ダイエット外来なら2万円からダイエット可能?

節約・貯めたい        2015年11月19日

Pocket

食欲の秋!ダイエット外来なら20,000~60,000円でダイエット可能?

(この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。)

春は夏に向けてのダイエット、夏は夏太りでダイエット、秋は食欲の秋でダイエット、冬は運動しないからダイエット。なんだかんだ1年中ダイエットって言っていますよね。

しかし巷では太ると健康に悪いだのメタボは寿命を縮めるだの言われているので、太っていることを嫌でも認識させられてしまいます。

とはいっても最近は禁煙外来ならぬ、ダイエット外来も増えてきました。はたして医療とダイエットがどう融合するのでしょうか。

ダイエット外来ってどんな治療をするの?

自分でがんばるダイエットの方法に色々なものがあるように、ダイエット外来にも2つの治療方法があります。それが「改善治療」と「外部施術治療」です。

改善治療は生活習慣や体質を改善することで体重減少を目指す治療方法です。具体的には投薬で食欲を抑制したり、医師の指導で運動プログラムや生活習慣の改善を行っていきます。つまり一般的なダイエットに医師の指導が加わったかたちですね。

もう1つの外部施術治療はいわゆる「脂肪吸引」や「脂肪溶解注射」といった外部からのアクションで部分痩せを実現する治療です。現在の一般的なダイエット外来はこちらですね。

外部施術治療は効果が確実なことがメリットと言えますが、その分治療費がかなり高くなることで有名です。気軽に治療を受けられるとは言えない金額ですね。

本当に効果があるのか不安

ダイエット外来に頼るかどうか悩んでいる方は、すでに自分でダイエットに挑戦して失敗しているケースが多いでしょう。そのため、いくら病院で医師がついてくれたとしても、本当にダイエットできるのか、という疑いが強いと思います。

しかしダイエット外来での治療は、ダイエットに1番重要な「自分がなぜ太ったのか」という点を知ることから始まります。ここが個人で行うダイエットとの大きな違いです。

改善治療を行う場合にはまず検査から始まります。血液検査、CT、エコーなどさまざまな検査をすることで太りやすさや内臓脂肪の量をチェックし、次に食事や行動を記録して分析することで生活習慣のチェックをします。

この2つのステップによって判明した体質、太りやすさ、原因などを考慮したうえで、医師が患者にあったダイエットプログラムを組むことになります。そしてそのプログラムに従い、場合によっては投薬や入院をしながら減量を目指すのがダイエット外来の治療です。

気になるけど治療費はどうなの?

美容に関わる治療と聞くと、美容外科の治療を真っ先に思い浮かべると思います。しかし外部施術治療はエステの側面が強いため、そもそも保険適用外という大きな壁があります。

実際に、脂肪吸引を受けると1部位で200,000円以上となるため、気軽に受けられる金額ではありません。

しかし改善治療では肥満が病気にかかわるものである、と診断されれば保険が適用されます。つまり改善治療の治療費は外部施術治療とは大きな差があるわけです。

具体的には20,000円から60,000が目安と言われており、先ほどの脂肪吸引より安い治療費ですね。もちろん脂肪の状態によって多少費用は前後しますが、それでも保険が適用されない外部施術治療とは比べものにならないくらい安いでしょう。

健康診断でメタボと診断されたら受けるべし

改善治療が安くなるかの境目は、肥満が健康を脅かすかどうかにかかっています。つまり健康診断でメタボと診断されたなら、ほぼ間違いなく保険が適用されるでしょう。

また、過度な過食や腹囲が急激に増えた方、BMI指数が明らかに高い方なども同様に保険が適用される可能性が高いです。

もちろんそれ以外の方でもダイエット外来は十分考慮する価値があります。実際にどれくらいの治療費となるかは診察の結果次第ですが、受診前に見積もりをとることも可能です。まずは一度相談してみることをオススメします。

肥満は病気なのか?

よく「肥満は自己管理の問題」と言われていますが、中には自己管理ではどうしようもない肥満の場合もあります。肥満は見た目の問題だけではなく、健康にもかかわる大きな問題です。

もしダイエットに失敗し続けているのなら、自分では対処しきれない原因があるかもしれないので、ダイエット外来を検討してみましょう。

(文/kaztel)

タグ:
kaztel
kaztel
2014年から活動開始。日本語好きが災いして美容師からフリーライターに転向し、自作PCを軸にしたIT系をメインに幅広く執筆中。日本語検定1級を目指して勉強中だが勉強したいことが多すぎててんてこまいな毎日を送る。

orette.jp

orette.jp

TOPへ

ページトップへ戻る