節約・貯めたい

債務整理の相談先の選び方!良い弁護士事務所の見分け方を伝授

投稿日:2017年8月8日 更新日:


借金返済の負担が生活に支障が出るほど大きく、自分ではどうしようもないという悩みを解決するには、債務整理という方法を利用することをおすすめします。

債務整理は借金を軽くする方法で、「○○法律事務所」などの弁護士事務所を通して、専門家に申立て手続きをしてもらうとスムーズです。この記事では良い弁護士事務所を見分ける方法について紹介します。

まずは債務整理の基本をサラッと解説

債務整理とは、どうしてもお金に困った人が、借入先と交渉をして、残りの借金額や利息を軽減してもらったり、借金を帳消しにしてもらう方法です。債権者と直接交渉する場合もあれば、裁判所を通す場合もあります。

まずは債務整理の基本として、債務整理は4つの方法や相談先、債務整理の流れについて解説していきたいと思います。

債務整理は4つの方法で借金の負担を軽減

債務整理には、

  1. 過払い金請求
  2. 任意整理
  3. 特定調停
  4. 個人再生手続き
  5. 自己破産

の5つの種類がありますが、過払い金返還請求は消費者金融などの貸金業者に払い過ぎた利息分を返してもらう手続きなので、厳密には債務整理は残りの4種類ということになります。

任意整理は債権者と直接交渉し、将来利息と借金額を減らす方法です。特定調停は任意整理とほぼ同じ内容ですが、裁判所が間に入ります。

個人再生は借金を5分の1程度に減らす方法で、住宅を手放さずに借金の大半を免除してもらえます。ただ、住宅ローンを払っている場合には引き続き支払いが必要です。

自己破産は借金を帳消しにしてもらう方法で、メリットが大きい反面、全ての財産を処分しなければならない制限が付きます。また、ギャンブルなどによる借金の場合には、自己破産できない可能性があります。

弁護士や司法書士に相談すると楽ちん

債務整理を行うには、さまざまな書類や複雑な手続きが必要です。

個人が直接債権者や裁判所とやり取りするのはハードルが高いため、弁護士法人や司法書士事務所に依頼することが一般的です。ただし、司法書士にはいくつかの制限があるので、弁護士に依頼する方が無難です。

大抵の弁護士事務所の場合、面談は無料としている所が多く、費用は債務整理を開始した後で、着手金や報酬金を支払うこととなります。

依頼者が弁護士事務所などを通して手続きを開始すると、支払督促が止まるため、平穏な生活を得ながら手続きを進めることが可能です。

債務整理の流れ

債務整理の流れはとてもシンプルです。なぜなら、弁護士事務所利用者は、弁護士にほぼ丸投げできるからです。簡単にその流れを見てみましょう。

債務整理の流れ

弁護士事務所に電話やウェブで連絡

 ↓

面談で事情説明や現在の収入などを話す

 ↓

弁護士からどの方法で債務整理をするか提案

 ↓

債務整理を決意

 ↓

弁護士の支持の元、書類を揃える

 ↓

弁護士が手続きを始める

良い弁護士事務所を選ぶ時のチェックポイント

債務整理をする場合、ほぼ弁護士に丸投げするということは、少しでも良い弁護士事務所を見つけたいものですよね?そこで、良い弁護士事務所を選ぶ時のポイントを紹介します。

ウェブサイトが丁寧で分かりやすいか?

弁護士事務所を探す場合、多くの人はウェブサイトで探すかと思います。その場合にさまざまなウェブサイトがヒットするかと思いますが、サイトの説明が丁寧な弁護士事務所や、説明内容が分かりやすい弁護士事務所がおすすめです。

一概にはいえませんが、サイトが丁寧で分かりやすい所は、利用者に対して配慮ができること類推できます。

難しい法律のことを一方的にダラダラと書いている弁護士事務所は、自己満足の対応が懸念されますので、相手に配慮した対応をしてくれるかどうかを、サイトから読み取りましょう。

面談での対応が親切か?

相談に行ったからといって、そこの弁護士事務所で手続きを進めないといけないわけではありません。

いくつかの事務所に相談に行ってから、良い所を選ぶと良いでしょう。その際のポイントは、面談の対応が親切かどうかで選びましょう。手続きが終わるまでやり取りしないといけないので、親切さは重要です。

良い所だけでなく悪い所も教えてくれるか?

