エンタメ 未分類 節約・貯めたい

低リスクで収入アップ!将来の安心に変わるロボアドバイザーでの資産運用

投稿日:2017年12月24日 更新日:


貯金がある程度貯まってきたという方。

そして、そのお金をすべて銀行に預けている方。

 

そのやり方は今のご時世、かなりもったいないです!

 

年金支給額の縮小や受給開始年齢の引き上げなど、今働き盛りの世代が老後どのような生活を送れるのか、その先行きは非常に不透明な状況です。

だからこそ、若いうちから自分の資産について考え、運用する手段を知っておくことで、得られる利益は多大なものとなるでしょう。

 

今こそ資産運用をスタートすべき時です。

預金先を移す感覚で、お金を働かせましょう。

 

今回は、若いうちから資産運用を始める必要性と、資産運用初心者におすすめな手段として、ロボアドバイザーという選択肢をご紹介します。

銀行に預金するメリットはなくなった!?

一昔前なら、日本の銀行の利息は0.25%もありました。

しかし、銀行の利息は下がり続け、ついに国内メガバンクの利息は普通預金0.001%、定期預金で0.010%にまで下降してしまいました。
※2017年12月時点

これではもはや、手数料さえ回収できません。

 

銀行にお金を預けているだけでは、本当にもったいない時代なのです。

資産を運用している人と、していない人とでは年を追うごとに差が開いていくばかり。

 

例えば、期間を長めに見る積立投資なら、年利3%だとしても、20年間の積み立てで、元本は1.8倍にもなり得ます。

これは長期間運用することで期待できる複利効果というもので、積立運用の期間が長ければ長いほど期待できる利益も大きくなっていくのです。

 

【注意!】資産運用には余剰資金を使うこと

ただし、資産運用に使う費用は、将来必要になるであろうお金や、使ってしまうと自分の生活に支障がでるような「確実に必要なお金」ではなく、余剰資金を使うようにしましょう。

もちろん、ローリスクの手段をとれば、損益を被る可能性も低くなりますが、確実に手元になくてはならないお金は、リスクを伴うべきではありません。

余剰資金がないのであれば、まずはそれだけの額を貯金することを目指しましょう。

 

今は初心者にも簡単ではじめやすい投資がある!

資産運用初心者からすると、"資産運用"の必要性を感じても、その選択肢の多さやリスク、知識のなさから、なかなか最初の一歩が踏み出せない人が多いもの。

しかしそんな資産運用初心者にもはじめやすい、条件のそろった資産運用方法が登場しています。

それが今回ご紹介するロボアドバイザーです。

ロボアドバイザーとは、膨大な金融取引データをもとにロボットが自動的に資産を運用してくれるサービスです。

簡単に言えば、

  • 低予算から始められる
  • 低リスクに抑えられる
  • 運用の知識はいらない
  • 手間もかからない

という、知識がない初心者にはかなり好条件な資産運用手段となっています。

 

もちろん、ローコスト・ローリスクである代償として、早急にハイリターンを望むのはなかなか難しいでしょう。

しかし、ロボアドバイザーを利用することで、金融商品の知識がなくても、毎日のように相場を気にしなくても、運用をお任せして資産増を狙うことができます。

 

人気No.1積立投資ロボアドバイザー「ウェルスナビ(Wealth Navi)」

おすすめのロボアドバイザーは、預り資産とユーザー数が国内No.1の「ウェルスナビ(Wealth Navi)」。

預かり資産はなんと300億円!

申込件数も45,000件を突破しています。

登録も簡単で、出金の自由度も高く、効率性・安定性・正確性を大切にしているロボアドバイザーです。

 

私を含め周りにちらほら始めている人がいますが、全員が5~8%の利回りでプラスになっています。

ネット上で調べても、利回り10%強が散見され、資産運用自体が年利7,8%もいけば良いとされるこの世の中、かなり良い数値ではないでしょうか。

預り資産…金融機関(ここでいうウェルスナビ)が、顧客から託される資産のこと
利回り…投資した資金に対して、利益がどれくらい出たのかを表す数値

 

ちなみにウェルスナビによるロボアドバイザーの投資先は、ETF、いわゆる上場投資信託です。

つまり市場全体を投資先にすることができ、バランスを取りやすく比較的低リスクでの運用が可能となっています。
投資信託…株式投資において複数の銘柄をセットでプロが運用してくれ、リスクが分散できる金融商品。通常人間が行うところを、ロボアドバイザーではロボットが自動的に行う。

 

利用上のコスト

利用に際してかかってくるコストですが、

ETFへの投資に対するコスト(年率0.11〜0.14%)+年額で預けた資産の1%(税別)

と、かなりシンプルです。
※ 預かり資産が3,000万円を超えた場合、3,000万円を超えた部分の手数料は0.5%

他社では手数料を1%以下で展開しているところもありますが、自分で運用する手間がほとんどいらないことや、その他の手数料はすべて無料となっていること、信頼度などを踏まえた上での手数料1%なら、それほど高くはないでしょう。

預ける資産額によっても変わってくるので、サイトのシミュレーションを使って確かめてみてください。

 

▼ウェルスナビで無料となる手数料

  • 口座開設手数料
  • 入金積立手数料 … 入金の際にかかる手数料
  • 為替手数料 … 円をドルやユーロなどの外国通貨に交換するときにかかる手数料
  • 売買委託手数料 … 証券会社や投資信託会社等を通じて株式や債券を売買するときにかかる手数料
  • 為替スプレッド … 外国為替取引における、買値と売値の差 ※通常は手数料として取引業者の利益となる
  • リバランス … 投資の配分比率を調整する際にかかる手数料

また、最低入金額は通常30万円ですが、2017年11月・12月、2018年1月は10万円から資産運用がはじめられるキャンペーンを行っています!

ウェルスナビ公式サイトはこちら

ウェルスナビ無料シュミレーション

ウェルスナビは、利用を検討しているユーザー向けに無料のシミュレーション機能を設けています。

質問は6問で、一度算出すると詳細条件の調整も可能です。

収入状況や資産運用の目的、リスクに対する許容度から、10年、20年、30年スパンでどのように増え、どれくらいの確率でどの程度の資産になり得るのかを見ることができます。

 

資産運用を始められるレベルとして底辺クラスの私でも、50%の確率で1000万円の資産形成可能性があるという結果に!

長期スパンで早めの資産運用を!

いかがでしたでしょうか。

この手の積立投資による資産運用は、はじめるのが早ければ早いほど、期待できる利益も増えていきます。

ロボアドバイザーは、忙しい人も、投資初心者でも低いハードルで資産運用が始められるとても魅力的な手段です。

もちろん、投資である以上、ノーリスクというわけにはいきませんし、市場全体に投資する分散型投資であるとしても、市場全体が落ちこむことがあればマイナスになる可能性もないとは言い切れません。

お金の運用には、リスクは必ず伴うものです。

しかしそんな中、比較的ローリスク・ローコストで始められる上、知識のいらないロボアドバイザーは、時間のない働き盛りの世代にはメリットの大きいサービスなのではないでしょうか。

ウェルスナビ公式サイトはこちら

年収をどうにかあげたいという方は、「転職で年収って本当にあがる!?転職成功者の年収アップ体験談」を読んでみてください。悩む前に、自分の年収アップ可能性を探ってみましょう!

Copyright© HOW MATCH , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.