貯金はどれくらい必要?3人家族の家計で考えたいこと

節約・貯めたい        2016年07月29日

(この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。)


  • 両親が共働きのご家庭では、お子様がいても保育園で預かってもらうよりほかに術がありません。

    しかし、最近は保育園を探そうにも見つからないという状況が続き、どちらかが仕事を諦めることもあります。このようなご家庭では貯金がなかなかできず、将来設計の面でもお悩みのはずです。

    もし、共働きをしていない3人家族の場合、必要な貯金額はいくらになるのでしょうか。

    手取り月収20万円では生活不可能?

    総務省「平成28年度2月 家計調査報告」によると、毎月の生活費は約31万円かかっています。しかし、一般的な生活から見て極端に大きな差があるわけではありません。具体的な数値を見てみましょう。

    住居費 88,327円
    食費 22,314円
    水道光熱費 21,669円
    日用品費 13,721円
    被服費 12,099円
    保険医療費 14,834円
    通信費・交通費 36,474円
    教育費 8,726円
    娯楽費 31,137円
    その他支出 68,953円

    家賃は実家暮らしと賃貸が混ざっているため、実態とは大きく離れているかと思います。また、食費は少し高いと感じるかもしれませんが、友人との外食にかかる費用などを考えると、これくらいかかっていても不思議ではありません。

    合わせて読みたい

    貯金がなくても生活できる給付金制度

    ご家庭によって節約の方法は異なりますが、基本的には固定費より変動費を抑えるほうが簡単です。しかし、食費や水道光熱費を節約するのは限界があります。毎月続けているうち、いずれは息切れしてしまうはずです。

    また、節約したからと言って理想の貯金額になるとは限りません。交通費や通信費、趣味に使うお金など、さまざまなお金を抑えたのに赤字になってしまうこともあります。理想の貯金額を目指せず、節約そのものを止めたくなると思います。

    そこで、最初に考えたいのは国や自治体の制度を利用して補助金を受けることです。次に、会社の福利厚生制度を利用し、育児休暇を利用しながら仕事と子育てを両立する手も考えられます。

    最近では、自治体ごとに保育園児や義務教育中の給付金制度や学費免除制度が登場しているため、こちらを調べてみるのもよいかもしれません。

    たとえば、日給の3分の2がもらえる出産手当、お給料の約半分がもらえる育児休業給付金などがあります。これらの制度を活用し、育児休暇中の収入を増やしましょう。収入にもよりますが、これなら向こう1年間は貯金が0円でも生活できるはずです。

    合わせて読みたい

    在宅ワークなら200万円を貯金しよう

    給付金や補助金を利用しても貯金をするほどの余裕がないかもしれません。そこで、仕事を退職する場合、在宅ワークで収入を得るのもひとつの手段です。たとえば、今流行しているクラウドソーシングを活用してみてはいかがでしょうか。

    クラウドソーシングには、アンケートへ回答する仕事やデータ入力のような軽微な作業のほか、ライターとして記事を書いたり、デザイナーとしてチラシやホームページをデザインしたりする仕事があります。

    クラウドソーシングでは今までのようなお給料は望めないかもしれません。しかし、手取り収入と月々の支出のギャップを埋めるという意味では、十分な収入を得ることは可能です。

    在宅ワークの場合、子供を保育園に預ける必要がなくなります。自宅で子供の面倒を見ながら仕事ができるため、特に0歳から幼稚園や保育園に預け入れる3歳までは、貯金を少しだけ切り崩しながら在宅ワークで収入を補うのがおすすめです。

    もし、子供の手がかからない年齢になったときは、在宅ワークからパート・アルバイトへ切り替えるのもよいかもしれません。

    もし3年間で約200万円の貯金があれば、貯金を切り崩しながらの在宅ワークで稼げます。

    300万円ほどを見込もう

    出産直後の3人家族が必要な貯金額は200万円とお話ししました。しかし、旦那さんの会社が倒産したり、転職期間で仕事を止めたりすることも考えられます。そこで、3か月分の生活費としてもう100万円用意しておけば確実です。

    300万円程度を貯金し、十分に安心できる状況を作っておきましょう。

    (文/三堂有人)

    合わせて読みたい タグ: , , ,
    三堂有人
    三堂有人
    株式やFX投資に興味がある個人事業主。過去に投資で100万円損したことがある。趣味は情報商材の収集。

    TOPへ

    ページトップへ戻る