高卒で高収入を実現している人はこんな仕事をしている!

年収を上げたい        2016年03月30日

Pocket

高卒

(この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。)

高学歴は職業の選択肢は広い?

現代の日本では職業を自由に選択することができます。これは法律でも定められていることであり、私たちの権利でもあるのです。
ですが中には「学歴が低いから職業の選択肢が少ない」と自ら選択肢の幅を狭めてしまっていることもあるのではないでしょうか。

高卒では職業が限定されてしまうのか?

世の中にはさまざまな職業があります。そのどの職業にも就く権利が私たちにはあるのです。とは言ってもまだまだ高学歴=職業の選択肢の幅も広いと認識されています。

確かに、大学や短大、専門学校などを卒業しなければ就くことができない職業も存在します。そういった職業を目指すのであればやはり学歴をつけることは重要な要素になるでしょう。

ですがこれは学歴が高いからではなく、専門的な知識を身につけているかどうかが重視されることから選択肢の幅を広げることができるのです。

中には求人の募集欄で大卒以上、短大卒以上と記載されていることもまだまだ多くあり、この場合は高卒であれば除外されることがほとんどなので選択肢は狭まってしまうとも考えられます。

しかし、業種や職種に対して企業がひとつしかないわけではないので、どうしてもその業種や職種で働きたいと思うのであれば高卒をOKとしている企業を探せばいいだけのことではないでしょうか。

最終学歴が高卒だからと言って職業が限定されることはなく、選択肢が多少狭まってしまうと考えて良いでしょう。

【関連記事】差額330万円!大企業と中小企業の年収はなぜここまで違う?

努力次第では職業選択の幅を広げられる

職業の選択肢の幅を広げたいと考えた時にやはり多くの人は専門学校や大学、短大など高校を卒業して次の学歴を取得するのが良いと考えます。もちろん学歴が高ければ高いほど職業の選択肢の幅は広がっていくので間違いではありません。

ですが全ての人が専門学校や大学、短大などに進学できるわけではなく、経済的な問題なども生じてしまいます。では最終学歴が高卒のままでどうすれば職業の選択肢の幅を広げることができるのでしょうか。

短大や大学、専門学校などを卒業したことが付加価値となり、職業の選択の幅を広げることに繋がるのであれば、この付加価値という点に注目して今の自分につけることができる学歴以外の付加価値を探すのが先決でしょう。

学歴以外の付加価値の中で最も職業の選択に影響するのが資格ではないでしょうか。

実際に高卒で高収入を実現している人たち

世の中には最終学歴が高卒でも上場企業の社長など高収入を実現している人は多く存在します。

最初から大企業を立ち上げたというわけではなく、その多くは小さな事務所から始めたり、アルバイトから社長まで上り詰めたりと努力や実力次第で高卒でも高収入を実現できることを証明している人たちではないでしょうか。

言わずと知れた経営の神様、松下幸之助

「学歴がないから多くの人の力を借りる」多くの人に意見を求めたことが成功の鍵となったのが現パナソニックの創業者である松下幸之助氏です。

幼少時代は満足に学校にかようこともできない境遇で、高卒どころの話ではなく学校は小学校の3年半しか行っていないのです。文字や計算、一般的な知識は他の人に比べると劣ることばかりで知らないことばかりだった松下氏はそれを補うために素直に人に聞くこと実践しました。

これが昭和の大経営者と言われ経営の神様とも称される、日本を代表する電機メーカー・パナソニックを一代で築き上げた松下幸之助の始まりでした。

経営においても多くの人の知恵を借りることで賢い経営を行っていくことができ成功に繋がったのです。

アルバイトから社長に?吉野家の取締役、河村康貴

高校を卒業してからの5年間、吉野家の牛丼チェーンでアルバイトとして働き、その後吉野家に正社員と入社して40代前半という若さで吉野家の社長に就任したのが川村康貴氏です。

吉野家では河村氏の前任の社長もアルバイトをした経験を持つ人物は抜擢されており、アルバイト経験者からは2人目の社長就任となったのですが河村氏の最終学歴は高卒ということで更に注目されました。

吉野家傘下のうどんチェーン「はなまる」の赤字が続いていた状況を打破し、経営の立て直しに力量を発揮したことが社長就任の大きな理由となったようです。

高卒でも高収入を目指せる職業と資格!

最終学歴が高卒でも取得する資格や選択する職業によっては十分に高収入を目指すことができます。

高卒でも受験資格がある国家資格

就職で必ず必要になる履歴書の資格取得欄に何も書くものがないという状態ではやはり高卒でも職業の選択肢は狭くなってしまいますし、職業を自ら限定してしまうことにも繋がります。

国家資格は一般的には大学や短大の卒業資格がないと取得ができないと思われがちですが、実は高卒でも受験資格のあるものは多くあり、就職や転職に十分に役立てることができるのではないでしょうか。

高卒でも受験することができ、せっかくなので高収入を期待することができる国家資格を紹介しましょう。

高卒でも受験できる高収入が期待できる国家資格

  • ファイナンシャル・プランニング技能士
    個人の資産運用や金融に関するアドバイスをする仕事であり、2002年に生まれた国家資格なので比較的新しいものですが、金融機関や証券会社などでファイナンシャルプランナーとして働くことが可能です。
  • 社会保険労務士
    人事労務や社会保険の専門家です。年金や社会保険などの専門的な知識を身につけることで企業では高く評価されます。
  • 中小企業診断士
    名前の通り中小企業に対して経営課題などに対応するために診断やアドバイスなどを行い、課題解決のためにコンサルティングを行なうことができる資格です。中小企業が日本の経済を支えていると言っても過言ではない現代では今後も中小企業診断士のニーズは高まると考えられています。

この他にも高卒でも受験することができる国家資格は多くあり、中でも高収入を目指すことができるのが上に挙げた3つの国家資格です。

企業に勤めて資格を活かすだけではなく、独立開業を目指すこともできる資格なので自分の努力次第で高卒でも高収入を実現することができるのではないでしょうか。

高卒でも高収入を目指せる職業

高卒でも高収入が目指せる職業は多くあります。ですが、すぐに高収入が実現するというわけではなく、高卒でも職種や働き方によって高収入を目指すことができるのです。

高卒で高収入を実現するためには独立して高収入を目指すのか、手に職をつけるのか、経験を積むのかという3つのポイントが重要になります。

まずは安直ですが起業するという方法です。もちろん簡単に独立や企業できるわけではありません。ですが努力をすればするだけ成果を得ることができるという点では高収入を目指すことができる選択肢と言えるでしょう。

手に職をつけることでその仕事を一生続けることができ、経験を積むことで高収入を目指すことができます。大工や電気工事士、配管工など高卒からでも始めることができ、将来的には独立を目指すことも可能です。

そして最後に経験を積むことですが、これは長く続けるという意味です。長く続けることで企業内での評価は上がり給料に反映されるでしょう。生保レディや行政サービスマネージャー、運行管理者などがあり、歩合や肩書きなどが給料に反映されます。

(文/中村葵)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でHOW MATCHをフォローしよう!

タグ:
中村葵
中村葵
主婦をしながらライター業に勤しむ福岡県在住の主婦。小学1年生の息子との時間を最優先にするために在宅で仕事を続けている。人生山あり谷ありをリアルに体験したことが幸いしてなのか様々なジャンルで記事が書けるようになる。得意なことは毎週日曜日に一週間分の献立を立てて買い出しに行き材料を一週間で使い切ること。趣味は愛兎を撫でること。

orette.jp

orette.jp

TOPへ

ページトップへ戻る