都心の平均通勤時間=片道1時間。この時間の損失とは?

節約・貯めたい        2015年12月04日

Pocket

(この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。)

  • 都市部では電車内のポジション争奪戦がおきる通勤。もちろん車通勤の方もそれなりにいるとは思いますが、公共交通機関が発達している場所では逆に車だと面倒な場合もあります。

    通勤時間は移動のためだけの時間ではありません。足りない睡眠をおぎなったり朝のニュースを確認したり、思い思いの方法で活用していることでしょう。

    しかしいくら有効活用していたとしても、なくてもいい時間であることに変わりはありません。

    通勤時間の平均はなんと1時間!

    不動産情報サービスのアットホーム株式会社の調査によると、片道通勤時間の平均は58との結果になりました。都内なら比較的早く移動できると思っていたので意外な結果ですね。

    さらに、理想の通勤時間は35通勤時間の限界は86との結果もあり、通勤に1時間半もかけられる方はかなり多いようですね。

    個人的には1時間半の通勤時間は遠慮したいところですが、無理ではない通勤時間とも思います。

    しかしこの調査によると通勤時間が長い人ほど睡眠時間が減少しています。通勤時間が20分以内と100分以上比べてみるとその差はなんと40。1日だけ40分短くなるなら気になりませんが、これが1週間・1ヵ月と続くと考えると憂鬱になりますね。

    通勤時間の損失は5,000円!?

    通勤時間はなくてもいい時間です。たしかに有効活用することも可能ですが、なければ他のことに使える時間ですからね。

    損失の計算方法は簡単です1日8時間、年間250日働くと仮定すると1年で2000時間となります。さらに年収を500万円だとして時間で割ると2,500円、つまり年収500万円なら時給2,500円となります。

    時給2,500円なので片道1時間で2,500円、往復で5,000円も損しているわけです。

    お金の問題だけではない

    通勤時間が長いと色々な部分に悪影響があります。チューリッヒ大学の調査によると通勤時間がゼロから22分になったときに下がる幸福度は、年収を30%上げないと相殺できないとしています。

    つまり年収を30%増やすのと通勤時間22分の価値はほぼ同じということです。

    また、睡眠時間が減ることも無視できません。現代の日本人は睡眠時間が足りていないと言われており、これがさらに減ると仕事の効率や体調に支障をきたすでしょう。

    単純に時間だけで考えても片道で1時間、往復なら2時間も無駄にしています。毎日自由に使える時間が2時間も増えたらと考えると、その差はかなりのものですよね。

    クラウドによって増える在宅勤務

    通勤時間を減らす考えは世界的な流れでもあります。クラウドの登場・発達によって在宅勤務を導入する企業が増えているのです。

    欧米は比較的早い段階で導入を進めていますが、日本でもリクルートホールディングスが上限日数制限のない在宅勤務制度を導入するとして話題になりました。

    クラウドによって増える在宅勤務

    形式や協調性を重視する日本ではまだまだ導入のハードルは高いでしょう。しかし着実に在宅勤務は広がっています。

    思い切って引っ越すと楽になる

    引っ越しは労力や時間、お金を必要としますが、引っ越すことで通勤時間が減るならば長期的にはプラスになる可能性が高いです。通勤時間がゼロになることはないでしょうが、1時間が30分になるだけでも毎日1時間は余裕ができるわけですから。

    毎日1時間余裕が生まれれば、趣味に費やすことも自身のスキルアップに使うことも自由です。時間の余裕は収入の増加に繋がり、収入の増加は精神的な安定に繋がります。つまり引っ越して通勤時間を減らすことに損はありません

    また、住宅の購入も踏みとどまったほうがいいでしょう。2020年以降は価格が下がると言われていますし、持ち家から長い時間かけて通勤するよりは職場に近い賃貸のほうが幸福度は高いです。

    毎日通勤しているからこそ見落としやすい通勤時間の無駄。今一度見直してみてはいかがでしょうか。

    (文/kaztel)

    通勤時間を減らしたい人の関連リンク

    通勤バス代月7,000円の削減だけではないウォーキングのメリット

    8,000円払ってでも寝不足を解消するだけの価値とは?

    首都圏に住む人の車の維持費はなんと年間50万円!

    毎週金曜日のタクシー帰り。1,000円払って乗る価値は?

    その差3万円以上!見逃せない6ヵ月定期券の割引率

    タグ:
    kaztel
    kaztel
    2014年から活動開始。日本語好きが災いして美容師からフリーライターに転向し、自作PCを軸にしたIT系をメインに幅広く執筆中。日本語検定1級を目指して勉強中だが勉強したいことが多すぎててんてこまいな毎日を送る。

    orette.jp

    orette.jp

    TOPへ

    ページトップへ戻る