30代ならぶっちゃけ貯金は何円あれば安心なの?

節約・貯めたい        2016年02月03日

Pocket

30代の貯蓄額

(この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。)

将来がまだまだ見えない30代の人にとって、いくら貯蓄していても足りているかどうかわからないと思う人もいるでしょう。今回は少し余裕を見て30代でこれだけ貯めていれば安心!という金額を計算してみました。 

30代の平均貯蓄額は?

まず気になるのが「みんなどれだけ貯蓄しているの?」ということです。もちろん家庭状況も異なるので、現在の貯蓄がそのまま老後の貯蓄を反映するわけではありませんが、現在の自分の貯蓄額が多いか少ないかの一つの判断材料になるでしょう。

金融広報中央委員会がまとめた資料によると、30代の平均貯蓄額は379万円とのことです。中央値になるとさらに下がり、200万円になります。

およそ勤務年数が大学卒業から10年前後ということを考えると、毎年20万円~40万円ほど貯蓄しているという計算になるので、この間に入っているという人もいるのではないでしょうか。

今のところはこれくらいの貯蓄があるという人はとりあえず安心と言えそうです。

【関連記事】30代の1ヵ月平均貯蓄額が10万円という統計データが!

老後に必要なお金を計算してみると

とりあえず安心とわかったとしても、まだまだ油断はできません。老後が不安である一つの理由として、自分がどれくらい生きるかわからないということがあります。

ですから絶対とは言いきれないものの、安心な貯蓄額ということを考えると平均寿命プラス10年を見積もっていると、とりあえずなんとかなるのではないでしょうか。

では男性の平均寿命プラス10歳ということで90歳まで生活する資金がどれだけあれば、安心なのか多めに見積もって考えてみましょう。

これだけあればとりあえず安心!

充実した老後の生活を送るためには、定年までに貯める生活費の金額は1人あたり3000万円と言われています。これに住宅のリフォームや医療費などを上乗せして、1人あたり60歳までに5000万円あれば、かなり安心といえるでしょう。

定年までに5000万円を貯めようと思うと、23歳で働いてから60歳になるまでの38年間で割ると年に貯めるべきお金は1年あたり130万円程度になります。

働いてから10年経っている現在30代の人であれば、貯蓄が1300万円程度あれば、かなり余裕のある生活を送ることができるのではないでしょうか。

それほど貯蓄していないよ!という人もいるかもしれませんが、あくまで余裕を持った老後の生活のために必要なお金を計算しているので問題ありません。しかし、これだけ貯蓄があれば、とりあえずは安心と言えます。

【関連記事】老後に必要な生活費を真剣に計算してみた結果 

平均貯蓄額328万円、年収400万円なら何年かかる?

平均貯蓄額328万円

DODAの調べによると30代の平均貯蓄額は328万円もあるとのこと。しかし、これを本当に実現できるのでしょうか?国税局「民間給与実態統計調査」によると、30代全体の平均年収は400万円。仮にこの収入だったのして、毎月どのくらい貯めて何年くらいかかるのでしょうか?

30代で貯蓄額328万円は正直少ない

あなたもきちんと毎月貯金できていますか?もちろんやっていると答える人もいれば、やらないといけないのはわかっているのだけれど、なかなか浪費癖が抜けずに貯金することができないと思われる人も多いでしょう。

上に述べたとおり、30代の平均貯蓄額は328万円もあるようです。年収400万円でも実家暮らしの人もいれば、賃貸で暮らしている人もいるでしょうし、田舎で暮らしているか都内で暮らしているかどうかでも、この額を多いと感じるか、少ないと感じるか分かれるところでしょう。

個人的な意見としては結婚し、住宅を持っている人の貯金300万円前後というのは、ものすごく頑張って貯金をしているように思えます。

しかし、結婚などの“人生の一大イベント”を残した状態で貯金300万円というのはあっという間になくなってしまうので、黄信号なのではないかと思います。

子どもの教育費は年100万円

とは言え、やはり目的がなければ貯金は続かないもの。そこで30代の人がなぜ貯金をするのかということについて調べてみました。

  • 1位・・・子どもの教育資金
  • 2位・・・病気や災害への備え
  • 3位・・・特に目的なし
  • 4位・・・住宅取得・増改築資金
  • 5位・・・老後の生活資金

