大卒の30代男性の平均年収は何円なのか?

年収を上げたい        2016年06月07日

30代男性の年収

(この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。)


  • 国税庁の調査による、平成27年度の給与所得者の平均年収は約420万円。一般的に高卒と大卒の場合では、初任給が4万円ほど違うと言われていますが、30代になったときに大卒の場合ではどのくらいの年収があるのでしょうか?

    ■30代男性大卒の平均年収は?

    賃金構造基本統計調査による調査では、大卒・大学院卒の30代前半の平均年収は、男性が約502万円、女性が約433万円という結果が出ています。
    一般的に高卒の同年代の平均年収が男性が約403万円、女性が約317万円となっていますので、20%~35%ほどの年収の差があります。

    職種や企業によっても年収に開きがありますが、ここで関東の国立大学ごとの年収を見てみましょう。

    茨城大学 455万円
    筑波大学 536万円
    宇都宮大学 454万円
    群馬大学 472万円
    高崎経済大学 492万円
    埼玉大学 507万円
    千葉大学 489万円
    首都大学東京 534万円
    電気通信大学 520万円
    東京大学 707万円
    東京外国語大学 545万円
    東京海洋大学 521万円
    東京学芸大学 518万円
    東京芸術大学 337万円
    東京工業大学 648万円
    東京農工大学 470万円
    一橋大学 701万円
    防衛大学校 542万円
    横浜国立大学 585万円
    横浜市立大学 579万円
    都留文科大学 420万円
    山梨大学 478万円

    (DODA調べ・あいうえお順)

    ここで見ると、30代男性大卒の年収は400万円~600万円台がボリュームゾーンとなり、東京大学や一橋大学のような高偏差値の大学はさすがに700万円以上という高水準となっています。

    年収は職種や企業によって差異がありますが、全体的に500万円台が平均的な年収と言っていいでしょう。

    合わせて読みたい

    なぜ高偏差値の大学ほど年収が高いのか?

    上位の大学卒の人の年収がなぜ高くなるのか?という疑問ですが、まず職種や就職する企業に起因するものが大きいことが挙げられます。
    医師や弁護士などの職業は、難易度の高い医学部や法学部を出ていなければならず、必然的に高学歴の人たちが集まります。
    また、大手企業によくある「有名大学出身しか採用しない」と言った社風をまだ残していることが挙げられます。
    職種や会社が高学歴の人たちを集めていることによって、自然と年収に偏りが出ることになります。

    中小企業の1年ごとの昇給率は、平均して1.45%ほどと言われています(業績の影響も受けるので必ず上がるとは言えませんが)。
    大手企業の場合の昇給率は2.59%(2015年経団連実施の調査より)となっており、中小企業に比べ2倍近くも高い昇給率になっています。好景気の影響を受けやすいのも大手企業の傾向で、社員はその恩恵を受けやすい環境にあることも、高い年収の要因となっています。

    年収500万円台の生活とは?

    では、年収500万円のお話に戻りましょう。

    年収500万円の内訳を、月給30万円前後、ボーナス60万円が年2回だとします。その場合の生活レベルは?以下、独身の場合と家族がいる場合に分けて具体的に考えてみますね。

    年収500万円から税金や健康保険、厚生年金などを差し引くと、手取りは360万円~400万円だと予測されます。それを月で割ると、30万~33万円くらいになります。その金額を住居費、光熱費、食費などに割り振ると…。

    独身、一人暮らしの場合

    住居費(1DKアパート) 60,000円
    食費(外食中心) 50,000円
    光熱費 10,000円
    電話・ネット 5,000円
    携帯電話 10,000円

    これで合計135,000円。

    その他、自動車を持っているとガソリン代、車の維持費、保険、駐車場代で月々30,000円から50,000円かかるとしても、月10万円ほどの余裕ができます。これならば、よほどの贅沢をしない限りは貯金にもある程度回すことができます。

    既婚、子供1人の場合

    住居費
    (郊外の分譲マンションの月々のローン返済額)
    60,000円
    食費(自炊中心) 50,000円
    光熱費 20,000円
    電話・ネット 7,000円
    携帯電話 15,000円
    自動車(1台、ガソリン代、保険、駐車場) 50,000円
    子供おむつ代など雑費 10,000円

    合計額は212,000円。

    その他、レジャー代やお小遣い、保険などに加入したことを考えると、貯蓄できる金額は20,000~30,000円程度。家族が多い分贅沢はできませんが、何とか貯金はできる計算となります。
    しかし、医療費や子供の教育費、老後の貯蓄を考えるとやや不安があるので、できるだけ節約できるところは削っていきたいというところでしょう。

    合わせて読みたい

    年収をどうやって増やしていくか?

    年収500万円であれば、ある程度安定した生活を送れることは分かりましたが、将来の事を考えるともう少し余裕を作りたいもの。
    家族で協力して節約をするとしても、それにも限界はあります。無理のある節約を重ねて、生活にストレスを抱えるのもあまり良くないでしょう。

    昇進や転職などで年収が上がればいいのですが、年々平均年収の推移が下がってきている時代。 確実とは言えない要素に期待するのも少々リスクが高いですよね。

    収入を増やす手段の一つに「副業」という方法があります。

    今の仕事にもう一つアルバイトなどを掛け持ちすることは、時間に限りがあるので難しいかもしれませんが、空いた時間を上手く使うことで収入を上げることができます。

    インターネットに詳しい人であれば、ブログでの広告収益やアフィリエイト収益で収入を得たり、イラストやライティングのスキルがある人は、クラウドソーシングで稼ぐこともできます。 また、ある程度まとまった蓄えがある人は株やFXなどの投資も、収入を増やす手段として選択することができます。

    副業をする上で注意すべきこと

    副業を始める上でまず注意すべきことは、現在在籍している会社の就業規則です。
    本業への影響から、副業を禁止している会社は比較的多く、違反者には厳しい罰則が設けられている場合があります。
    収入を増やすための副業がきっかけで失職する羽目になっては本末転倒ですから、安易に副業を始める前に必ず就業規則を確認しましょう。

    また、株やFXは投資ですので、市況などによってマイナスになるリスクも十分にあります。
    慣れないうちは少額投資をすることで、そのリスクを最大限に小さくしてから、徐々に額を大きくしていくなど、運用の基本を押さえておくべきでしょう。

    (文/河原まり)
    (文/HOW MATCH編集部)

    合わせて読みたい
    タグ: ,
    河原まり
    河原まり
    2011年よりフリーライターとしての活動を開始。英語・中国語を学び、翻訳業にも従事。私生活を充実させるため、10年間続けた医療事務の仕事をやめ、今に至る。趣味は作詞・作曲、弾き語りや料理。マイブームは休日にギョウザやシューマイを大量につくり、冷凍すること。

    【PR】無料保険相談で商品券全員プレゼント

    TOPへ

    ページトップへ戻る