ビジネス 節約・貯めたい

【意外と知らない】アパートとマンションの違いって?ちょっと気になる雑学

投稿日:2017年11月12日 更新日:


不動産サイトや賃貸情報サイトなどで物件情報を見ていると、マンションと書かれたものと、アパートと書かれた掲載物件があります。

検索条件にも項目がありますが、そもそもマンションとアパートはどう違うのでしょうか?詳しく解説します。

アパートとマンションの違い

賃貸住宅を探す時には、さまざまなこだわり条件を設定することと思います。間取りのm²が広いか?人気物件かどうか?敷金礼金などの初期費用はどれくらい必要か?など、さまざまです。

それらを総合的に判断して、自分に合った理想の部屋に入居できるかどうかは賃貸契約をする上ではとても大切です。一人暮らしのワンルームであろうと、家族みんなで生活する広い賃貸物件でも、しっかりと賃貸サイトや賃貸物件検索アプリなどで、賃貸物件情報を探す必要があるでしょう。

ただし、その前に、アパートとマンションの違いくらいは知っておきたいと思いませんか?まずは結論から紹介したいと思います。

法律的には違いはない

アパートとマンションの違いは、人によってさまざまな意見があります。ネットでリサーチして口コミを調べてみると、「見た目が簡易的で気軽に住めそうなのがアパート」で、「重厚感があってお洒落なのがマンション」という趣旨の意見が目立ちました。

あながち外れてはいないのですが、実は法律的には明確な区別や規定などはありません。要するに、不動産会社などがアパートと名付けるか、マンションと名付けるかだけのことなのです。

アパートとマンションの構造上の違い

法律的に明確な違いがないのであれば、アパートとマンションは全く同じものと考えて良いのでしょうか?もちろん、そのようなこともありません。不動産会社が膨大な物件数をアパートとマンションで区別する場合には、一定の基準ですみ分けをしているようです。

その基準は構造の違いです。アパートは木造や軽量鉄骨造を利用して建てられ、マンションは鉄骨や鉄筋コンクリート、鉄骨鉄筋コンクリートなどを利用して建てられています。

また、アパートは2階までしかありませんが、マンションは3階以上ありますので、アパートにはエレベータはありませんが、マンションには設置されているところがあります。住まい選びの際にはこれらを目安にすると分かりやすいでしょう。

建物の名称の違い

アパートやマンションを探していると、個別の物件に対して「〇〇アパート」や「○○マンション」と記載されていることがあります。この場合には、一目瞭然でアパートかマンションかの判断が付くでしょう。

しかし、コーポやハイツ、メゾンや○○荘などど記載されている場合には、アパートとマンションのどちらと判断すれば良いのでしょうか?実はこれらは単なる名称にすぎませんので、名称で判断することはできません。

アパートのメリットデメリット

では、具体的にアパートやマンションを探す場合には、どのようなことを意識して探せば良いのでしょうか?そこで、アパートとマンションのメリットとデメリットについて紹介したいと思います。

まずはアパートのメリットとデメリットから見て行きましょう。

アパートのメリット

アパートのメリットは、家賃相場が安いところにあります。これは、アパート自体の建築費用が安価であるため、その分が家賃に反映されて安くなるのです。同じエリアや類似の立地条件のマンションと比べると、低相場となっています。

また、家賃だけでなく、駐車場の料金も安い場合が多く、月々の支払い負担を軽減できるという特徴があります。さらに、木造のアパートの場合は、通気性が良いため、湿気が少ないというメリットもあります。

アパートのデメリット

アパートのデメリットは、隣の部屋との防音性が低いため、大きな音を立てたり、大きな声をだすと、隣に聞こえてしまいます。子供が暴れたりすると、上下の回にドタドタと大きな音が鳴り響くため、静かに生活しなければトラブルの元となるでしょう。

また、セキュリティーの面でも不安を感じる人もいらっしゃいます。アパートは一般の人でも共用スペースに入ることができますので、防犯対策を万全にすることが比較的難しいようです。

