年収を上げたい

施工管理の仕事で年収1000万円を目指すなら知っておきたいこと

投稿日:2016年5月12日 更新日:


施工管理の仕事とは?

施工管理を任される人は、工事現場の職人たちを取りまとめ、彼らが安全に作業出来るように守ります。また、工事を期限までに終わらせるように計画し、指示を出します。

施工管理とは、簡単に表現すれば工事現場の「現場監督」ですが、厳密に言えば、現場監督はいつでも現場にいるのに対し、施工管理は現場での作業とデスクワークの両方を行います。施工計画や予算の計上、さまざまな案件に対してのクライアントとの打ち合わせを行うもの施工管理者の仕事です。現場監督と施工管理者が両方いる会社もあれば、それが合体している会社もあります。

施工管理の仕事で携わる現場はいろいろあります。例えば建設現場、電気工事、土木工事、造園工事、大規模な住宅リフォームなど……。どれを行うかによって、必要とされる知識や資格も異なります。

施工管理の年収はどれくらい?

高給与の建築業界関係で施工管理の求人が集まっている求人情報を検索してみたところ、スーパーゼネコンの電気工事施工管理の求人は月収63万円+ボーナス125万円、となっていました。年収にすると881万円ですね。

ある大阪の建築施工管理の求人では、月収が72万円+ボーナス145万円。年収にすると1,009万円

東証一部上場で大手企業の水処理メーカーの土木施工管理は月収57万円+ボーナス115万円。年収にすると799万円

施工管理の仕事は、年収1,000万円超えを狙える事が分かりました。

ここに挙げたのは施工管理の仕事の中でも高給与のものです。ところが他のサイトを調べたら、中には年収300万円というものもあり、どうやらピンキリのようです。やはりグループ企業などの安定企業の建設会社の月給が高いようでした。全国で活躍する施工管理の平均年収は500万から600万と言ったところです。

施工管理で年収1,000万円の仕事は、そうそう転がっているわけではありませんが、探せばあります。施工管理の平均年収が500万~600万円なら、働く人全体の平均年収である400万円よりも高いですよね?

施工管理の仕事を探すなら業界最大手のリクルートエージェントがおすすめです。

施工管理の仕事の需要は?

施工管理の仕事はこれからも需要が高そうです。工事というものは日本のいたるところで行われ、これからも行われていくものです。施工管理の仕事に必要なスキル、資格を身に付けておくと、これからの仕事探しにも役立ちます。年収1,000万円も夢ではありません!

また、施工管理はあまり小さな工事では必要とされず、大規模なマンションの改修工事やビルの建設現場、公共事業などでのニーズが高く、そのため大手ゼネコンや建設業界のグループ会社などの大企業がその建築工事を請け負うため、年齢や転職者にかかわらず好待遇の中で充実した業務を行っているようです。 施工管理で年収1,000万円稼ぐためには、何か資格をとっておくとよいでしょう。工事現場の管理をするためには、それなりの知識が必要です。施工管理技士1級か2級を取っておくと、施工管理に必要な知識を持っている事を証明でき、年収の高い仕事が見つかりやすくなります。

施工管理はどんな人に向いている?

施工管理の仕事は、どちらかというと技術系と言うより理数系、体育会系の人に向いています。また、職人気質の人たちをまとめなければならないので、リーダーシップが取れる事、根気強さが必要です。また、クライアントと細かな相談をするのでコミュニケーション能力も求められます。計画性や決断力も必要。体力が必要なのはもちろんの事です。

年収アップを目指すなら管理職を!

年収アップを目指して転職をするのなら、管理職はねらい目。施工管理も技術者でありながら管理職の一種です。さきほど、施工管理で年収1,000万円を目指すなら、施工管理技士の資格を取っておくと良いという事を述べましたが、施工管理技士の資格は高卒でも取れるので、この道で行こう!と決めているならぜひ受験してみましょう。

施工管理技士の資格は専門ごとに6つに分かれています。建築機器、土木、建築、電気、管工事、造園の6種類あり、どれも1級と2級が選べます。1級は大規模な工事現場、2級は小規模な工事現場や営業所での施工管理の資格者になれます。

この試験は年1回行われますが、合格率は30~50%程度とかなり厳しいものとなっています。ただ、厳しいがゆえに資格取得をすれば上場企業などの成長が期待される企業に正社員として入社することも出来ます。

高卒で施工管理技士の資格をとる場合は現場での実務経験が必要です。1級なら11年半、2級なら10年半の経験が必要なので、すでに工事現場での仕事の経験者が昇格したり、給料のよい仕事に転職したりするのにおススメです。

さて、この建設業の中でも経験者歓迎の職種、施工管理技士、株式会社オークエンジニアリング、大和ハウスリフォーム株式会社、NEXCO西日本グループ、五十鈴建設株式会社、株式会社ウチダテクノなどなど大手があなたを待っています。
これからも転職情報のチェックをお忘れなく!

30代向け

合わせて読みたい

もし今の職場環境や年収に不満があるなら‥

スキルアップをして年収を上げたい、今の給料では将来が不安、職場の人間関係や仕事内容が合わない、という方は転職エージェントを利用して転職を考えるのもよいでしょう。

大手転職サイト「リクルートエージェント」

リクルートエージェント

転職成功実績NO.1のリクルートエージェントなら、豊富な実績とノウハウであなたの市場価値を第三者の視点で見出し、 転職先への年収交渉も代行して行ってくれます。土日、祝日、平日20時以降の相談もできるので、年収アップのためのサポートも万全で働きながらでも安心して転職活動に専念できます。

非公開求人はこちらから

年収をどうにかあげたいという方は、「転職で年収って本当にあがる!?転職成功者の年収アップ体験談」を読んでみてください。悩む前に、自分の年収アップ可能性を探ってみましょう!

Copyright© HOW MATCH , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.