夢を託そうじゃあないか!

    (文・松本ミゾレ)

    ※この記事は2016年2月5日に掲載された記事を編集して再掲載したものです。

    【宝くじの関連リンク】

    1000万円以上の高額当選宝くじを輩出した伝説の売り場チェック表

    宝くじで10億円当たるのは本当に幸せなのか?

    宝くじの関連記事まとめ【2016年1月版】

    タグ: , ,
    松本ミゾレ
    松本ミゾレ
    2011年活動開始。恋愛コラム、パチスロホール取材記事、某大手企業専属ライティングなどを手広くこなす、ゆるふわ系三文ライター。著作出版の経験も意欲もない、地方都市在住の意識低い系物書きを是非応援してください。ちなみに特技はタイピングと、松前漬けをほぼ無尽蔵に食べ続けることです。

    TOPへ

    ページトップへ戻る