節約・貯めたい

任意整理のデメリットを赤裸々公開!こんなことが出来なくなる

投稿日:2017年9月6日 更新日:


消費者金融などの貸金業者や銀行などの金融機関からの借金で、大きな債務額を返済しなければならなくなったり、多重債務者となって借りた金額を返せなくなった場合いは債務整理を検討する必要があります。

債務整理には過払い金返還請求(厳密には過払い金請求は債務整理といわない場合があります)や任意整理、個人再生や自己破産などの方法があり、いずれの手続きも弁護士や司法書士などの専門家に相談することで、借金問題を解消します。

そんな中、任意整理はデメリットが少ない方法だといわれていますが、強いていうならどのようなデメリットがあるのでしょうか?この記事では任意整理のデメリット情報について解説します。

まずは任意整理を簡単におさらい

任意整理は、金融業者などの債権者と債務者が、裁判所を通さずに借金額の減額を交渉する方法です。

弁護士などの法律の専門家が依頼者(債務者)の代わりに交渉をしてくれ、債権額から利息分を差し引いた元本を3年から5年の期間で返済していく手続きです。

つまり、金利ゼロで返済するのと同じ状態となります。

大抵の弁護士事務所や司法書士事務所は無料相談に応じてくれますが、手続きにかかった費用などは請求されます。

それでも、このまま返済返済を続けるよりも借金の負担が軽くなる方法なのです。

任意整理のポイント

任意整理のポイントは、住宅などの高額財産を処分せずに済むところや、連帯保証人に迷惑がかからないことがあげられます。

また、弁護士などの専門家が受任してくれ、受任通知を債権者に送ったら、取立てがストップします。

さらに、個人再生や自己破産のように官報に載ることもありませんので、他人に知られる心配が不要です。

関連記事

任意整理のデメリット

任意整理は債務整理の中でもデメリットが少ないと考える人が多いようですが、全くデメリットがないわけではありません。いくつかのデメリットはあります。

任意整理のデメリットは

  • 「借金の減額が少ない」
  • 「安定収入がないとできない」
  • 「信用情報ブラックとなる」

の3つです。では、それぞれの内容について見て行きましょう。

借金の減額が少ない

任意整理は、借金の負担を軽くするといっても、大幅に削減できるわけではありません。

たとえば個人再生の場合は借金を5分の1程度に削減できますし、自己破産の場合には借金を帳消しにすることができます。

それらに比べると任意整理は大幅な削減が見込めないため、他の方法に比べるとメリットが薄いと考えられています。

安定収入がないとできない

任意整理をしたとしても、引き続き借金は継続して返済しなければなりません。借金の負担は軽くなりますが、借金自体は残るのです。

そのため、安定収入がない人は任意整理をすることはできません。

信用情報ブラックとなる

信用情報ブラックとなることも任意整理のデメリットです。

よく「ブラックリストに載る」と表現する人がいらっしゃるため、そのようなリストが実在すると思っている人が多いようですが、実はそのようなリストはありません。

そうではなく、金融取引の履歴が書かれている個人信用情報というものが個人信用情報機関にあり、金融事故を起こすと事故情報が掲載されてしまうのです。

その結果、俗称で信用情報ブラックとなるため、さまざまな制限がかかることになります。

信用情報ブラックとなった場合のデメリット

任意整理をすると、5年間は事故情報として掲載されてしまいます。その間には様々な制限がかかり、場合によっては日常生活に支障が出る可能性があるでしょう。

では、信用情報ブラックになってしまった場合には、具体的にどのような支障が出るのでしょうか?日常生活に出てしまう制限について、いくつか具体例をあげたいと思います。

住宅ローンが組めなくなる

信用情報ブラックになると、住宅ローンが組めなくなってしまいます。

せっかく住宅のために頭金を貯めたとしても、少なくとも信用情報から履歴が消えるまでは借入はできません。

クレジットカードが持てなくなる

クレジットカードの利用もできなくなります。

クレジットカードは新規発行をする場合には審査が行われ、信用情報の照会がなされます。その際に信用情報ブラックであることが分かりますので、信用情報から削除されるまでは新規発行は不可能です。