このような結果になりましたが、やはり一番大きいのが自分の子どもの将来に幅を持たせるためという意見が最も多いですね。

私立大学へ行こうというものなら年間授業料だけで100万円以上は普通にかかりますし、田舎暮らしであれば、都内の大学へ進学して一人暮らしなんてことも十分に考えられます。

ですから将来必ずお金がかかる子どもの教育資金ということで貯金をしている家庭が最も多いという結果になりました。

ここで意外だったのが3位に特に目的がなく貯金をしているという人。とりあえずお金を持っていれば安心という考えがあるようです。5位の老後の生活資金と合わせて「将来に漠然とした不安を抱えている」という30代の人が多いみたいですね。

【関連記事】なぜ、貯金に目標設定が大切なのか?貯金の計画のコツとは?

月に3万円貯金すると平均貯蓄額を楽に貯められる

それでは実際に年収400万円の人が30代の平均貯蓄額である328万円を貯金するには、具体的にどれくらい貯金をするべきなのでしょうか。

ここでポイントとなってくるのが、何年後に平均貯蓄額である328万円を目指すのかということです。

現在まだ20代で貯金できる期間に余裕があるという方は年に30万円ずつ11年間貯金できれば、330万円の貯蓄を作ることも可能ですし、5年間で平均貯蓄額に届かせようと考えれば年に60万円以上もの貯金をしなければなりません。

ここで、間をとって20代後半、あるいは30代前半という人を対象にして考えてみます。大体20代後半であれば8年間で平均貯蓄額に届けばいいでしょう。

すると、1年あたり41万円もの貯金が必要となってきます。夏と冬のボーナスで合わせて17万円貯金をすれば、月々の貯金はわずか20,000円で済みます。

【関連記事】私はこれで生活費を月3万円節約!誰でも貯金ができる方法とは?

今の生活から3万円を作るためには?

ではボーナスがそれほど多くなく、夏と冬合わせて60,000円しか貯金できない‥という人でも月々の貯金は30,000円で済むのです。たとえば毎日1,000円、ビールやタバコ、浪費をなくすとできそうではないですか?

その他にも電気代、水道代、ガス代などの光熱費も小まめに電気を消したりするなど節約できる部分があります。また、毎月の保険料などもなんとなく払い続けてしまいがちですが、ファイナンシャルプランナーなどの専門家に見直しをしてもらうことで大幅に保険料を節約できる場合があります。

生命保険や医療保険などなんとなく払い続けている方は一度、専門家に相談してみることをおすすめします。保険マンモスでは保険の専門家ファイナンシャルプランナー(FP)が自分のスケジュールに合わせて希望の時間だけでなく指定した場所で無料相談を行ってくれます。

まずは保険の見直しをすることで毎月の貯金額を増やせるかどうか検討してみることをおすすめします。保険の無料相談はこちらからどうぞ。

収入が増えたからこその貯金を

貯金が続かない人の多くは「目的がない」ため続かないのです。しかし、急病、災害、身内の不幸など悩みの種が尽きないというのも、この年齢の大きな悩みではないでしょうか。

30代、40代になれば会社での地位が上がってきて、収入も徐々に増えてきた人も多いはず。その収入を無駄に浪費するのではなく、将来に備えて堅実に貯金していくのが賢い選択になります。

頭ではわかっているのだけれどやっぱり貯金ができないという人もいるでしょう。そんなときは将来満額で返ってくる保険を利用したり、投資の勉強をして資産運用をしたりしてみるのも手かもしれません。

(文/河崎鷹大)

タグ: , , ,
河崎鷹大
河崎鷹大
現役大学生。大学在学中にネットビジネスに出会い、受験、恋愛、ビジネスなど様々な記事の執筆を手がける。 現在は輸入ビジネス、せどり、情報コンテンツビジネスなど様々なネットビジネスを幅広く手がける。

orette.jp

orette.jp

TOPへ

ページトップへ戻る