スクラッチ宝くじ、12.5万分の1の確率で200円が100万円に!

副業で稼ぎたい        2015年08月17日

Pocket

宝くじ売り場で運試し!スクラッチくじなら何分の1の確率で200円が100万円に!?

(この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。)

スクラッチ宝くじとは?

1984年から販売開始されたスクラッチ宝くじ

1枚200円で購入可能で、銀色の部分を10円玉などで削るだけという簡単な方法で、その場で当たりを確かめることのできる手軽さが、今でも多くのファンに愛されている。

当選賞金こそ100万円、期間限定のチャンスでも数100万円の金額範囲までしか上限がないので、サマージャンボなどに比べるとスケールはダウンするけど、それだけに当選率は高い。

僕はジャンボ宝くじよりもどちらかと言えばこっちのスクラッチ宝くじの方を多く買うんだけど、前述のように、その理由は手軽に当たりが確認できることと、当選率の高さにある。

ちょっとした時間に宝くじ売り場で買える手軽さ

特に待ち合わせの間、ちょっとした時間に買うことが多い。駅前とかで待っていると、だいたいすぐ近くに宝くじの売り場がある。

そういうときは200円を握りしめて「すいません、スクラッチください」と言って1枚だけ買い、それをじっくり時間をかけて削るのだ。結構、高額当選までリーチがかかるところまで行くことも多く、非常にドキドキできるし、良い時間つぶしになる。

しかもロト6のように自分で数字を考えたりする手間も一切不要なのだから、面倒くさがりの人にとっても買いやすい宝くじだろう。

スクラッチ宝くじの当選率の常識とは?

ところでこのスクラッチ、実際の当選率が期間によって一定していないことは、宝くじフリークの間では常識だ。

そして、1等当選金額が100万と1000万円の場合に限り、当選確率が固定されていることもまた常識となっている。

1等1000万円宝くじの当選確率は?

1等の賞金金額が1000万円のスクラッチの場合、当たり本数はたった15本しか封入されていない。その当選確率はズバリ1/1,000,000(100万分の1)となっており、当たり前のことだけど、よほどお金をつぎ込まないと当選しないし、投資に対してのリターンも少なすぎる。

ただ、スクラッチは気軽に購入できることがウリのひとつなので、この当選確率でも本来のコンセプトを逸脱はしていない。あくまでも自分の金運を試す程度に楽しむのがいいだろう。ちなみに2等はぐっと本数が増えて300本もある。ただし当選金額はたった50,000円だ。

1等100万円宝くじの当選確率は?

続いて、より1等を引き当てる確率が高まっている、上限の賞金金額が100万円の宝くじについて見てみよう。1等の本数もグッと増えて、なんと100本も封入されている。

気になるその確率は1/125,000(12.5万分の1)となっており、金額に見あっているかどうかはさておき、当選率は1等1000万円のスクラッチ宝くじやジャンボ宝くじの高額当選とは比較にならない。

しかもこちらの場合、2等の当選金額は10万円と倍額で、しかも本数は300本と据え置き。気軽に夢を見るなら、個人的にはこちらのスクラッチをオススメしたい。

たった数百円でとてつもなくワクワクするぞ!

スクラッチもジャンボ系宝くじと同じく、当て方や明確な攻略法が存在していない。完全に金運任せの範囲の楽しみなので、バラで買ってもいいし、10枚入りを購入してもいい。

どっちみち10枚買っても2,000円しか使わないし、必ず1枚は200円が当選保障されているため、実質1,800円で高額当選の夢を見ることができる。

スクラッチはワンピースやちびまる子ちゃんなど、アニメのキャラクターとコラボすることがある。僕が買ったのはちびまる子ちゃんのスクラッチだったが、その当選金額は100万円。当たれば超ラッキーだけど、なかなかどうして、4枚買ったけど200円しか当選しなかった。

でも、たった800円の投資でワクワクできたし、実質600円の欠損で済んだわけだから、やっぱりスクラッチは面白い。割に合わないギャンブルと比喩されることも多いスクラッチくじだけど、当て方やコツを気にせず、ほんの運試し程度にチャレンジするなら、これほどお手軽なものはないと思う。

当選したスクラッチ宝くじの換金は?

みごとにスクラッチ宝くじで当選したら、どうやって換金すれば良いのかについてだが、これは他の宝くじと同じく、当選金額が10,000円以下であれば、全国の宝くじ売り場のどこででも換金ができる。

また、当選金額が10,000円以上であれば、みずほ銀行ほかの窓口で受け取れるが、売り場によっては「5万円マーク」といって、1枚あたり50,000円以下の当選金が受け取れる。

付け加えておくが、もし当選金が50万円以上の場合は、みずほ銀行ほかで受け取るのに加えて、身分証明証も必要となるのでお忘れなく。

このスクラッチ宝くじ、まだやったことがないという方は、是非ためしに1枚だけでも買ってみてほしい。

(文/松本ミゾレ)

【宝くじの関連リンク】

パチスロやるよりスクラッチで100万円!確率見れば一目瞭然!

宝くじで10億円当たるのは本当に幸せなのか?

ジャンボ宝くじはバラ・連番どっちで買うべき?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でHOW MATCHをフォローしよう!

タグ: , ,
松本ミゾレ
松本ミゾレ
2011年活動開始。恋愛コラム、パチスロホール取材記事、某大手企業専属ライティングなどを手広くこなす、ゆるふわ系三文ライター。著作出版の経験も意欲もない、地方都市在住の意識低い系物書きを是非応援してください。ちなみに特技はタイピングと、松前漬けをほぼ無尽蔵に食べ続けることです。

orette.jp

orette.jp

TOPへ

ページトップへ戻る