エンタメ 副業で稼ぎたい

FXの始め方をゼロから解説!読めばあなたもトレーダー

投稿日:2018年1月3日 更新日:


FXを始めたいけれども、FXトレードとは一体どういうものなのか、どんなFX業者を選べば良いのか、分からないという人も多いようです。

FX取引は外国為替証拠金取引といって、一定の証拠金を預けることによって、少額資金でも大きな金額の売買をすることができます。上手に投資をすれば、為替相場の差による利益を期待することができるでしょう。

しかし、為替レートによっては損をしてしまうリスクもはらんでいますので、しっかりとした取引スタイルを身に着けることが重要です。そこで、この記事ではFX初心者向けに、FXの始め方を解説します。

FXってなに?特徴をご紹介

FXは、さまざまな外貨を売買することで、その差益を狙う投資方法です。たとえばドルと円の通貨ペアを注文した場合、ドルが上がればその分得となりますし、下がれば損となります。

逆に、先に売ることも可能で、買い戻す時に損益が決まります。

売買する通貨単位を上げるほどハイリスクハイリターンなりますので、リスクマネジメントをしながらトレードする必要があるでしょう。ニュースなどの情報を元に相場を予想したり、過去の値動きを表すテクニカルチャートを利用して今後の値動きを予想する人もいらっしゃいます。

少ない資金で大きな金額の取引ができる

多くのFX会社の場合、10,000通貨という単位から取引ができます。たとえば1ドル100円でドルを購入する場合、10,000通貨ということは100万円の資金が必要です。しかし、FXはレバレッジというテコの原理のような方法があり、最大25倍の金額まで取引ができる仕組みとなっています。

つまり、4万円の資金で10,000通貨の取引が可能なので、少額取引でも大きな為替差益を狙えることがポイントです。

リスクをロスカットで回避できる

FX口座開設をすると、業者に必要証拠金を入金する必要があります。これは担保金のようなもので、もしも一定以上の損失となった場合には、強制的に決済が行われ、証拠金で損失が補てんされます。

つまり、証拠金以上に損失が出ないようにリスク管理されているため、安心してトレードを行うことが可能です(ただし場合によっては証拠金以上の損失が出ることもあります)。

外貨預金よりもハイリスクハイリターン

外貨を運用して利益を目指す手法と聞くと、外貨預金との違いが分からないという人もいらっしゃいます。外貨預金は為替差がそのまま預入金額に反映されるため、とてもシンプルに外貨への投資が可能です。

一方、FXは25倍までのレバレッジをかけることができるため、外貨預金よりハイリスクハイリターンの要素を持っています。ちなみに、FXではスワップポイントといって、両国の金利差を利益として得ることも可能です。逆に、金利差で損をする場合もありますので、選択する国の金利は知っておく必要があります。

株式投資よりも資金効率が良い

株式投資にもレバレッジがありませんので、銘柄の株数×1株当たりの株価が株式資産となります。

FXはレバレッジがあることによって、少ない資金で大きな金額のトレードができるため、その分資金効率が良いということもできるでしょう。

FXの始め方の流れ

これからFXを始めようと思っても、具体的にどうやって始めれば良いのか分からないですよね?FX会社が多すぎて、どんな基準で選べば良いか分からないという人もいらっしゃるでしょうし、そもそもトレードまでの仕組みが分からないという人もいらっしゃるでしょう。

そのような人のために、FXの始め方の流れを紹介したいと思います。

1.FX会社を決める

FXを始める人が最初にしなければならないことは、FX会社を決めることです。FX会社は無料で取引口座を開設することができますし、手軽な開設が可能なので、自分に合った業者を選ぶと良いでしょう。

では、初心者にとって自分に合った業者とはどういうところなのでしょうか?最初は取引画面の見やすさで選ぶことをおすすめします。自分の取引手法が固まるまでは、取引ツールの使いやすさが重要な要素となります。

