35歳までに1000万円の貯金

節約・貯めたい

30代・貯蓄1000万円は2割!?なぜ彼らは1000万円を貯金できたのか

投稿日:2015年6月29日 更新日:


30代で1000万円も貯金できた人は一体何をして貯められたのか?

今、貯金できていない人の方が多い?

高校や大学を卒業して正社員となれば、会社が倒産したりリストラされたりしない限り、仕事内容や勤め先にもよりますが、平均して毎月20万円近くの給料を安定してもらっていることでしょう。

そこから順調に昇給すれば30代で手取30万円近くを得るキャリアプランも不可能ではありません。しかし、ついついそれだけで安心してしまって、貯金できていない人はいませんか。

30代の2割は貯蓄額1000万円

実際に30代の働く人たちに貯金額を聞いた某雑誌のアンケートでは、驚くべき結果がでています。なんと約2割の人には、30代ですでに1000万円という貯金・貯蓄があるというのです。

そのアンケート結果で、もっとも多い額は100万円から300万円の範囲でした。また、貯蓄がゼロという人が1割という結果もあり、貯金・貯蓄額には格差があることが見受けられます。

また、30代でまだ結婚しておらず、実家暮らしの人で、年収も平均年収並みにあって、毎月コツコツとお金を貯めてきた、という人なら1000万円くらいお金を貯めている人も少なくはありません。実際に35歳で1000万円貯めている人は20%近くいるというアンケートデータも出ています。

毎月10万円貯金をし続けてきたら、10年で1200万円貯金ができる計算になります。しかし、そのうち車や高価なものを購入したり、海外旅行などにも行くこともあるので、それを差し引いても1000万円くらいにすることも可能です。

実家暮らしのうちに、いかに貯められるか

ではそれだけの貯金ができた人はどのようにして貯めたのでしょうか?

実家で暮らしている場合と一人暮らしをしている場合ではその給料の使い道は大きく変ります。一人暮らしをすると、家賃や光熱費、通信費の支払い、生活費など全部自分で賄う必要があるからです。

一人暮らしで高い家賃のところに住んだり、自分の車を持っていたりすれば毎月必ず支払われる固定費の割合が多くなり、たとえ生活費を切り詰めても、なかなか貯金にまでお金が回らないということも多いでしょう。

その点、実家暮らしで親と一緒に暮らしているのなら、自分の生活費や実家に入れるお金に給料の半分支払ったとしても、残りは自分の小遣いになるので、貯金に回せる金額は増えます。

だから独身で社会人の場合、一人暮らしと実家暮らしでは支出の面で大きな差が出るのです。

また、最近では、生涯お金に困らず自立していけるよう、貯金や投資に励む「富女子」が増えています。彼女たちが集まる「富女子会」では、投資や節約術、保険、ポイントカード活用術やクレジットカードに関する情報共有を行っているとか。

女性は、結婚・出産前が最大の貯め時です。 彼女たちは5年1000万円を目標に、貯蓄計画を立てています。投資商品や金融商品にも詳しく、不動産投資や金融投資までも積極的に行う富女子子たちも多くいます。

基本的に、富女子たちの貯蓄目的は「贅沢に暮らしたい」、「ブランド品が欲しい」という欲のためではなく、「将来に向けて安心していたい」というのが大きな理由だそう。男性の収入や年金に頼ることなく、バラ色老後に向けて堅実に勉強しています。

夫婦で共働きは、貯金にかなり希望が持てる

30代になれば社会人になって10年前後経っており、貯金をしていた人もしていなかった人も、結婚という人生の節目を迎える人が増えてきます。

男性の場合は特に、結婚すると給料は家族のためのものとなり、自分が自由に使えるお金は少なくなります。

また家族が増えることで、より広い家に引っ越したりしますし、光熱費、食費が少しずつ増えるので、なかなかお金が残らないことも多いです。

それでも、妻が家計管理が得意で節約上手だったり、「1年後に車を購入する」「5年後にマイホームを建てる」といった2人の夢や目標やライフプランがある場合はお金も貯まりやすくなります。

貯金できる人とできない人

「目標も持ってお金を貯める」のは分かりますが、独身であろうが結婚をしてようが、お金を貯めることができる人とそうでない人がいることは事実です。

浪費癖があったり、趣味にお金を使いすぎたりしていると、たとえ独身で実家暮らしでも、年収がある程度あっても、男性・女性問わずお金は貯まりません。

また、将来のことを特に気にせずに、現在の楽しみのためだけに過ごしていると、お金を貯めるという気持ちはなかなか出てこないものです。

普通に生活をしていると、さまざまな出費があります。出費がかさんで貯蓄にまで手が回らないという人もいるはずです。1000万円以上の貯蓄を30代までにできる人とは、どこで差が付いてしまうのでしょうか。

そして、将来的に老後破産、老後貧困に陥らないためには、家計から貯蓄を出すべく、どのように節約して行けば良いのでしょうか?