また、既に持っているクレジットカードの利用もできなくなります。一定期間は現金や入金制のプリペイドカード、即金払いのデビットカードなどしか利用ができません。

カードローンやキャッシングができなくなる

カードローンやキャッシングもできなくなります。銀行カードローンや消費者金融カードローンは、まとまったお金をすぐに融資してくれる便利な方法です。

しかし、これらも審査で信用情報を照会してから融資をするため、借入は不可能です。

ネット上では中小の消費者金融であれば借入可能としう情報が掲載されている場合がありますが、実際には不可能です。

もしも貸してくれる場合には違法な闇金融の可能性がありますので、十分注意しましょう。

ETCカードが使えなくなる

盲点なのが、ETCカードが利用できなくなるということです。

ETCカードは高速道路料金を決済し、後払いで支払うことになりますので、一時的ではありますが事実上の借金と変わりません。信用情報ブラックとなると、全ての借金ができなくなります(個人間を除く)ので、ETCカードは使えません。

高速道路では現金で支払うことになります。

携帯電話の機種変更ができなくなる

携帯電話の機種変更もできなくなります。

携帯電話の機種は分割払いとして、月額料金に上乗せされています。つまり、ローンを組んでいることになりますので、機種変更はできません。

ただし、一括払いで購入する場合には可能となりますので、各キャリアに相談してみましょう。

賃貸契約ができなくなる場合がある

基本的には信用情報ブラックとなったとしても賃貸契約は可能です。しかし、賃貸契約時に家賃保証会社を使っている不動産会社もあるため、場合によっては賃貸契約ができないこともあります。

家賃保証会社の中で、信販系家賃保証会社の場合には、信用情報照会が行われますので、その場合には審査に通らないケースがあるようです。

銀行口座が凍結される場合がある

銀行口座が凍結されるというケースもあります。もしも任意整理をする場合に、銀行カードローンが含まれているのであれば、銀行口座が凍結されてしまいます。

その銀行口座に預金が入っている場合には、その金額が返済に充てられてしまうので、任意整理をするまでに預金口座からお金を出しておく必要があります。

もしも、その口座が給与振り込みなどの入金用口座である場合には、入金されたお金が引き出せなくなる場合もあるので、事前に対処しておかなければなりません。

保証人になれなくなる

信用情報ブラックとなると、保証人になれなくなります。

保証人は社会的信用がないとなることができません。信用情報ブラックの場合は、社会的信用が保証されているとみなされないため、保証人になることはできません。

まとめ

任意整理はデメリットが少ない債務整理方法だといわれていますが、デメリットがゼロというわけではありません。

  • 「借金の減額が少ない」
  • 「安定収入がないとできない」
  • 「信用情報ブラックとなる」

などのデメリットがあります。ただ、これらのデメリットを考慮したとしても、借金の負担を軽くできる方がはるかにメリットがありますので、債務整理の専門家にまずは相談されることをおすすめします。

弁護士法人サンク総合法律事務所では24時間、借金に関する無料相談を受け付けています。全国対応で相談料無料・初期費用も¥0なので安心して相談できます。

任意整理を弁護士に依頼すると、その時点から借金の督促がストップしますので、毎月の支払いや取り立てにお悩みの方は、こちらからすぐに相談することをおすすめします。

借金問題でお悩みの方は無料相談で今すぐ解決!

保険を見直すことでお小遣いが増えるかも‥

生命保険営業マンに言われるがまま加入して保険料を払い続けていませんか?保険のプロに相談し現在加入している保険を見直すことで支払う保険料の総額が半分以下になるなんてケースもあります。

保険見直しラボ

保険見直しラボ

保険見直しラボ」は、保険の見直しや新規加入を検討している方へプロのファイナンシャルプランナー(FP)が無料で相談にのってくれる訪問型の無料相談サービスです。また、他の保険代理店やFP紹介サービスの中ではFP歴平均11.8年とトップクラスのベテラン揃いで、強引な勧誘も一切なく安心して相談することができます。

保険見直しラボ公式サイトへ

Copyright© HOW MATCH , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.