エンタメ 副業で稼ぎたい

10億円貯める方法を徹底考察!どうすれば大金が貯まるの?

投稿日:


今の給料に不足感を覚える会社員や、生活費のやり繰りに大変な主婦などが、お金持ちになるにはどうすれば良いか?と空想を巡らしながら会話している姿を目にすることがあります。

そこでこの記事では、10億円という貯蓄額を現実化する方法を検証します。

成功者になって10億円貯める方法

10億円という金額を貯めるというのは、非現実的なことのように思えるかも知れませんが、実際に10億円貯めている人は数多くいらっしゃいます。2017年度版のフォーブスの長者番付によると、1位の孫正義さんは2兆2,640億円の総資産を持っているとされており、日本でも世界的な活躍をすれば、飛躍的に年収を増やし、大きな貯金額となることが分かります。

このような情報を見ると、10億円が大した額ではないように見えてきませんか?それはさておき、まずは、成功者となって10億円貯める方法を紹介します。

事業家として成功して10億円貯める

事業を起こして経営者となり、商品やサービスが売れて行けば大きな収入を得ることができるでしょう。ビジネスに成功して大企業の経営者ともなれば、10億円貯めることも夢ではありません。

一定期間の時間は必要となりますが、リスクを引き受け、大きな目標を持って利益を得ることができれば、大きな財産を築くことができるでしょう。もちろん、事業家として成功するためには、しっかりとした事業計画を持っておく必要があります。

一流スポーツ選手となって10億円貯める

一流スポーツ選手となれば大きく稼ぐことが可能です。スポーツにはさまざまな競技がありますが、プロとしてお金を稼いでいる競技の場合には、大金を稼ぐことは難しくありません。

野球ひとつとってみても、年俸数億円の日本人選手はたくさんいますし、メジャーリーガーとして活躍している選手の場合には数十億円単位の年収となっています。並大抵の努力では一流選手になることはできませんが、努力した分のリターンも大きいといえるでしょう。

特許取得で10億円貯める

特許を取得することで大きく稼げることもあります。画期的な発明をしたり、多くの人に役立つ発明をした場合には、特許を取得して、他の人に真似されないように対策を打ちます。もしも特許が認められた場合には、使用する権利でお金を稼ぐことができますし、特許を取得した商品がどんどん売れれば、大きく稼げる可能性があります。

特許はそう簡単に取れるものでもありませんし、ニーズのないものに特許を取っても仕方ありませんが、少なくともアイデアがお金になる可能性があるということは知っておくと良いでしょう。

投資で10億円貯める方法

投資を行い、資産運用をすることで10億円稼ぐことも可能です。投資は成績によって稼げる場合や損を出す場合がありますが、金融資産をどんどん増やし、10億円以上貯めている個人投資家は大勢存在します。

ここでは「株式投資で10億円貯める」「FX投資で10億円貯める」「不動産投資で10億円貯める」「ビットコイン(仮想通貨)トレードで10億円貯める」の4つについて見て行きたいと思います。

株式投資で10億円貯める

株取引で資金を増やすことは可能です。数十万円しか持っていなかった人が、独自の投資術を身に付けて売買を繰り返し、いつしか膨大な資産を手にしたという話しは珍しくありません。

ウォーレンバフェットのように、株式投資で成功し、世界的な大富豪となった人もいらっしゃいますので、10億円貯めれる可能性はゼロではないでしょう。

FX投資で10億円貯める

FX投資で10億円貯めることも可能です。FX投資は、株式投資よりもハイリスクハイリターンの投資であるため、うまく実績さえ出せれば、10億円貯めれるスピードは株式投資以上かも知れません。

FXは証拠金を担保として、少ない資本で大きな金額の投資ができるという特徴があるため、大きな利益を得ることが可能です。もちろん損失も多きい上、一定の損失が出た場合には強制決済が行われてしまうため、細心の注意が必要です。

不動産投資で10億円貯める

不動産投資で10億円貯めることも可能です。不動産投資は軍資金から多額であるため、上手く行けば簡単に10億円稼げてしまうこともあります。不動産売買に関する深い知識とノウハウを習得する必要がありますが、10億円という金額は非現実的なものではありません。

ただし、日本の場合には少子化が続き、土地の値段が下がると予想されていますので、逆風の中で上手に取引を行う必要があります。

ビットコインで10億円貯める

紙幣や硬貨を持たず、ネット上だけでお金のやり取りを行う仮想通貨が話題となっています。外貨トレードのように通貨同士の売買がなく、金利差を気にすることも不要である上、利便性と安全性の高さから急速に普及しています。

そんな仮想通貨の中で特に有名なビットコインは、ものすごい勢いで値段が上昇しており、今後の普及の予測から、さらに値段を上げるのではないかと観測されています。早めにビットコインを保有しておくことで、上手く行けば大きく稼ぐことも可能かも知れません。

10億円貯めるその他の方法

10億円貯める方法は、ほかにもさまざまな方法があります。成功者にならなくても10億円貯めているという人も数多くいらっしゃいます。

最後はその他の方法として「宝くじで10億円貯める」「カジノで稼いで10億円貯める」「10億円貯めるマインドを手に入れる」ことについて解説します。

宝くじで10億円貯める

運任せの方法ではありますが、宝くじで10億円貯めるという方法もあります。宝くじの1当に当たる確率は1,000万分の1程度ということで、雷に打たれる確率に等しいほど奇跡的な数字ではありますが、当たれば一瞬で10億円稼ぐことは可能です。

2017年の年末ジャンボ宝くじは、前後賞合わせた1等が丁度10億円です。個人の宝くじの賞金は税金がかからないので、もしも1等と前後賞をゲットできれば、丸ごと10億円貯めることができるでしょう。

カジノで稼いで10億円貯める

カジノで稼いで10億円稼ぐこともできるでしょう。日本はまだ合法的なカジノが存在しないので、カジノで稼ぎたい場合には海外に行く必要があります。有名なラスベガスでは、毎日大きなお金が動いているため、ひと山当てて一夜にして大富豪となった人も珍しくありません。

ただし、ほとんどの人が損をすることになるため、あくまでも遊興として余裕資金で行うことが大切です。ひょっとすると、無欲の方が勝ってしまうこともあるかも知れませんね。

10億円貯めるマインドを手に入れる

具体的な方法ではなく、抽象的な方法も1つだけ紹介しておきましょう。その方法とは、10億円稼ぐメンタルを手に入れるという内容です。心理学や脳科学によると、理想の状態をイメージできれば、その状態に近づくように自分の思考や言動が変化します。

10億円稼いでいること臨場感を持ってイメージできれば、手段は後から付いてくるでしょう。10億円稼いでいる状態を、毎日深くイメージできる工夫をすると良いかと思います。

まとめ

10億円貯めるというのは、非現実的に思えるかも知れませんが、世の中に10億円以上貯めている人は数多くいらっしゃいます。実際にいるのであれば、あなたにもチャンスはあるかも知れません。

諦めると可能性がゼロになりますので、10億円を夢見て、いつか現実化できるように、さまざまなことにチャレンジしてみるのも良いかと思います。仮に10億円貯めれなくても、そのプロセスで得るものは大きいのではないでしょう。

年収をどうにかあげたいという方は、「転職で年収って本当にあがる!?転職成功者の年収アップ体験談」を読んでみてください。悩む前に、自分の年収アップ可能性を探ってみましょう!

Copyright© HOW MATCH , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.