子ども1人につき1000万円?教育費と貯金の考え方

節約・貯めたい        2015年12月01日

Pocket

子供の教育費

(この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。)

子どもにかかる教育費は最大3500万円とも言われます。

学習塾代、教科書や参考書代、大学の受験費などこれらを含めると教育費はいくらあっても足りないようにすら感じます。子どものために今すぐできることを解説します。

実際に1人の子どもにいくら教育費はかかるのか?

「教育費は1人1000万円かかる」

教育費に関する記事に書かれている、一見脅し文句にも聞こえるこの言葉は本当なのでしょうか。結論を先に言ってしまいますが、この答えは“イエス”です。

もちろん公立に行くか私立でも話は変わってきます。しかし、この脅し文句はあながち間違っていません。日本学生支援聞機構によると幼稚園から大学まで公立でも769万円、全部私立に通わせるとなると全部でなんと2205万円もかかります。

どうせ1000万円もかからないだろう、なんとかなるだろうとタカをくくっていると、子どもを大学に通わせることができなくなってしまうおそれもあるのです。 

実は怖い!本当に気をつけるべき塾などの学習塾代

学習塾は子どもの成績のためにと際限なく子どもが受けたい授業を受けさせがちになります。もちろん一概に悪いとは言えませんし、お金のせいで受けたい授業を受けられないのはかわいそうと思う気持ちもわかります。

しかし現実的に見てみると、公立中学校に通う家庭は学習塾代が年に20万円以上かけているという家庭が半数以上あります。中学校でこれだけ学習塾代に費やしていると大学受験を控える高校生では、さらに学習塾代がかかることは間違いないでしょう。

仮に中学校の3年間、高校の3年間の学習塾代を年間それぞれ20万円、60万円で計算してみると6年間の学習塾代は240万円。幼稚園から大学まで公立に進学したとしても合計で1000万円を超えてしまいます。

予備校に通わせることを考えると、さらに貯金をする必要がありそうです。

教育費の半分以上は大学に通わせるお金!

大学に通わせるには想像以上に高くつきます。この高校の予備校からの大学の学費に苦しむ家庭も多いようです。準備が十分にできていない家庭の多くは多額の奨学金を借りることで学費をまかなっているようですが、子どもの返済負担は大きくなります。

大学の学費

しかし、逆に考えると大学にかかる教育費が子どもにかかる教育費半分以上と考えると、子どもが高校生のあいだはしっかりと計画を立て貯金をすることができます。子どもの教育資金を計画的に貯めるためにはどうすればいいのか考えてみましょう。

教えて!子どもの教育費の貯め方とは

子どもの教育費を大学までに貯めることが目標としましたが、それでは実際どれくらいの金額をいつまでに貯めればいいのでしょうか。 

一般的に国立大学であれば入学金と4年間の学費は250万円程度で、私立文系大学だと400万円程度です。私立の理系だとさらに金額は上がりますし、国立でも大学院に行くとなれば必要なお金は増えるでしょう。

ですから目標としては子どもが大学に入学するまでに400万円貯めることを考えましょう。子どもが大学に入学するのは18歳ですから0歳から貯金をスタートすると毎月20,000円の貯金で大学のおおよその費用がまかなえる計算になります。

学資保険などを利用しながら上手に貯金しましょう。

なるべく早くから準備しよう!

子どもの教育費は想像以上にかかります。奨学金をもらうこともいいですが、できるだけ子どもの負担を減らしながらもやりたいことをやらせてあげられるように早くから準備しましょう。 

備えあれば憂いなしとも言うので、教育費について考え始めた今こそ始めるタイミングなのではないでしょうか。

(文/河崎鷹大)

【教育費の関連リンク】

家計管理を旦那が担当したら、貯蓄額が100万円アップした話

60歳で保険料が約5.5万円も増額?今こそ保険の見直しを!

老後の資金、夫婦で月23.5万円は最低限必要

タグ: , , , ,
河崎鷹大
河崎鷹大
現役大学生。大学在学中にネットビジネスに出会い、受験、恋愛、ビジネスなど様々な記事の執筆を手がける。 現在は輸入ビジネス、せどり、情報コンテンツビジネスなど様々なネットビジネスを幅広く手がける。

orette.jp

orette.jp

TOPへ

ページトップへ戻る