節約・貯めたい

貯金ゼロの30代が増加中…不安な老後を回避するには

投稿日:2016年6月16日 更新日:


20代は貯金がなくてもそうそう不安に思わなかったけれど、30代になると貯金や金融資産がない事で心理的な焦りを感じてしまう人もいるでしょう。実際に30代の独身男性の3人に1人は貯金がゼロと言う調査結果もあり、こういった人たちは今後の将来を考える上で大きなハンデとなるのではないでしょうか?

未婚30代の貯金事情とは?

単身者の場合

日本銀行が発表する資金循環統計を参考にみてみると、単身世帯の場合、貯蓄がゼロと言う世帯は年々増加しており、なんと3割近くの人が貯金がない状態です。もちろん独身男性、独身女性にかかわらずです。

本来であれば、家族などの生活費を賄う必要のないのが単身者ですから、資産は増えてもいいはずなのに預金額ゼロと言う数字は驚異ではないのでしょうか。信じがたい話です。

また、これに対して統計データでは単身世帯の平均貯蓄額は1,274万円との値となっているので、このデータから日本の独身者の貯蓄がある人とない人の格差が大きく開いている実態がわかります。

30代の貯金事情とは

不景気が続く日本では収入がなかなかアップしない状況です。そんな中で貯蓄額も年々減少傾向にあるのですが、貯金がゼロと言うのはやはり問題です。

貯金、節約を目的にして生きていくのは、なんとなくつまらない気もしますが、貯金がない事で必要以上にカードローンなどの借金を重ねる事にもなり、今は特に大きな問題がなく平均年収を得ていたとしても将来結婚をして家庭を持つ、病気になる、仕事がなくなるなどを考えるとやはり不安なものです。貯金と言う保険を持っておきたいものです。
また、実家暮らしの人も要注意です。今は住宅費が必要ではありませんからついつい浪費癖がついてしまいがちです。ところが結婚し子どもが出来ると三世帯同居でなければ新たに住居の費用などが発生します。もちろん手取り額はそうそう上がりません。そうなってから頭を痛めてはすでに時遅しです。

貯金ゼロは何が悲惨なのか?

給料日前に銀行の口座の残高が数百円、つまり3桁になる人はいませんか?こういった人たちを無貯金族と言い、社会人の中でも年々増えています。場合によっては「ちょっと数万だけ」と必要性にかられて消費者金融に頼ってしまう人もいます。まずは貯金がゼロと言う状態ではどんな恐ろしい事が起こるかを具体的に見てみましょう。

大型の出費に対応出来ない

貯金がゼロと言う事は大型の出費に対応する事が出来ないと言う事です。特に女性であれば、お金がないと言う理由でタイミングを逃してしまうと、取り返しのつかない人生となってしまう事もありえます。例えば引越しや結婚、出産や住宅の購入、車の購入や子供の教育資金など、どれを取ってもある程度まとまったお金が必要になります。これらを全てローンで賄う人生を歩むのでしょうか?

全てをローンで賄えたとしても、ひたすら借金を返済していくために働き続ける人生になってしまいます。その場しのぎのカード払いや消費者金融の利用を続ければ、次月はさらに苦しくなり、厳しい状況になってしまう事を忘れてはいけません。このような状態で働く事が出来なくなった場合には、生活資金が枯渇し、生活保護、そして自己破産と言う結末が訪れます。

老後の年金生活が苦しくなる

別に老後は退職金があるし、年金がもらえるから、それでなんとか生活していく事が出来るだろうと考えている人もいるでしょう。ですが、退職金が思った金額より少ない事も十分あり得ます。また、国からもらえる年金額=生活水準となる事を考えておかなくてはなりません。ニュースなどでも年金収入だけでは暮らしていけないと、今の時代でも言われているのに、これが30年後、40年後となればさらに減る可能性があり、もしかしたら年金自体がなくなる可能性だってあります。いくらなんでもそれでは生活はやっていけません。もちろん医療費率の高騰もありえるのですから。

