実録!極限まで節約する日雇い労働者の1日を取材してみた

節約・貯めたい        2016年01月13日

Pocket

日雇い労働者の1日

(この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。)

  • 私の知人に、100万円の借金を背負い、毎月70,000円の収入で生計を立てる真木(仮名)という男性がいる。

    彼は、定職に就くくらいなら、節約したほうがよいという。真木氏のプロフィールと極限節約術について電話でインタビューしてみた。「ダメ人間」と呼ばれそうな彼にも、それなりの事情があるようで……。

    バンド活動に夢を見て定職を辞めた真木の現在

    Q1.年齢は?

    真木:34歳です。

    Q2. どんな仕事をしているの?

    真木:仕事は日雇いで働いています。気分が乗ったときは仕事をしています。

    Q3.職歴はある?

    真木:一番長く働いたのは工場で、2年くらい派遣社員をしていました。バンド活動をしたかったので、仕事にスケジュールを取られるのが嫌で辞めてしまったんです。

    その後、一番長く続いたのは飲食店のキッチンでしたが、半年くらいで職場の人とケンカして辞めてしまいました。

    Q4.毎月の収入は?

    真木:多い月は10万円くらい働きますが、少ない月は55,000円くらいです。平均すると、月70,000円でしょうか。持家で一人暮らしをしているので、家賃がかからない分、生活は楽です。

    Q5.なぜ、100万円も借金したの?

    働いていた会社のお金に手を付けてしまいました。じつは返済は姉に肩代わりしてもらったんですが、姉には、「毎月少しでいいから返済してくれ」と言われています。

    姉の機嫌が悪そうなときは、少しだけ多く働いて余分に返済していますが、普段は月5,000円くらいしか返済していません。

    無一文男の節約テクニック

    Q6.今回は“節約”がテーマなんですが、節約テクニックはある?

    真木:カロリーメイトをまとめ買いし、毎食1個ずつ食べています。自炊もガスや電気が止まりがちなのであまりしませんが、1食100円前後で栄養が取れるのでおすすめです。1日2個食べています。

    Q7.カロリーメイトだけでしのげる?

    真木:正直、きついです。ただ、これでも大分よくなっていて……以前は1日おきに食べるということをしていました。

    Q8.飲み水はどうしてるの?

    真木:水道代や電気代がもったいないので、近所のコンビニのお湯や水をもらってきています。

    Q9.水道はまったく使ってない?

    真木:さすがに日雇いのバイトへ行けないので、バイト当日の朝は入浴します。ただ、人に会う予定がなければ洗濯もしません。

    ――ここまでインタビューを続けていて、ある疑問に気付いた。「携帯電話が止まらない理由が不思議だ」、と。そこで、質問を変えてみた。

    ゲームとネットはやめられない

    Q10.公共料金は支払ってる?

    真木:意外かもしれませんが、きちんと支払ってますよ!毎月、公共料金の支払い日に合わせてシフトは組んでもらっています。

    Q11.携帯電話も止まったことがない?

    真木:携帯電話だけは、絶対止められません。今、『パズドラ(パズル&ドラゴンズ)』と『モンスト(モンスターストライク)』に熱中していますが、『白猫プロジェクト』や『ファイナルファンタジー・レコードキーパー』など、話題の作品は一通りダウンロードしています。 

    Q12.もしかして、課金してる?

    真木:借金している100万円のうち、一部は課金してしまったのもあります。もちろん、全額じゃないですよ!

    Q13.なぜ、働かないの?

    真木:そもそも、毎日働くという習慣が理解できないです。お金よりも自由な生活のほうが楽しいですね。

    ――会社のお金を横領して、アプリに課金し、家族に肩代わりしてもらったという真木氏。挙句、仕事はあまりしたくないと言う。正直、私は呆れてしまった。しかし、彼にも少し同情してしまう事情があった。

    家族や友人がいなくなってしまった理由

    Q14.今、バンドはやってるの?

    真木:バンド活動はできなくなってしまいました。

    Q15.バンドは、できなくなったの?

    真木:メンバーが重い病気にかかってしまい、バンド活動がストップしてしまったんです。それからはあまりモチベーションも上がらなくて……。

    Q16.実家で一人暮らしというのも事情はある?

    真木:昨年、父が亡くなってしまいまして。父の葬儀や法要はやってあげたかったんですが、お金がなくて、それで会社のお金に手を付けてしまったんです。アプリの課金もしたんですが、本当にちょっとだけでした。

    Q17.最後にもう一度。これから働く気はある?

    真木:正直、「できる限り頑張る」だけです。ただ、私の“できる限り”は、世間一般より低いのかなと思います。公共料金を含めても1日あたり2,000円もあれば十分なので、今後もそれくらいを目安に稼いで行こうかなと思っています。ただ、生活保護をもらっていたんですが、ホントは働けるので打ち切られてしまったんですよね(笑)

    その人なりの事情がある

    極限まで節約する人はそれなりの事情があるようだ。ただ、前職のお店の横領やお水をもらうコンビニなど、多大な迷惑をかけていることも見逃せない。節約するところはすべきだが、人様に迷惑をかけるような生き方にならないようにしよう。

    (文/安藤悟・エストリンクス

    【節約の関連リンク】

    タグ:
    安藤悟
    安藤悟
    1987年、静岡県出身・在住。株式会社エストリンクス代表取締役社長/静岡のローカルWEBマガジン「miteco」( http://miteco.jp/ )編集者。10年以上ロックバンド活動を続けている。愛聴するジャンルはシューゲイザー、ポストロック、激情ハードコアなど。主に、音楽とお金についての話題を執筆する。

    orette.jp

    orette.jp

    TOPへ

    ページトップへ戻る