もし貯蓄300万円あれば医療保険は不必要なのか?

節約・貯めたい        2016年02月04日

医療保険

(この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。)


  • 日本は保険大国と言われており、毎月数万円を保険料として支払っている人も少なくないでしょう。今回の記事では300万円あれば医療保険は不必要なのか?ということについてお話します。

    固定費のなかで最も大きな保険

    貯金をするために自分が普段払っているお金を見直すことは重要です。毎月払っている固定費を見直すことは節約にも大きな意味を持ちます。

    その中で出てくる大きな固定費のうちの一つが保険です。節約サイトなどを見ても保険は真っ先に削るべき固定費と書かれていることも少なくありません。

    医療保険はどこまでかけるべきか

    日本は保険大国とも言われ、必要以上に保険料を支払う傾向にあります。ですから保険料を削ることは有効な一つの手段と言えるでしょう。

    特に学資保険や生命保険は、それぞれ将来のことを考えると必須の保険のように感じますが、医療保険はどれほど払うべきなのか議論が分かれるところでしょう。

    今回の記事では医療保険はどのくらい払うべきなのか?またもし、300万円の貯金があれば、そもそも医療保険に入る必要があるのか?ということについて議論してみたいと思います。

    医療保険に300万円は多い?少ない?

    今の時代では日本人の死因では約3割が「がん」と言われています。女性では3人に1人が、男性では2人に1人ががんになると言われているほど、がんになる人は多いのです。

    ではそのような日本人なら誰でもなる可能性のある、がん治療にはどれほどお金が必要なのでしょうか。

    一般的にはがんの治療費には平均100万円程度であり、早期発見で健康保険が適用されるだけの標準治療であれば、自己負担は50万円以下であることも少なくないようです。

    もちろん、がんほどの大きな病気でなくても大きな治療費がかかる病気はありますが、一つの目安くらいにはなるでしょう。上記のデータを見てみると、少なくとも健康保険が有効である間は300万円くらいの貯金があるのであれば、無理に医療保険に頼る必要はないと言えるのではないでしょうか。

    合わせて読みたい

    日本人が人生でもらう保険料の平均とは

    ちなみにですが、月額10,000円以上医療保険に払っているという日本人男性は75%以上、女性でも62%以上です。つまり、年間で12万円以上もの保険料を支払っているという人が非常に多いのです。

    生命保険文化センターの「生活保障に関する調査」によると、入院時の平均自己負担額は約22万円。つまり2年に1回以上入院するという人を除いて、それほど保険料を支払う必要があるのか?と疑問を感じずにはいられません。

    同調査によると5年以内に入院した経験があると答えた人は15.2%と非常に低いことも見逃せないポイントです。

    このデータを見ても分かりますように、もし300万円も貯蓄があって、かつ健康なのに、毎月10,000円を超える保険料を支払っているという人は、保険料を見直す必要があると言えるのではないでしょうか。

    結局300万円あれば大丈夫なの?

    今回の議論の結論としては300万円貯蓄があるならば、保険料として毎月1万円も2万円も支払う必要はないということです。

    もちろん個人の健康状態によるので、一概には言えませんが、多くの人は保険料を見直す必要があるのではないでしょうか。

    それだけ毎月保険料を支払っているのであれば、その保険料をそのまま貯蓄に回すほうが用途の柔軟性もありますし、メリットは大きいでしょう。

    どうしても不安だ!という人は自分の必要な分だけ保険に入るというのが賢い選択です。保険料でも無駄遣いをすることなく、必要な分だけ入るようにしましょう。

    >>あなたの本当に必要な保険について、相談無料の保険マンモスに相談する

    (文・河崎鷹大)

    【貯蓄・保険の関連リンク】

    現実に近い貯蓄額は中央値を見ないと分からない

    教育資金や老後資金、手取り30万で堅実な貯蓄の方法は?

    いくらあれば安心?60歳までに貯めておきたい貯蓄額

    クチコミで広まった保険マンモスの保険無料相談


    タグ: , ,
    河崎鷹大
    河崎鷹大
    現役大学生。大学在学中にネットビジネスに出会い、受験、恋愛、ビジネスなど様々な記事の執筆を手がける。 現在は輸入ビジネス、せどり、情報コンテンツビジネスなど様々なネットビジネスを幅広く手がける。

    【PR】無料保険相談で商品券全員プレゼント

    TOPへ

    ページトップへ戻る