30代共働き夫婦、毎月の平均貯金額は10万円が常識だった!

節約・貯めたい        2016年06月28日

Pocket

(この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。)

30代前半で共働きをしている夫婦は多いと思います。世帯収入は少なくとも500万円から600万円ほどあるのではないでしょうか。もし、どちらかが稼いでいるご家庭の場合、世帯年収は1000万円を超えているかもしれません。

実は、世帯年収が500万円以上のご家庭の場合、毎年の貯金額は100万円以上が常識だと言います。皆さんのライフスタイルはどのようになっているのでしょうか。

世帯年収500万円のモデルケース

世帯年収500万円台のご家庭では、どのような家計簿になるのでしょうか。ここでは、『子育て主婦の無料家計簿診断』のブログをもとに、一般的な共働き夫婦(子供なし)のモデルケースを見てみたいと思います。

【手取り給与】合計38万円~43万円
月収250,000円
月収150,000円~190,000円
ボーナス0円
【支出】合計35万円前後
家賃100,000円
電気代5,000円
ガス・水道代7,000円
携帯電話代15,000円
インターネット・固定電話代8,000円
食費30,000円
生命保険30,000円
お小遣い60,000円(夫婦で30,000円ずつ)
日用品等10,000円

毎月50,000円ずつ貯金できる計算ですが、年間100万円の貯金には及びません。この場合、もし奥さんが妊娠・出産したとすると、急に赤字に転落してしまう可能性が高いです。

節約できそうなポイントは、

  • 「家賃」
  • 「携帯電話/インターネット代」
  • 「お小遣い」

だと言います。

世帯年収500万円での貯金の方法

先ほどのモデルケースで節約できるポイントを見てみましょう。

家賃

地域差に寄りますが、家賃は高くても3割以内、理想は2割で収めるべきです。上記の場合、まだ毎月20,000円程度節約できると考えられます。引越しのタイミングであれば、もう少し家賃が低い場所を選ぶのもよいでしょう。

携帯電話代/インターネット・固定電話代

携帯電話を格安スマホに代えたり、固定電話を外したりすると、節約できます。毎月のランニングコストに影響するので節約効果は高いです。月々の節約効果は5,000円程度かもしれませんが、年間で60,000円から100,000円の節約効果があります。

お小遣い

夫婦共働きの場合、それぞれがお小遣いを別にしていることも少なくありません。しかし、お小遣いは夫婦で30,000円から40,000円程度に抑えるのもよいです。月々20,000円から30,000円程度の節約効果が期待できます。

これらを行うと、毎月50,000円程度のコストダウンが期待できます。その結果、年間120万円の貯金ができるのです。

世帯年収1000万円のモデルケース

世帯年収1000万円の場合、ご家庭の状況によりますが、家計簿の無駄が多いケースも少なくありません。もし、夫婦共働きでお子様がいる場合、よくない家計簿ができ上がっている可能性は高いです。ここでは、お金に関するサイト『ももねいろ』が取り上げる世帯年収1000万円のメタボ家計簿をヒントに、コストダウンのポイントを見てみましょう。

【手取り給与】月間55万円
月収300,000円
月収250,000円
ボーナス0円
【支出】合計51万円前後
家賃150,000円
食費70,000円
光熱費30,000円
保険50,000円
通信費30,000円
教育費30,000円
お小遣い・趣味100,000円

本来、旦那さんの収入だけでも十分な生活ができるケースは珍しくありません。年間300万円程度は貯金できる見込みですが、収入の多さに甘え、ルーズな生活をするとこのような生活になってしまいます。

もし、家計簿を管理できる余裕がある場合、大幅に家計をスリムにできるので、チャレンジしてみましょう。

ルーズな家計管理に気を付けよう

ルーズな家計管理を続けていると、いくらお金を稼いでも貯金はできません。皆さんのライフスタイルの無駄な部分を見ていると、自分たちも同じようなミスをしていることに気が付くはずです。

家計簿をもとにしながらコストダウンできるポイントを探し、毎年100万円以上貯金できるような生活を目指しましょう。

(文/三堂有人)

タグ: , , , , ,
三堂有人
三堂有人
株式やFX投資に興味がある個人事業主。過去に投資で100万円損したことがある。趣味は情報商材の収集。

orette.jp

orette.jp

TOPへ

ページトップへ戻る