節約・貯めたい

世帯年収500万円!30代でマンションを購入しても本当に大丈夫?

投稿日:


30代頃にもなるとマンションを購入する事を考える方も多いと思います。マンション持つとはどういう事か?

  • 30代でマンションを購入する際の注意点
  • マンション購入のメリット・デメリット

についてこの記事では言及したいと思います。

マンションを持つとは?

マンションを持つとは建物の区分所有権を持つと言う事。区分所有権を持つとは、建物の専有部分を持つと言う事、言わば自分の使う部屋の権利を持つと言う事です。

建物の区分所有権を持つと言う事は、基本的にはマイホームを購入する時と比べて大きくは変わらないのですが、多少異なる点があります。

例えば、マンションの部屋の権利を持っている場合は、建物に大きな変更を加える時に集団の決議を行うケースなどがあります。マンションの老朽化が進み修繕を加える場合や、建て替えなどを行う場合などに行われます。

自分で購入したマンションに住む場合には、賃貸の時と比べて結果的に安くなる時もあります。(住宅ローンを組んで高い物件を買う場合は金利も乗っかって来るので一概に必ず得とは言い切れませんが)

マンション購入の注意点

マンションを購入する際は、多くの方が住宅ローンを組んで購入されると思います。人それぞれお財布事情は異なると思いますが、一般的には30年間ほどのローンを組む方が多い事でしょう。

その際に金利(お金のレンタル料)が影響してきます。金利が安い時にローンを組む事ができれば、住宅ローンを組む際の負担が軽減される点には注目されたいですね。

30年間にわたりローンを支払っていく事は大変な事です。

住宅ローンというものは、支払いが滞り続けると、物件を手放さなくてはならなくなることもあります。よって、不動産を購入する際は、資金計画をきちんと立てて購入する事を推奨します。

基本的には購入金額の2割程度の頭金と1割の諸経費を用意できるのがセオリーと言える事でしょう。

マンションの話からはやや逸れますが、たまに築年数が浅い、建物が建てられてから数年の住宅が売買物件として扱われている事があります。これは何故売りに出されているかと言うと、住宅ローンが払いきれなくなってしまったからというケースが大多数でしょう。

  • 資金計画で失敗してしまって住宅ローンが払いきれなくなってしまうケース
  • 会社が潰れてしまった・リストラの対象になる

など様々なケースがあると思いますが、住宅ローンを組むという事はお金を借りるという事なのでリスクを背負う事でもあると覚えておいた方が良いでしょう。

マンション購入のメリット・デメリット

厳しい住宅ローンの話をしてしまいましたが、マンションを購入する事にそもそもメリットはあるのでしょうか?

ケースバイケースになりますが、何らかの要因で不動産価値が上昇した場合にマンションの価値が上がる事があります。そういった場合にマンションの権利を売却すれば、自分が住んでいた部屋が購入金額時よりも高い金額で売れるという事もあります。

人によっては、そういった売却益であるキャピタルゲインを狙ってマンションを購入する方もいるようですね。

また、マンションは一般的な土地付きのマイホームと比べると手入れが楽という利点があります。

多くのマンションには管理会社というものが付いていて、管理会社がマンションの清掃や設備の点検の手配などをしたりしています。勿論、その分毎月管理費を支払う事になるのですが、庭の手入れなどが煩わしい人にとってはマンションの方が住んでいて楽かもしれませんね。

後は、隣人とのご近所付き合いがマンションの方がややドライな印象はあります。一戸建てに住んでしまうとどうしても地域の自治会などに属さなくてはならなくて、地域の清掃や行事に駆り出される事もある事でしょう。

そういった煩わしさから逃れられるのもマンションの良い点です。

ではマンションを購入する際に逆にデメリットはあるのでしょうか?

最も怖いのは不動産の価値が大幅に下落してしまう事でしょう。例えば関東某所のワンルームマンションの話をしますが、バブル時で、新築の際には2000万程の価値があるとされたマンション。それから歳月が経ち現在では400万円台まで価値が下落していたというケースもあります。

そのマンションは建築時から約20~30年ほどの築年数が経過したので、価値が下がる事自体は当然の事ですが、不動産の価値は時代の流れと共に数分の一に下がる事もあるのです。

高額なマンションの住宅ローンを組んで購入したら、年を取った頃には価値が下落して資産価値が無くなっていたというケースも多いようです。

そして、そういう時ほどお金に困っていて物件を手放したいけど思い通りの値段で手放せない。そういったマンションの問題が取り上げられた本も現在では沢山出版されていますね。

不動産を購入する際に大切なのは何よりも立地です。立地が良い物件は時流の流れが多少あっても価値が下がりにくいです。手放す際も良い立地の物件だと価値があるので多くの業者が欲しがる事でしょう。

これから過疎化が進む地方などの不動産は価値が低下していく傾向にあるようです。そういった不動産に住む為に購入するのも一つの人生設計としてはありでしょうが、上手に不動産選びをしたいですね。

マンション購入のシミュレーション

一般的に住宅ローンの年間返済額は年収の1/4が目安とされています。当然の事ながら世帯年収に応じて購入価格は変わってきますね。

様々なデータによると世帯年収500万台の家庭が世の中には多いようです。大体この層になると、3500万円ほどの住宅を購入する傾向にあります。頭金は2割程度用意して住宅を購入するようですね。

毎月の返済額は8万円台となり、賃貸物件を借りるのと結果的に大差は無い印象もありますね。しかしながら、賃貸物件と異なる点は不動産によっては手持ちの不動産の価値の上昇や下降がある点でしょうか。

まとめ

マンション購入の際のポイントを挙げるならば、

  • 立地を考慮して購入する事
  • 頭金を貯めた上できちんとした資金計画を立てて購入する事

です。現代は家余りの状況になりつつあるので、不動産の価値は一部の人気都市を除くとやや下降傾向にあるようです。

マンションなどの価値のある不動産を手に入れたつもりが、結果的に支払い途中で価値が下がっていき、不動産が負動産になってしまっていたという話もあります。

一昔前に比べるとマイホーム信仰もやや弱まっている傾向にありますし、あえて不動産でリスクを取らないという生き方もあります。

年功序列や終身雇用が守られていた時代、会社がなかなか潰れないような時代では、不動産のローンを組んで購入する事が最善解でもありましたが、現代では会社が倒産する事や、突然のリストラに遭い、住宅ローンが必ずしも皆が払いきれるとは言い切れません。

住宅ローンを組む事が必然の時代では無くなったと言えるでしょう。

いかがでしたでしょうか。マンションを購入するという事・不動産を購入するという事は良い面もありますし、悪い面もあります。

不動産を購入する際に最も意識した方が良い事は、その不動産の価値が続く事です。立地や利便性などによって不動産の価値は変動する事は大いにあります。

狙い目は都市部ですが、そういった価値があるものは値段が高いですし、値崩れの危険性もあります。

(文/KOMI∞)

Copyright© HOW MATCH , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.