高卒VS大卒!”本当は”どっちが高年収を狙えるのか!?

年収を上げたい        2016年01月10日

高卒vs大卒

(この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。)


  • 高卒で大企業、生涯年収は大卒より2割高い!?

    ――2005年。高校2年生の夏、祖父と二人暮らしをしていた私は「高校を出たら就職」と考えていたため、就職説明会に参加しようとしていた。すると、担任の教師が「お前は将来のことを考えて進学しなさい」と、私を進学説明会に連れて行くというできごとがあった。

    今にして思うと、いったん社会に出て「社会人」と呼ばれるようになれば、高卒よりも大卒のほうが生涯賃金が高いという常識があるからだろう。現在の日本社会では、こうした学歴による格差がまことしやかに語られることが多い。

    しかし実際には、大企業に勤める高卒社員のほうが、中小企業で働く大卒社員よりも仕事を通して生涯で得られる収入は2割ほど高いらしい。

    大卒の生涯賃金は5000万円高い

    同じ民間企業に勤務し続けた場合や公務員の一般職の場合、仕事内容にもよるが一般的には高卒より大卒の社員のほうが生涯賃金が高い。高卒2億円に対し、大卒は2億5000万円稼いでいるという。4年間遅く入ってきた大卒社員が、高卒社員よりも5000万円も多くの給料をもらっているのが現実だ。

    私の祖父は戦前生まれで、中学を卒業してから左官として働いていた。つまり、高等学校に入学さえしていない。また、私の親族や親の知人・友人にも大卒や専門学校卒の人はいないから、試験を受けて大学などへ進学するという概念自体が希薄だったのだろう。しかし、大卒と高卒の生涯賃金を比較すると、当時の担任が大学進学を勧めた理由はよく分かる。

    やはり一般的には、本人の力より学歴の方が重視されているのが現実だ。

    【PR】年収500万以上の求人が常時多数掲載!リクルートエージェントでじっくり自分に合った高年収の求人を探せます!

    「高校から大企業」は「大学から中小企業」に勝る

    ところが、じつは高校卒業で大企業に勤めた場合のほうが、大卒で中小企業へ就職するよりも生涯賃金は高い。大卒社員が1億9500万円であるのに対し、高卒社員は2億3000万円もらっているからだ。大卒で大企業の社員には2000万円劣るが、大卒で中小企業の社員よりも3500万円多くもらっているという。

    私の経験上、公務員試験を受験して合格し、地方公務員や国家公務員になるということでもない限り、高卒から大企業というルートのほうが、大卒から大企業へ就職より有利だと思う。その理由は、地方の私学大学から大企業という選択肢があまり現実的ではないからだ。

    景気動向に左右される側面もあるが、多くの場合、国公立大学や私立の有名大学でもない限り大学名でふるい落とされてしまうだろう。東京は私たち地方大学出身者に冷たいものなのである(私は威張れるほどの学歴もないが)。

    さらに、私の世代(1987年生)の大学生は、浪人していない限り2008年のリーマン・ショックを経験している。当時、私は大学3年生だったが、いくら書類を送っても、就職面接に出向いても、一向に内定が出ない。10社以上の書類審査や面接に落ち、地元の信用金庫や中堅メーカーなどから「お祈り通知」が何通も届いた。

    「お祈り通知」が何通も届いた

    一方、私と近い世代の人たちはどうだろうか。

    私の友人であるMという一歳年下の男は、2005年に工業高校を卒業後、静岡が世界に誇る某大手機械メーカーに就職した。彼は毎年有給をほとんど消化し、夏・冬のボーナスも数ヵ月分出ている。私は有給消化の経験もなければ、給料1ヵ月以上のボーナスが出たこともないので、会社員時代の収入や待遇では完敗しているだろう。

    メーカーや技術系が狙い目

    景気動向がよいときに高卒で大企業に就職するのと、未曽有の大恐慌のさなか大卒で大企業に就職するのは、当然前者のほうが有利だ。また、大学選びを間違えると、そもそも大企業の門戸が開かれていない可能性もある。

    高卒から大企業へ就職する方法は実業系の学校を卒業することだ。たとえば工業高校や商業高校などでは、学校教育の課程で専門の資格試験や認定試験、あるいは国家試験などを受け、実務的な資格を取っていることも多い。ビジネス専門学校を卒業してから、という考え方もあるが、実業系の高等学校卒業者でも、本人の能力や資格次第ではあまり変わらないといえるだろう。

    実際、私の友人Mは工業高校から機械メーカーの工場作業員へ、私の高校の同級生Nは商業高校から大手印刷会社の総務へ、それぞれ就職している。Nとは連絡を取っていないが、Mは最近出世コースへ乗ったらしい。また、最近結婚したこともあって、順風満帆な人生を送っている。

    世間一般の声を聞いても、「工業系からメーカー系の大企業は就職しやすい」という声が少なくない。下手に地元の中堅大学へ進学するよりも、大企業へ入社できるチャンスは多いだろう。

    エンジニアやデザイナーなどの職種も

    特にエンジニアやデザイナーなどのクリエイティブ職が慢性的に不足しているIT業界やゲーム業界は一流企業へ入社できるチャンスがさらに広がるだろう。

    エンジニアやクリエティブ職の方は、このようなIT業界に特化した転職エージェントを活用してみることをおすすめする。

    おわりに

    今の時代、大企業に就職することが必ずしも正解だとは言えない。親御さんの気持ちとしては、企業規模を重視するよりも「大学くらい進学して欲しい」という声も増えているようだ。

    しかし本人の生涯賃金を考えると、大卒者であることのメリットはそれほど多くない。同じ規模の会社で正社員になるのであれば、実業系の高校から就職というルートもアリかもしれない。

    (文/安藤悟・エストリンクス

    合わせて読みたい

    タグ: , ,
    安藤悟
    安藤悟
    1987年、静岡県出身・在住。株式会社エストリンクス代表取締役社長/静岡のローカルWEBマガジン「miteco」( http://miteco.jp/ )編集者。10年以上ロックバンド活動を続けている。愛聴するジャンルはシューゲイザー、ポストロック、激情ハードコアなど。主に、音楽とお金についての話題を執筆する。

    TOPへ

    ページトップへ戻る