ビジネス

退職代行で失敗しないために必要な知識・手順・注意点をチェック!

投稿日:2018年11月18日 更新日:


今勤めている会社を辞めたいけど、なかなか会社に言い出せずに困っている、または退職させてくれないというお悩みを抱えている人も多いと思います。
辞められないとなると本人に多大なストレスがかかりますので、できるだけ早めに仕事を辞めたいですよね。
退職の手続きをどうにかして行いたい時におすすめの方法が「退職代行サービスを利用すること。
この記事では退職代行のサービス内容について、また退職代行サービスの選び方についても詳しく解説していきます。

退職代行業者があなたの代わりにやってくれること

退職代行業者とは、その名前の通り、退職の手続きを本人に代わって行ってくれる業者のことです。

退職の手続き以外にも行ってくれるサービス内容は以下の通り。

・退職の意志を代わりに会社に伝えてくれる
・離職票が欲しいことを伝える
・会社に出社しないことを伝える
・有給休暇の取得について伝える

業者に依頼すれば、退職の意思を会社に伝えてくれます。すぐに対応してくれるため、相談した翌日から出社しなくてもいいことだってあるのです。
もし有給休暇があるのなら、そのことも退職業者に伝えましょう。
有給休暇取得のやり取りも代わりに会社と掛け合ってくれますので、その期間に転職活動をすることもできます。

退職に関する嫌なことを請け負ってくれる、なかなか退社できない人たちにとっては心強いサービスです。

ちなみに、辞める理由を会社にいう必要はなく、考えておかなくても問題はありません。
ただ会社側とトラブルなく退職するために退職理由を伝えるケースも多いので、辞めたい理由がハッキリしているなら業者に伝えておきましょう。

利用にあたっての注意点

退職代行サービスと聞くと「本当に大丈夫?」と不安を抱く人もいらっしゃいます。ですが、退職代行は決して怪しいサービスではありません

ただ、利用の際はいくつかの注意点があるので、その点に気を付けて利用しましょう。

価格に違いがある

退職代行サービスはネットで検索するといくつもの業者が出てきます。
それぞれの業者によって退職手続きの価格が異なりますので、自分が出せる範囲の費用で請け負ってくれる業者を探しましょう。
また、依頼者の勤務形態(正社員・契約社員・アルバイト・パート)によっても違いがありますので、その点もチェックしておいてください。

退職代行の中には1万円以下で請け負うという業者もいるようですが、追加料金がかかる恐れがあります。
たとえば、「即日行動で+1万円、時間外の対応で+2~3万円」などです。
トータルで考えると、他の業者よりもかなり高い費用を払わされるということもあるため、安すぎる業者には注意しましょう。

トラブルを解決してくれるわけではない

退職代行が行うサービス内容は退職に関する手続きを代行してくれるだけです。
社内トラブルが原因で退職を考えていることもあるかもしれませんが、トラブルの解決までは行ってくれません
解決する必要のないトラブルであれば構いませんが、退職しても解決しなければならないトラブルの場合は、手続き後に利用者自身で解決する必要があります。

法的なトラブルは専門外

賃金の未払いやパワハラ、女性であればセクハラといった法的なトラブルによって退職を考える人も少なくありません。
しかし、こういった法的なトラブルに関して退職代行は専門外です。
法的なトラブルを解決するには弁護士が必要となるため、退職手続き後に別件で弁護士に相談しましょう。

退職代行が失敗するとどうなる?

退職代行に依頼すれば自分で退職の意思を伝えずに会社を辞めることができますが、万が一退職代行が失敗するとどうなるのかも気になるところです。
失敗した場合に考えられる2つのケースについて紹介します。

働いていた会社から損害賠償請求を受ける

退職代行は即日で辞める旨を伝えるため、退職に失敗すれば会社側から「業務に支障が出た」などの理由で損害賠償請求を受ける可能性があります。

ただ、損害賠償請求には損害があったという証明が必要です。なんらかの損害を証明することができれば請求ができるものの、証拠がなければ訴えることもできません。
そして、訴訟することはかなり面倒なことです。退職をしたからといって損害賠償請求をされる可能性は極めて低いといえるでしょう。

逆に勤めていた会社が未払いなどがあるブラック企業の場合は、労働者側が損害を被っているので会社側に請求ができます。請求をする場合は弁護士に相談することがおすすめです。

働いていた会社から嫌がらせを受ける

退職代行を利用してすぐに退職することによって、「会社からなんらかの嫌がらせを受けるのでは?」と心配する人も多いでしょう。
たとえば、退職後に会社から電話があって暴言を吐かれたり、会社に置いてあった私物を返却してもらえないといったことです。

退職代行サービスは退職を伝える際に、会社側に本人へ連絡しないよう伝えてくれます
多くの会社はそれを守ってくれるようですが、稀に守らずに電話をしてくる会社もあるようです。会社に置いてある私物に関しては、必ずしもすべてを返してもらえるとは限りません。退職代行を利用する前に少しずつ自宅に持って帰っておくといいでしょう。

その他にも離職票を送ってくれないというケースもあるようです。
離職票が届かないと雇用保険の手当を受け取ることができず、退職後に収入が全く入らないことになってしまいます。
離職票の送付に関しても退職代行に伝えてもらうことができます。
送付の期限を設定しておき、それまでに送ってくれないようであればハローワークに離職票を交付してもらいましょう。