相談に行った際に、債務整理の良い所だけでなく、悪いところも教えてくれる弁護士事務所を選びましょう。

費用目的に、良い所だけ説明して債務整理の手続きをさせようとする弁護士事務所もゼロではないようですので、対応における目安と考えましょう。

弁護士都合で話を進めていないか?

ちゃんと相談者の立場で話を進めてくれるかどうかも重要なポイントです。相談者の希望を無視して話を進める弁護士には要注意です。

ただし、相談者の希望が無理難題の場合には、債務整理の目的を果たせない可能性があるので、一方的に希望を突きつければ良いというものではありません。

連絡が迅速でスムーズか?

やり取りがスムーズに行えるかも大切です。たとえば弁護士に支払う費用を分割にする場合は、債務整理の申請までに時間がかかる場合があります。

その間に必要書類を送付するなどのやり取りが必要となるため、連絡が迅速かどうかは考慮すべきポイントです。相談前に質問メールを送るなどで確かめてみましょう。

明朗会計かどうか?

弁護士費用は債務整理の種類によっても異なりますし、弁護士事務所によっても異なります。そのため、利用者にとって分かりにくいケースがありますので、明朗会計である弁護士事務所を選びましょう。

また、複数の弁護士事務所に相談し、それぞれの費用を比較してから決めても良いかと思います。ただし、安かろう悪かろうでは意味がありませんので、他の要素とのバランスが必要です。

トラブルの履歴がないか?

過去にトラブルを起こした経験があるかないかも事前にチェックしておきましょう。過去のトラブルは「弁護士懲戒情報」で調べることができます。

ただし、トラブルの情報が掲載されているから悪い弁護士事務所というわけではありません。トラブルの内容をしっかりとチェックして判断しましょう。

債務整理の相談時に検討すべきこと

弁護士事務所の候補が絞れて来たら、最終的にどこの弁護士事務所を選ぶかを決定しなければなりません。その際に検討すべきことについて解説します。

大手弁護士事務所か中小弁護士事務所のどちらを選ぶか?

弁護士事務所に相談する場合、大手事務所か中小事務所かどちらかに迷うケースがあります。実は一長一短なので、それぞれの特徴を知っておくと良いでしょう。

まず、大手事務所は口コミが多く、情報を仕入れやすいというメリットがあります。手続きもシステマチックであるため、安心して利用することができるでしょう。ただし、弁護士ではなく事務員が手続きをしていたり、費用が高い傾向があります。

一方、中小の事務所は、弁護士が直接手続きをしてくれる手厚さや、費用が低いというメリットがあります。ただし、良い事務所かどうかの情報を集めにくいというデメリットがあります。

弁護士法人サンク総合法律事務所では24時間、借金に関する無料相談を受け付けています。全国対応で相談料無料・初期費用も¥0なので安心して相談できます。

債務整理を弁護士に依頼すると、その時点から借金の督促がストップしますので、毎月の支払いや取り立てにお悩みの方は、こちらからすぐに相談することをおすすめします。

まとめ

借金で悩んでいる人は、毎日お金のことばかり考えて、神経をすり減らしておられるかと思います。

しかし、そのような苦しい日々に、債務整理をすることによってピリオドを打つことができるでしょう。ここで紹介した弁護士事務所の選び方を参考に、平穏な生活を手に入れましょう。

保険を見直すことでお小遣いが増えるかも‥

生命保険営業マンに言われるがまま加入して保険料を払い続けていませんか?保険のプロに相談し現在加入している保険を見直すことで支払う保険料の総額が半分以下になるなんてケースもあります。

保険見直しラボ

保険見直しラボ

保険見直しラボ」は、保険の見直しや新規加入を検討している方へプロのファイナンシャルプランナー(FP)が無料で相談にのってくれる訪問型の無料相談サービスです。また、他の保険代理店やFP紹介サービスの中ではFP歴平均11.8年とトップクラスのベテラン揃いで、強引な勧誘も一切なく安心して相談することができます。

保険見直しラボ公式サイトへ

Copyright© HOW MATCH , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.