年金でもらえる範囲で暮らしていくしかないと言う事になれば、最低限しかお金を使う事が出来ず、交際費や旅行費用、外食費などはもってのほか、それどころかいつも財布はからっぽと言う事なります。また年金受給では基本的にローンを組む事が出来ないのでさらに大型の支出に対応する事は難しくなります。

以上2点を見てもやはり貯金ゼロと言うのは、近い将来に悲惨な生活が待っていると言うのがわかります。

理想は30歳までに貯金ゼロを脱出

貯金が出来ないと言う人生がどれほど悲惨な気持ちになるのかを考え、すぐにでも貯金を始める事が大切です。30歳までに貯金ゼロを脱出するのが理想ですが、すでに30代に入ってしまっているからと言って遅いと言うわけではありません。また、高度成長期のように右肩上がりに年収が上がるわけではないので、勤務年数がたてば貯金出来るようになっていると言う保証もありません。今からすぐにでも始めて貯金ゼロを脱出しましょう。

貯金ゼロの人の共通点とおすすめ貯蓄術

貯金ゼロの人の共通点としては「年収に比例して支出も増えてしまう」「家計管理がズボラで貯蓄に対する意識が低い」「余った分を貯蓄しようと考えている」「自制心がないので預金などムリ」などの理由があげられます。

そんな方たちに、一番簡単な方法は「自動的に貯蓄を作る」仕掛けをつくる事です。会社の財形貯蓄制度を利用したり、銀行にいって積立貯金を契約してみましょう。「自動的に」「決まった日に」「決まったお金」を、先取りで口座から引き落とす仕組みを設定するだけ、後は勝手にお金が貯まっていくのです。1,000円単位で預けられる金融商品や、金利の高めなネット銀行もおすすめです。

貯められる人になろう

不安を解消するためにお金を貯めようと思った時に家計簿をつけてみたり、節約をしてみたり、確かに貯金額を増やすためには必要な事ですが、ただ家計簿をつけるだけでは貯金は増えませんが、住宅ローンや生命保険、光熱費などが自分の給与に見合っているかの確認は出来、マインドチェンジの引き金になるかもしれません。つまり、むやみやたらの節約はストレスが溜まってしまい、反動で衝動買いなど増えてしまいます。

大切なのは不安だけのためにお金を貯めるのではなく、楽しい事のためにお金を貯めると言う意識です。楽しい事はお金を貯める目標にもなり、目標が決まったら自分の全ての資産を計算してスタート地点を確認しましょう。結婚や家の購入などの年齢に沿ったライフイベントを視野に入れ、自分と言う人間の目標や目的を持って貯蓄していきましょう。

もちろんゴールまでの道のりは長いのですが、貯金がゼロと言う人の場合はスタート地点でお金を貯め始めると言うのが貯金では一番難しく、実際に貯め始めてしまえばいつのまにか貯金が出来ていたなんて事もあります。要は行動です。はじめは小さな金額でも、貯蓄目標を定め確実に貯めていく方法をおすすめします。10万円、20万円を確実に貯められる成功体験を経れば、貯金マインドがうまれ、目安としたい100万円単位の貯蓄は格段にしやすくなります。

「しなければいけない」ではなく、やってみようの精神で貯金を習慣付けて貯金ゼロを脱出しましょう。

また、貯蓄を増やすための方法として、現在の年収を見直す事もオススメいたします。
今の仕事に見合った収入が得られているのか、改めて業界や同年代の水準と比較して見直す事で、新たな活路が見えてくるかもしれません。
転職出来ャリアアップをする事で、年収が上がる事も期待出来ます。「リクルートエージェント」と言う転職サイトでは、専門のエージェントがあなたのキャリアを第三者的に見て、適性な年収やキャリアプランの提案してくれます。
数々の実績と豊富な情報のある信頼おける転職エージェントにまずはサイトの新規登録をして、年収アップを目指してみては?

(文/中村葵)

Copyright© HOW MATCH , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.