ただ離職票を嫌がらせ目的で送らないことがわかれば、その会社はハローワークに次の求人を出しにくくなるので、離職票をずっと出さない可能性も低いといえます。

また、稀に転職先に悪い情報を流されるという嫌がらせもあるようなので、転職先が決まっている場合は言わないでおいた方がいいでしょう。

失敗しない退社代行業者の選び方

退職代行業者は多くいて、それぞれで特徴料金が異なります。
では、数多くある退職代行の中から自分にとってベストな業者を選ぶにはどうすればいいのでしょうか。
ここでは退職代行業者の選び方をご紹介します。

スピード

退職代行を利用する人の多くは「すぐにでも会社を辞めたい」という人がほとんどです。
そのため、相談してからどのくらいの時間で退職手続きに動いてくれるかをチェックしておきましょう。早いところでは相談した日に契約を決め、費用を振りこめば翌日には退職手続きに動いてくれます。
早く動いてくれればすぐに会社を辞めるということが叶いますので、相談をするときにいつ動いてくれるのかを確認しておきましょう。

素早く動いてくれる業者に依頼する場合は、自分自身で準備しておかなければならないこともあります。
雇用されているのであれば健康保険証の返送、失業保険の手続きなどは代行サービスは行ってくれません。退職手続き後にすぐ動けるよう準備しておきましょう。

健康保険証を郵送しても、嫌がらせ目的、または人員不足によって健康保険の消失の手続きが遅れることもあります。
手続きが遅れると国民健康保険への手続きが遅れてしまいますので、早めに手続きをしてもらわなければなりません。

これは健康保険証を簡易書留・内容証明で郵送することで対策ができますので、送る時はどちらかの方法で郵送するようにしましょう。

また健康保険を郵送する前に保険証をコピーしておくと任意継続保険者への申請もできますので、国民保険ではなくこれまでと同じ保険を希望する場合は郵送前のコピーを忘れないようにしてくださいね。

連絡の取りやすさ

あなたが退職を考えているのと同じように、全国にはすぐにでも会社を辞めたいという人が大勢います。
近年退職代行サービスを利用する人が増えており、大手の退職代行サービスは依頼者が殺到して連絡が取りづらくなっているようです。
連絡が取れたとしてもすぐに対応してもらえなかったということもあるため、できればいくつかの候補を絞っておき、すぐに対応してくれるかどうかを見ておきましょう。

利用する時はサイトに登録する必要はなく、LINEで相談できるところもあります。連絡しやすい手段を採用している業者を選ぶこともおすすめです。

料金

退職代行の会社はそれぞれで儲けている利用料金が異なります。
安いところでは3万円ですが、高いところとなると10万円もの費用がかかるところもあるのです。
自分に変わって言いづらい退職のことを伝えてくれるのはありがたいけど、さすがに10万円は高いと感じる人も少なくありません。
自分が出せる料金設定のところを選んでおくことも大切です。
料金はネットの公式HPから確認できますので、相談前に一度見ておきましょう。

万が一失敗した時は全額返金保証付きという退職代行業者もいます
ただ、退職というのは基本的には自由で、本人が辞めたがっているのに会社が辞めさせないということは違法です。
そのため退職代行を利用して退職できないということはまずないので安心してくださいね。

法的なトラブルがあった場合に弁護士を紹介してくれる

退職する際に残業代や給料の未払い・上司からのパワハラなどに対する慰謝料を請求する場合、退職代行では対応できません。弁護士に依頼する必要があります。

退職代行の中には弁護士を紹介してくれるところもありますので、もし法的なトラブルを抱えているのなら担当者に相談しておきましょう。

弁護士費用は発生しますが、未払い金も慰謝料もきちんと請求してくれるため、泣き寝入りすることなくスッキリと会社を辞めることができます。

トラブルを避けるために正しい知識を

会社を辞めたいけど言い出せない、辞めさせてくれない…今現在もこの悩みで苦しんでいる人が大勢います。

そんなお悩みを抱えている人は、退職代行を利用しましょう。
退職代行を利用すれば言い出しにくい退職を伝えてくれるうえ、もう会社に行かずに済みます。つらくて苦しい気持ちからすぐに解放されることができるのです。

転職者数は年々増加傾向にありますので、我慢してひとつの会社に居続ける必要はありません。

ただ、退職代行を利用する際はいくつかの注意点もあります。ここで紹介したことを参考に、トラブルなく退職して新しいスタートを切りましょう。
退職代行の中には転職エージェント・転職サービスの紹介をしてくれるところもありますので、次の仕事が決まっていない人は相談してみてください。

まとめ

・退職代行を利用すればすぐに会社を辞められる

・退職の意思や有給休暇の取得なども伝えてくれる

・退職代行を選ぶ時はスピード・連絡の取りやすさ・料金をチェック

・法的なトラブルがある場合は弁護士に相談を

年収をどうにかあげたいという方は、「転職で年収って本当にあがる!?転職成功者の年収アップ体験談」を読んでみてください。悩む前に、自分の年収アップ可能性を探ってみましょう!

Copyright© HOW MATCH , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.