副業で稼ぎたい 雑学

マンションと一戸建て購入するならどっち?メリットとデメリットを徹底解説!

投稿日:2017年11月2日 更新日:


住宅購入をする時には、一戸建住宅かマンションか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか?家は購入費が高額なので、購入者の条件に合わせた住まいを選ぶ必要があります。そこでこの記事では、双方のメリットデメリットの情報を比較いたします。

まずはマンションと一戸建ての費用を比較

マンションか戸建てかを迷った時には、やはり気になるのが費用ではないでしょうか?物件購入による費用は、その後の生活面への影響を考慮すると、しっかりと把握しておきたい項目でしょう。

ここでは、マンションを購入した時にかかる費用と、一戸建てを購入した時にかかる費用、両方に共通してかかる費用について紹介します。

マンションにかかる費用

マンションにかかる費用としては、修繕積立金を想定する必要があります。共同住宅の設備や建物が老朽化したり、不測の事態で修繕が必要となった場合には、修繕費が必要となります。つまり、管理面での維持管理費として修繕積立金が必要なのです。

マンションの区分所有者(簡単にいうと住人)は、管理組合に加入していることになってますので、管理規約を守る必要があります。そのため、自分だけは払わないということはできません。マンションごとの規約で支払いのタイミングは異なりますが、毎月の支払いが一般的となっているようです。

一戸建てにかかる費用

一戸建ての分譲住宅を購入する場合には、仲介手数料がかかります。仲介手数料は固定の価格ではなく、物件価格によって変わります。具体的には「物件価格×3%+6万円(税別)」となっており、契約をした時か、引き渡しのタイミングで払うことが一般的です。

また、住宅を購入する場合には、住宅ローンを組んで購入するケースが多いかと思いますが、注文住宅を建てる場合には、土地購入後、住宅が完成するまでの間にも、住宅ローンを支払わなければなりませんので注意が必要です。

両方に共通してかかる費用

マンション購入時にも、一戸建てを購入時にも必要な費用を紹介します。これらはさまざまなものが必要となりますので、以下に列挙いたします。

マンション・一戸建て購入時に必要な費用

  • 登記費用
  • 保証料
  • 融資手数料
  • 印紙代
  • 担保設定費用
  • 火災保険料

また、不動産を購入した後には、税金がかかります。想定しておく必要があるのが、不動産取得税や、都市計画税、固定資産税があります。固定資産税は物件の価値によって税額が決まります。確定申告をすれば、一定期間控除されますので、覚えておきましょう。

マンションのメリットデメリット

ここからは、マンションと一戸建てのメリットとデメリットについて紹介します。どちらかが良いというものではなく、それぞれにメリットとデメリットがあるのです。まずはマンションから見て行きましょう。

マンションのメリット

マンションのメリットは、立地が良いことがあげられます。マンションは駅徒歩圏内に建てられていることが多いため、交通アクセスの利便性があります。また、1戸あたりの土地代が安いため、費用が比較的安価ですむところも大きなメリットといえるでしょう。

ほかにも、セキュリティ面で安心できるのもマンションの特徴です。監視カメラやオートロック、管理人の駐在により、防犯対策が施されています。さらに、近所付き合いにそれほど気をつかわなくて良いということもマンションのメリットの1つといえるでしょう。

マンションのデメリット

マンションのデメリットは、管理費用や修繕積立費がかかるというところです。マンションによっては、駐車場代も必要なケースもありますので、これらの負担はデメリットとなります。

また、マンションは一戸建てよりも資産価値が低くなりやすいという点も知っておく必要があるでしょう。土地が占める割合が低いため、建物の老朽化に伴い、資産価値が目減りしやすくなっています。

また、騒音に関しては一戸建てよりも気をつかう必要があります。子供が小さい世帯の場合には、子供が暴れまわるなどで、特に気をつかうケースがあるようです。

一戸建てのメリットデメリット

今度は、一戸建てのメリットとデメリットを見て行きましょう。マンションのメリットとデメリットの対極にあるように見えるところも特徴的だと思います。それぞれ具体的に紹介します。

一戸建てのメリット

一戸建てのメリットは、騒音を気にせずに暮らせる上、プライバシー面が良いというメリットがあります。仮に子供が暴れても、上下階に他人がいるわけではありませんし、共用部分がないため、プライバシーも守りやすいのです。

また、住宅を建て替えたり、リフォームなどを自由にできることもメリットといえるでしょう。マンションよりも所有しているという感覚が大きい人が多いようです。

さらに、庭が付いている家に住むことができたり、駐車場を備え付けている場合には、駐車場代がかからないなど、多くのメリットがあります。

一戸建てのデメリット

一戸建てのデメリットは、物件の価格が高くなる傾向があるというところです。これはマンションとは違って、土地代が丸ごとかかりますので、高い費用が覚悟しなければなりません。

また、修繕積立金がかからない代わりに、将来の老朽化に備えた修繕費は自分で蓄えなければなりません。家計とリンクした資金計画が必要となります。また、セキュリティ対策をしておかなければ、空き巣被害に遭う可能性もありまので、防犯対策も配慮する必要があります。

マンションと一戸建ての向き不向き

ここまで、マンションと一戸建てのメリットデメリットをそれぞれ紹介してきましたが、どういう人はマンションに向いていて、どういう人は一戸建てに向いているのでしょうか?

それぞれ紹介しますので、これから物件を探す場合の参考としていただければと思います。

マンションに向いている人

マンションは、将来の資産価値よりも現在の費用を抑えたい人に向いています。マンションは一戸建てよりも資産価値が低くなりやすいのですが、そもそも資産価値をアテにしなければデメリットとならない場合があります。

資産価値は、一戸建ての場合でも目減りする場合がありますし、マンションの場合でも立地によっては高い水準で推移する可能性もあります。不安定要素よりも、現在の費用を抑えることによって、貯金に回すということが可能です。

また、好立地を求める人や、セキュリティを重視する人、近所付き合いが苦手な人も、マンション向きだといえるでしょう。

一戸建てに向いている人

一戸建てに向いている人は、精神的にゆとりを持って生活したい人に向いています。最低限の近所づきあいは必要となる場合がありますが、それよりもプライバシーがしっかりと確保されていて、改修なども自由にできる一戸建て住宅は、ローン支払い中だったとしても、所有している意識で暮らすことができます。

複数階があることによって、マンションよりも広い居住空間で過ごすことができるため、ゆったりとした生活を送ることができるでしょう。

まとめ

マンションと一戸建てには、それぞれメリットとデメリットがあります。そのため、どちらが良いとか悪いということではなく、あなたの生活スタイルや考え方に合わせて選ぶと良いでしょう。

まずはマンションか一戸建てかの方針を決めてから、具体的な物件探しをすると、スムーズに選ぶことができるかと思いますので、ある程度どちらかに優位性を持っておきましょう。

Copyright© HOW MATCH , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.