副業で稼ぎたい

FXトレーダーと呼ばれる人達は一体どんな生活をしているの?

投稿日:2017年9月10日 更新日:


主婦でもサラリーマンでも出来るのがFXですが、FXトレーダーと呼ばれる人たちの生活スタイルはそれぞれです。

今回はそうしたFXトレーダーと呼ばれる人たちがどんな生活をしているのかについてみていきましょう。

FXで有名な人はどんな生活をしているの?

FXは基本的に日曜日の明け方から土曜の明け方までの時間、ずっと取引が行われています。

なので、その時間中はずっと起きて活動しているのがトレーダーと呼ばれる人だと思われているかもしれませんがそんなことはありません。むしろ、そんなことをしていたら寝不足で頭が回らず、勝てる相場でも勝てなくなってしまうかもしれません。

FX専業といわれるプロのトレーダーはむしろ、しっかり寝てしっかり起きてといった形でかなり生活リズムが整っている人が多いのです。これは、FX市場の時間による特徴とも言えるでしょう。

確かにFX市場は24時間何処でも行うことができますが、その時間によるプレイヤーの人数や空いている取引市場によって値動きが全然違うのです。

値動きが激しいと言われる時間は、日本時間で朝の8~10時と夕方の15時~17時、そして、21時~23時です。市場の状況や情報の質によっては、夜の2時まで続くことがあります。

こうしてみてみると、24時間のうち、実際に激しく値が動いている時間は合わせて6~10時間程度ということになるため、この時間に合わせて睡眠を取ったり日々の生活を行っていたりするというわけです。

日本時間で見てみると、意外と深夜帯はあまり値が動かない傾向にあるので、生活リズムが崩れにくいと言えるかもしれません。

また、FXトレーダーで利益を上げている人のトレード手法はデイトレードを使っています。これは、日に何度も取引を行い、そして取引を行っていない時はポジションを解消して億という取引手法です。

1回ごとの利益は少ないですが、何度も行うことで少ない利益を積み重ねていきます。一方で、すぐに取引を終わらせることができるので損切も早く、損失も少なくなります。

デイトレードで上手く資金をコントロールしながら、資金がなくならないように着実に利益を上げているのです。

プロトレーダーという職業

会社を辞めて自分のお金だけでずっとFX取引だけやって生きていく。もしかしたら、そうした生活を夢見てFXを始めた人もいるかもしれませんね。

ここでは、そうした専業のトレーダー、プロトレーダーのメリットとデメリットについてみていきましょう。

メリット

プロトレーダーのメリットはいろいろありますが、やはり会社勤めではないため自分の好きな生活スタイルを実践できるということに尽きるでしょう。

勝っていればだれも文句を言わないため、いつ起きていようがスーツを着て満員電車に揺られる日々といったものから開放されます。また、上司に理不尽に怒られたり、よくわからない飲み会に強制的に参加させられるなどの行為もなくなりますね。

また、都会という土地を離れた地方の都市に住むことも可能でしょう。こうした場合は、家賃などの生活物価が異様に安くなることもメリットです。

東京で家賃月10万円では1LDK程度、狭いと1Kもあり得ますが、地方では3LDKを超えてくる可能性もあります。

自分が理想とする生活スタイルを極めることができるというのは、今の生活に窮屈さや限界を感じている人にとって最高のメリットといえるでしょう。

デメリット

自分の生活スタイルを極めることができるという最高のメリットには多くのデメリットが横たわることになります。

最も大きい問題は、やはりローンが非常に組みにくい事ではないでしょうか。

会社登記が出来るほどの利益を上げることができるならば別ですが、そうでなければ、サラリーマンなどに比べてはるかに審査に通りづらくなります。

プロトレーダーになる前に、まずはクレジットカードを作っておけという話がありますが、これには頷けるものです。

また、結婚や子育てについても制限が加わってくる可能性も出てきます。特に結婚に関しては、いまだに職業による偏見や思い込みは激しいものがあるため、勤め人であったころに比べて難しくなってくるのではないでしょうか。

他にも、厚生年金が無かったり、保険に入りにくかったりする場合もあります。場合によっては、確定申告などに代表される税務処理という問題も出てくるでしょう。

勤め人であった時と比べて、どちらが良かったのかなどと悩む人もたくさんいます。

兼業している人もいる

主婦やサラリーマンが投資に参加できるという謳い文句のFXからわかる様に、やはり会社勤めをしながら片手間で資産を少しずつ増やしていこうとする人たちが増えてきています。

この頃の特に若い人たちの中には、仕事以外の方法でお金を稼ぐ方法を模索している人たちもおり、こういう人たちがFX取引にも手を出してきているのです。

これは、ダブルインカムという発想で、東芝の例を出すまでもなく、今の日本の環境は、1つの企業でずっと勤めあげれば大丈夫といった安定したものではなくなってきているためでしょう。

こうした人たちは、基本的に、値の動きやすい21時以降に集中的にトレードを行っていたり、或いは、アメリカの雇用統計やドイツ・フランスの雇用統計など、相場に影響を与えやすい情報が出る時期を狙って集中的にトレードを行うといった方法を採用しています。

また、月に20万30万といった大きな利益を上げる取引ではなく、5万円~10万円程度のささやかな追加収入程度に考えている人たちも多いのです。

こうしたFXへの姿勢は、勤め人としてのメリットを最大限に生かした美味いやり方と言えるかもしれません。

FX関連記事

FXや投資で稼ぐとはどういうことなのか

FXや投資で稼ぐ、そのお金を使って生活するということは結局どういうことなのでしょうか。それは、自分のお金を使って自分のお金を増やしていく作業であり、そうした生活スタイルというのは今までになかった生活スタイルといえるでしょう。

一般的な生活スタイルとは、朝しっかり起きて仕事場へ行き、夕方ごろに帰ってくるという規則正しいスタイルです。しかし、インターネットや流通業などの発達によって、こうした生活スタイルを維持することなく生活を続けて行くことが可能になりつつあります。

しかし、一方でこの新しい生活スタイルは、誰からも助けられない自分の道は自分で切り開くといったスタイルにほかなりません。このような生活スタイルが本当に自分に向いているのかどうか。憧れる前に、まずそうした自分との対話が最も大事かもしれません。

おわりに

いかがでしたか?

FXの専業トレーダーはヒマではありません。取引を行っていない時は海外のニュースに張り付いていたり、FXに関する参考書などを読み更に詳しくなっていくことを求められます。

また、老後の年金なども期待できないため、そうした部分も含めて生活スタイルを構築していく必要があるのです。プロトレーダーになったら、今までよりも忙しくなってしまったという人はたくさんいます。

それでも、自分の人生に対して自分で責任を負いきるというのは、大変だけどもやりがいのあるスタイルでしょう。そうしたスタイルは今後も更に増えていくことは間違いありません。

FXで負けないスタイルを確立し、ぜひ自分の人生を作っていってください。

申請するだけで最低1,745,684円を受け取れる!あと残り27名

年収をどうにかあげたいという方は、「転職で年収って本当にあがる!?転職成功者の年収アップ体験談」を読んでみてください。悩む前に、自分の年収アップ可能性を探ってみましょう!

Copyright© HOW MATCH , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.