マンションのメリットデメリット

マンションにもメリットとデメリットがあります。

もちろん、アパートとマンションの差だけでなく、通学通勤エリアなのかや、駅徒歩何分なのか、どの鉄道の沿線なのかという物件情報も重要ですが、物件そのものの内容も重要です。アパートのメリットデメリットと同様に赤裸々に紹介します。

マンションのメリット

マンションのメリットは、その構造により、高い耐震性があったり、耐火性に優れているという特徴があります。日本各地で起きている震災を目の当たりにすると、少しでも頑丈な建物に住みたいと思う人も多いでしょう。防災の面に関しては、マンションに軍配が上がります。

また、防音性がアパートよりも高いため、隣の部屋や上下の部屋に音がもれにくいでしょう。多少騒いでも気づかれないことが多いようです。さらに、防犯カメラが設置されている物件や、オートロックがあるなど、セキュリティーが高いのもマンションのメリットといえるでしょう。

マンションのデメリット

マンションのデメリットは、家賃や駐車場代が高いことです。もちろん物件によって差はありますが、アパートと比較すると相対的に高くなってしまうため、大きなデメリットとなります。

また、マンションは気密性に優れているため、その分結露などが出やすいというデメリットもあります。24時間換気が義務付けられているので、ある程度解消はされていますが、アパートに比べると湿気の心配があります。

マンションとアパートのどちらを選ぶべき?

では、これから住まいを選ぶ場合には、アパートかマンションのどちらを選べば良いのでしょうか?その選択は、どちらが自分の希望条件向けなのかを判断する必要があります。

ここまでそれぞれのメリットとデメリットを紹介したように、アパートにもマンションにも良い所と悪い所がありますので、向いている人と向いていない人がいらっしゃいます。最後は、アパートに向いている人の特徴と、マンションに向いている人の特徴を解説します。

アパートを選ぶべき場合

アパートを選んだ方が良いケースは、家賃を安く抑えたい場合です。家賃の予算の範囲で適切なマンションが見つかれば別ですが、相対的にアパートの方が家賃が安いため、少しでも家賃を抑えたい場合にはアパートがおすすめです。

また、荷物が多い場合にもアパートがおすすめです。なぜならマンションは押入れよりもクローゼットによる収納スペースが多いため、アパートよりも収納しずらいという面があります。大量の荷物がある場合もアパートを検討してみましょう。

マンションを選ぶべき場合

マンションを選んだ方が良いケースは、家賃が高くても快適な住空間で過ごしたい人です。マンションはアパートに比べてオシャレである場合が多いため、快適に過ごすことができるでしょう。

また、独り暮らしの女性の場合は、特にマンションをおすすめします。マンションのオートロックや防犯カメラ、宅配ボックスなどは犯罪から女性を守ってくれますし、管理人が常駐している場合にはさらに犯罪は起こりにくくなります。

3階以上の高い部屋の場合もセキュリティー面で安心であるため、防犯上マンションの方が良いでしょう。

おわりに

アパートとマンションの違いは、法律的には明確な規定はありませんが、一般的には構造上の違いによって区別されています。

アパートもマンションも、それぞれメリットデメリットがありますので、自分の求める条件に合った方を選ぶと良いかと思います。向き不向きもありますので、それぞれの内容をじっくりと比較検討してみましょう。

保険を見直すことでお小遣いが増えるかも‥

生命保険営業マンに言われるがまま加入して保険料を払い続けていませんか?保険のプロに相談し現在加入している保険を見直すことで支払う保険料の総額が半分以下になるなんてケースもあります。

保険見直しラボ

保険見直しラボ

保険見直しラボ」は、保険の見直しや新規加入を検討している方へプロのファイナンシャルプランナー(FP)が無料で相談にのってくれる訪問型の無料相談サービスです。また、他の保険代理店やFP紹介サービスの中ではFP歴平均11.8年とトップクラスのベテラン揃いで、強引な勧誘も一切なく安心して相談することができます。

保険見直しラボ公式サイトへ

Copyright© HOW MATCH , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.