合わせて読みたい

貯蓄額に差が出るのは何歳から?

年齢ごとの貯蓄額の割合を調べてみたところ、20代前半のうちから1000万円の貯蓄がある人の割合は多くありません。ここで注目したいところは、20代後半から30代にかけて貯蓄額が1000万円を超える人の割合がもっとも増えているところです。

28歳から30歳にかけて約1割増え、30歳になるころに全体の2割を占めます。30歳から30代後半にかけては、そこまで割合が伸びません。

このことから、貯蓄額に差が出始めるのは28歳頃からということになります。きちんと貯蓄できる人は、30歳という年齢を前にして1000万円以上の貯蓄・資産ができているのです。20代では貯蓄のない世帯も4割いるなかで、ずいぶんと差がありますよね。

手取りの3割を貯蓄する

20代で貯蓄額が1000万円超えている人は、収入の時点で20代の平均的な給料である約253,000円よりも、10万円ちかく給料を多くもらっているという調査結果があります。この段階で貯蓄に回せる額が多いのです。

したがって、毎月の手取り収入の約3割を貯蓄に回すことができています。家賃や光熱費などの支出はそれほど差がないので、収入の差の違いは大きいようです。

さらに貯蓄額の多い人は、投資によって増やしているということが分かっています。

大卒社会人から1000万円までのルート

貯蓄額の少ない人は投資にお金を回す余裕がないのに対して、貯蓄額が1000万円を超えている人はおよそ25,000円を投資に回しています。

もちろん株式投資や投資信託といったものは必ず元本が増える保証はありません。絶対に元本や資産を減らしたくないという、安全志向の人にはお勧めできない方法です。

しかし、コツコツと貯蓄することも大切ですが、1000万円まで貯めるには投資は有効な資産運用手段です。

そして社会人になっていきなり投資を始めるのではなく、まずは普通に定期預金で貯金する習慣を作ることから始めましょう。貯蓄ゼロの段階で、いきなり投資を始めることはよくありません。まずは生活の中でお金を貯められるようになってからで十分です。

合わせて読みたい

自信のない人は自動積み立てで貯金を

コツコツと貯蓄額を増やすコツは、お金を使って残った額を貯金するのではなく、銀行の定期預金の自動積立を使って毎月決まった額を先取り貯金することです。

自動積立なら、ストレスもなく、知らないうちに大きな金額を貯められる可能性があります。会社で財形貯蓄制度があれば、利用してみるのも一つの手です。一般的な定期預金等と比べて金利が高く、利息に対して非課税となる場合もあります。

支出に使える金額をあらかじめ決めておかないと、ついつい使ってしまい、なかなか貯蓄が増えないということになりがちだからです。

そうして貯めて余裕が出てきたら投資による資産運用に挑戦してみると良いでしょう。投資はハイリスクハイリターンのものではなく、ローリスクローリターンのもので確実に増やすのをお勧めします。

手数料ゼロで購入できる日本国債や、投資信託、マネー・マネージメント・ファンド(MMF)、インデックス投信の積立投資(投信積立)などのマネー商品から始めると、リスクが少ないでしょう。月に10,000円程度の少額から投資を始めることができます。

無料のマネーセミナーを活用する方法も

上記のような日本国債、投資信託、マネー・マネージメント・ファンドなどの少額から始められる投資と合わせて、お金に関する知識をつける為に、無料のマネーセミナーを使うのもリスクヘッジとして有効な手段です。

例えば「@SEM!NAR」のように資産運用やお金の殖やし方口座だけでなく、ファイナンシャルプランナーが教える老後資産に備える保険活用セミナーなど資産運用や保険に関するセミナーが全国で開催されているので、このようなセミナーに積極的に参加するのもよいでしょう。

>詳しくはこちらからどうぞ。

1000万円の貯蓄も地道な貯金から

収入が少ないという人でも、基本は地道な貯金から。そして余裕が出てきたら投資にチャレンジしてみるというのが、30歳までに1000万円を貯めるコツということになります。

間違っても、いきなり給料の大半を投資につぎ込むということはないようにしてください。

本気で1000万円を貯金したい人の関連記事

Copyright© HOW MATCH , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.