ランチに1,000円以上払うのは女性が多い!

節約・貯めたい        2015年12月28日

Pocket

ランチと女性

(この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。)

食事の好みは人それぞれです。特にランチだと時間を優先する人もいれば、味にこだわる人もいるためお店選びが難航することもありますね。 

一般的にはランチにこだわりがあるのは女性のほうが多く、男性はファストフードや牛丼屋を好むイメージですが、実際にはどうなのでしょうか? 

外食ランチの割合はどれくらい?

そもそもランチを外食で済ませる人はどれくらいいるのでしょうか。グルメサイトの大手「食べログ」の「ビジネスパーソンのランチ事情」の調査によると、全体の3外食ランチ派との結果になりました。意外と少ない気がしますね。 

男女による違いを見てみると男性が34.8%女性は19%となり、男性のほうが外食を利用する傾向にあります。また、女性の約4割はお弁当を持参すると回答しています。やはり料理に関しては女性のほうが有利みたいですね。

外食ランチに行かない人は「時間がない」から

では次に外食ランチに行く回数を見てみましょう。こちらは男女ともに週1くらいと回答した人がもっとも多く、男性で29.5%女性で37.6%となっています。とはいっても男性の場合は、週4~5回、毎日と答えた人が合計で3割近くいるため、男性のほうが圧倒的に多くなっています。 

しかし逆に外食ランチに行かない人も一定数いるわけです。そして外食しない人は節約やお弁当が好きだからかと思いきや、「外食の時間が取れない」という人が44.7%もいたことが驚きです。立地の問題かもしれませんが、意外と多いみたいですね。

外食ランチにお金をかけるのは男性より女性

そして本題の外食ランチの予算です。とはいえ基本的にランチを提供しているお店の設定価格が似通っているのでほぼ想像通りの結果です。

ランチ

全体では700~1,000円の予算が52.8%、1,000~1,500円が21.1%、500~700円が17.9%と、やはり1,000円前後で済ませる人が多いようですね。ランチの価格は1,000円を超えるか超えないかでかなりの違いがある、と言われていますが、その通りの結果となりました。やはり1,000円以下と1,001円以上には大きな隔たりがあるのでしょう。 

しかしこれを男女別に見てみると、また違った傾向が読み取れます。男性は500~700円、700~1,000円の割合が増え、女性は1,000~1,500円の割合が増えています。つまり女性のほうがランチにお金をかける傾向があるのです。

女性はランチの回数は少ないけれども、1回の予算は高め。つまり回数を減らして質を高めたいのでしょう。逆に男性は頻繁に利用する分、1回の出費を抑えているわけですね。

個人的なイメージとしては、女性は回数も予算も多いと思っていたので少し意外な結果ですね。つまり累計で考えれば男性も女性も外食ランチの予算は似たり寄ったりなのかもしれません。

ランチの滞在時間は圧倒的に女性が長い!

予算は女性のほうが多かったわけですが、お店にとっては儲かるばかりではないようです。

外食ランチにかける時間、つまりお店での滞在時間を質問したところ、男性の約6割が30分以内と回答したのに対して、女性の7割以上が30分以上は滞在するとのこと。さらに30分以上と回答した方のうち、1時間以上いるという方が14.7%もいます。男性からしてみたら信じられない滞在時間と言えるかもしれません。というか休憩時間は大丈夫なのでしょうか…?

つまり男性は食事をしに外食ランチに行き、女性は楽しむために外食ランチに行く、といったところですかね。いやはや、ここまで違いがあると男性が好むお店と女性が好むお店で回転率がかなり変わってきそうです。

ちなみに外食ランチでよく行くジャンルは、

男性が

  • 1位ラーメン
  • 2位和食
  • 3位定食

となっており、女性は

  • 1位イタリアン
  • 2位和食
  • 3位カフェ

との結果です。この結果を見ると男女混合でランチに行くときは和食が無難ということですね。

外食ランチといえども男女で目的が大きく違うようです。異性の同僚とランチに出掛けるときはお店選び滞在時間などに気を遣ったほうがいいかもしれません。

(文/kaztel)

【ランチの関連リンク】

タグ: ,
kaztel
kaztel
2014年から活動開始。日本語好きが災いして美容師からフリーライターに転向し、自作PCを軸にしたIT系をメインに幅広く執筆中。日本語検定1級を目指して勉強中だが勉強したいことが多すぎててんてこまいな毎日を送る。

orette.jp

orette.jp

TOPへ

ページトップへ戻る