アンケートモニターで月収30,000円は可能か?

副業で稼ぎたい        2016年01月13日

Pocket

アンケートで月収30,000円

(この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。)

アンケートモニターという仕事

本業の傍ら、何か手軽にできるサイドビジネスがあれば、是非とも挑戦したくなるという方は少なくないはず。
負担が少なくて、やってもさほど疲れることもなく、ある程度のお小遣い稼ぎが可能なサイドビジネス。何か良いものはないだろうか。

そんなことを考えながら、先日僕は夜の上野をうろうろと彷徨っていた。
すると、足元に1匹のドブネズミが駆け抜け、それを目で追うと、ドブネズミは地面に落ちたポケットティッシュを餌か何かと間違えて、一咬み。
ポケットティッシュに挿入された小さなチラシには「アンケートモニター募集中!」と書かれていた。

そういえばこの手の副業については、今までさほど着目していない。
お小遣い稼ぎの足しになる可能性もありそうだ。ちょっと調べてみることにした。

1ポイント=1円!アンケートモニターサイトで稼げるの?

アンケートモニターといえば、大手だとちょっと検索するだけで幾つもヒットする。
いずれも登録制で、無料登録後は用意されたアンケートに回答することでポイントが付与される仕組みとなっている。
で、このポイントというのが、1つの設問に答えることで、最低1ポイント。多くても数十ポイント程度。

ポイントは1ポイントが1円換算で、500ポイント以上貯まったら現金化できるというサイトが多い。
つまり、稼げない副業と考えても良さそうだ。

こんなことなら最低賃金のアルバイトを我慢して1時間こなす方が確実に時間効率が良い。
何事も、ものは試しだと思ってチャレンジするタイプだけど、時間のムダに感じたため手出しもしていない。

商品モニターはどうだ?稼げるか!?

アンケートモニターは、用意された質問に答えるだけで済むため、単価も安い。
では商品モニターはどうだろうか。
たとえば企業が開発した新商品を実際に使用したり、美容サロンの新サービスを利用して、その感想をレポートにして提出する商品モニター。
これなら手間も掛かる分、何かと手取りも良さそうだ。

ちょっと調べてみると、この手のモニターは絶えず募集されているようだ。
たとえば直近で見かけた食品モニターのアルバイトでは、2,000円程度の謝礼が約束されている。
別の企業が募集している化粧品のモニターは、10,000円という謝礼額となっていた。もちろん女性限定なんだけどね。

それから、「それはもう治験では?」というようなサプリメントのモニター募集も見かけている。
なんだかおっかないが、そのぶん報酬は高く、10,000円程度となっており、こちらは男性も応募可能だ。

このように、報酬額はそこそこ良い。
これなら毎月3回ぐらいモニターのアルバイトで、まあ30,000円ほどお小遣いを稼ぐことも可能なように思える。
ただ、まあ何事にもそれなりにリスクはあるようで……。

やる前にちょっと待って!詐欺の事例もある?

モニター募集には詐欺の実例もあるようだ。
ある募集では、新商品のモニターを数名募集し、定価数万円もの家電が数千円の参加費を支払うことで利用できるというメリットを挙げていた。
しかもモニター期間終了後には、その家電品をそのままプレゼントするということで、応募も殺到したようだ。

ところがこれが真っ赤な嘘。
参加費を振り込ませた後は雲隠れし、哀れにもモニター希望者はお金だけを奪われてしまったと、こういうことが過去に起きている。

他にもモニターにレポートを提出させた後になって「内容が不十分」として報酬を支払わないというケースもあるようだ。
いちいち訴訟するのも手間だし、残念ながら、社会勉強として諦めるほかない。

アンケートモニターは稼げない。
商品モニターはしっかりと詐欺を避けて応募しなければならない。
それぞれにデメリットがある。
失敗して損するのがいやなら、手出しは無用かもしれない……。

少なくとも、僕はわざわざモニターになってみようとは思えなかった。

(文/松本ミゾレ)

【お小遣い稼ぎの関連リンク】

狙え時給1万円!土日午前中はパチスロで期待値を稼げ!

ここまでやって100円?お小遣いサイトは稼げないし危険!

女性の被害者急増中!アダルトサイト詐欺の被害総額は171億円

タグ: ,
松本ミゾレ
松本ミゾレ
2011年活動開始。恋愛コラム、パチスロホール取材記事、某大手企業専属ライティングなどを手広くこなす、ゆるふわ系三文ライター。著作出版の経験も意欲もない、地方都市在住の意識低い系物書きを是非応援してください。ちなみに特技はタイピングと、松前漬けをほぼ無尽蔵に食べ続けることです。

orette.jp

orette.jp

TOPへ

ページトップへ戻る