しかし、取引ツールの使いやすさは、実際に使ってみなければ分かりませんので、入り口での判断基準としては取引画面の見やすさで良いかと思います。もちろん、手数料の安さとのバランスも重要なので、各FX会社の公式サイトで、画面サンプルと手数料を見比べながら選ぶと良いでしょう。

2.証拠金を預ける

FX会社を選択したら、申込手続きを取りましょう。

指定の申し込みフォームを記載した上、免許証などの本人確認書類を提出し、自分の銀行口座を登録します。全ての手続きが済んだら、証拠金を預ける必要があります。FX会社指定の銀行口座に入金しましょう。証拠金の入金が反映されれば、いよいよトレードをすることができます。

3.トレードする

トレードを始めたら、取引画面をひとつずつチェックしながら、操作に慣れましょう。FXの取引画面にはさまざまな情報が盛り込まれています。リアルタイムの値動きの情報や、毎日のように送られてくるニュース画面、テクニカルチャートなど、しっかりと把握して利用する必要があります。

特に、テクニカルチャートは、自分流にカスタマイズすることが可能ですので、効果的に活用することができます。すぐに決済して利益を狙うスキャルピングや、1日で決済するデイトレード、数週間単位でトレードをするスイングトレードなど、取引手法によって設定すべき内容が大きく異なりますので、これらを駆使して、FXトレードでの収益を狙いましょう。

FXを始める時に必要なこと

FXは口座開設をして、トレードができる状態になったからといって、それだけで儲かるというものではありません。

しっかりとノウハウを学んで実践を繰り返さないと、ギャンブルと同じになってしまいます。では、利益を得る確率を少しでも高めるためには、どのようなことが必要なのでしょうか?

ノウハウを学ぶ

当然のことながら、投資ノウハウを学ぶことは重要です。何も学ばずに当てずっぽうに投資をするのは、大事な資金をリスクにさらすだけの行為ですので、投資をする前にしっかりと学びましょう。

学ぶ方法としては、書籍やセミナー、インターネットでいくらでも情報を得ることができます。できれば複数の情報を得たうえで、それらの共通点を見つけると、効果的に学ぶことができるでしょう。

練習をする

FXのノウハウを学んだら、学んだことを実際に練習してみましょう。FXをしてみれば分かりますが、学んだ通りに運用できるとは限りません。むしろ、イレギュラーなケースに悩むことが多いかと思います。

学んだノウハウをベースにしながら、自分のスタイルを少しでも早く見つけるために、しっかりと練習を繰り返す必要があります。ただ、初心者がいきなりお金をかけて練習するのは怖いですよね?そこで、FX会社が無料提供しているデモトレードがおすすめです。

デモトレードは、実際の値動きを元に、本当のお金を使わずに練習ができますので、コンスタントに利益を得ることができるようになるまで、しっかりと練習しておきましょう。

少額で実践する

デモトレードでは利益を出せるのに、本当のトレードでは利益がでなくなるという人もいらっしゃいます。

その一番の理由は、本当のお金だと、損をした時に取り返そうという意識が強くなるからです。損を割り切って決済する損切注文の練習は、本当のトレードでしか身に付きにくいため、少額のトレードで実践すると良いでしょう。

まとめ

FXは、レバレッジをかけることによって、少ない資金で大きな金額の取引が可能であるため、その分、ハイリスクハイリターンの取引といえます。しかし、そのリスクの部分には、証拠金を担保とすることで、ある程度回避できるようになっていますので、安心してトレードをすることが可能です。

FXを行うには、しっかりとノウハウを学び、デモトレードなどで練習を繰り返してから行うと良いでしょう。遠回りな気がするかも知れませんが、利益に対しては最短距離だと思います。練習を繰り返すことで、自分の投資スタイルを確立していただければと思います。

年収をどうにかあげたいという方は、「転職で年収って本当にあがる!?転職成功者の年収アップ体験談」を読んでみてください。悩む前に、自分の年収アップ可能性を探ってみましょう!

Copyright© HOW MATCH , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.