節約・貯めたい 雑学

マンションを売りたい!売却と買取の方法があるのを知っていましたか?一体どっちがお得なの?

投稿日:2017年10月23日 更新日:


マンションを売る時には、売却と買取の方法があります。どちらも買主と売主が物件を売買することには変わりませんが、売買状況は大きく異なります。

この記事は、マンションを売る時の不動産売買取引の基本情報と、メリットデメリットを紹介します。

マンション売却と買取の違いとは?

マンションを売りたい時、売却する方法と買取りしてもらう方法があることをご存知でしょうか?

担当者である不動産会社の営業マンの説明や、不動産サイトの説明では理解できなかったという人も多いようですので、まずは売却と買取の違いから説明します。不動産屋さんに相談する前の予備知識として知っておきましょう。

売却の場合は買主が個人

売却の場合は、買主は個人となります。不動産業者が仲介してくれ、物件の価値や周辺の不動産価格情報などを参考に、販売価格を決めます。それに基づいて広告を出し、それを見た購入検討者との間で売買契約が決まれば、仲介手数料を支払います。

つまり、個人間の不動産取引に、不動産業者が間に入り、成約を目指すのが売却の方法です。

買取の場合は買主が業者

買取の場合は不動産購入業者に依頼することになります。厳密には開発業者や建設業者、投資業者など、不動産業界に関わる業者が土地や建物を買い取り、加工した上で再度販売を行います。

不動産買取価格査定を行った上で、査定額が決められ、購入した費用よりも高値で売れれば転売成功となります。こういった業者に売るのが買取の特徴です。

売却の場合のメリット・デメリット

売却は、不動産取引においてどちらかというと馴染み深い方法ではないでしょうか?マンションを購入をした際にも、不動産会社を通して購入しているかと思いますので、売却する側のことも何となく先ほどの解説のイメージが付きやすいかと思います。

では、売却の場合には、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?それぞれ具体的に解説します。

売却の場合のメリット

売却の最大のメリットは、買取よりも高く売れるということです。マンションを売る場合、どうせなら少しでも高い成約価格で処分したいものですよね?

住宅ローンを組んでマンションを購入した人の場合には、ローン残高よりも低い金額であれば、オーバーローンとしてローンだけ残ってしまいますし、新たな物件を購入したい場合には、購入のための資金が必要です。

売却時の値段という意味においては、買取よりも有利であるため、とても大きなメリットといえるでしょう。

売却の場合のデメリット

売却の場合のデメリットは、「成約までに時間がかかる」「売却金額の予想がつけにくく、資金計画が困難」「売却が人に知られる可能性がある」などがあげられます。

売却は募集をしてから成約までの間に、3か月~6か月程度の時間がかかるといわれています。早く物件を売りたくても、物理的な時間が必要となるので、急ぎの場合には適していません。

また、売却金額は最初の販売希望価格では売れない可能性もあるため、売却金額の予想が付きにくいというデメリットもあります。その結果、資金計画を立てるのが難しくなるので、計画性を持ちにくいこととなります。

また、広告を出すことによって、ご近所さんや友人知人などに売却を知られるケースもあり得ます。そういったことも想定しておく必要があるでしょう。

ちなみに、売却のメリットデメリットを見比べると、圧倒的にデメリットの数が多いように見えますが、数を補うほど価格メリットが大きいため、売却が悪いというわけではありません。

買取の場合のメリット・デメリット

買取の場合にはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?こちらの場合も赤裸々に紹介します。

買取の場合のメリット

買取のメリットは、「成約までのスピードが早い」「資金計画が立てやすい」「売却していることがバレにくい」「悪条件の物件も買い取ってもらえる」などがあげられます。

売却の場合は業者にもよりますが、早ければ3日~1週間ほどで成約となる場合があります。急いで売りたい場合には大きなメリットとなるでしょう。また、早く金額が分かることからも、資金計画が立てやすいこともあります。マンションを売却する場合には、大きなお金が動きますので、今後の資金計画を早めに立てれることも重要な要素でしょう。

さらに、買主は業者であるため、売却していることが周囲にバレにくいこともありがたいところです。住んでいるマンションであれば、売ることを引け目に思う人もいらっしゃるようですが、その心配もありません。

そして、悪条件の物件も買い取ってもらえる可能性があります。売主が思う好条件と、不動産を求める業者が思う好条件は必ずしも一致しませんので、売り主が悪条件だと思っても、しっかり買い取ってもらえることは多いのです。

買取の場合のデメリット

買取の場合のデメリットは、金額が売却より安くなることです。これはマンションを売却したい人にとっては最大のデメリットとなるでしょう。買取の場合に金額が安くなってしまう理由は、不動産会社が買取をする時の諸費用や、転売する場合の利益分があるからです。

ただし、業者によっては高値で買取ってくれるところもありますし、業者が収益を期待する好物件であれば、売却に近い金額で買取られることもあります。業者選定は、一括査定などを行って、高く買取ってくれるところを探すと良いでしょう。

売却と買取の向き不向き

ここまで、売却と買取の違いについて基礎から解説し、それぞれのメリットとデメリットを紹介させていただきました。では、結局のところ、売却か買取かどちらを選べば良いのでしょうか?

実は、選ぶべき方法は、マンションを売りたい人の状況によります。つまり、売却に向いている場合と、買取が向いている場合は、状況によって異なるのです。最後は売却と買取の向き不向きについて、それぞれの内容を見て行きましょう。

売却が向いている人

売却が向いている場合の特徴としては、マンションを売却したい時期を急いでいない場合や、リフォーム代などの目に見えないお金が要ったとしても問題がない場合などがあげられます。

また、売却の場合は、まだマンションに住んでいる状態で販売することもあるため、住んでいる部屋に、内覧者が来ることも想定しなければなりません。住まいに内覧者が来ても問題ないという場合も、売却の選択の条件となります。

さらに、売却していることが、周囲にバレても良いということも、売却を選ぶ時のポイントとなりますので、頭に入れておきましょう。

買取が向いている人

買取が向いている場合の特徴は、マンションを売って得ることができるお金の用途が決まっていて、必要な時期も決まっている場合です。急ぎの場合などは買取の方が向いているといえます。

また、マンションを売ることを周囲にバレたくない場合も買取の方が良いでしょう。売却を知るのは売る時の関係者のみと、最小限で済みます。そして、最も多きなポイントは、売る時の価格です。マンションの売値が安くなることを覚悟できるかどうかも、買取を選ぶ時の重要な要素です。

マンションがいくらで売れるのか知りたい!

マンションをより高く売りたいと考えている方は、売却の方が良いでしょう。より高くマンションを売却するポイントは、多くの査定の中から、より高い金額で売却できる不動産会社を選ぶことです。

そんな方におすすめなのが、不動産一括査定サイトを利用することです。ここでは無料で利用できる不動産一括査定サイトをご紹介しましょう。

HOME4U(ホームフォーユー)

NTTデータグループが運営するHOME4Uは、2001年に日本初のインターネット不動産一括査定サービスを開始し日本最大級の不動産一括査定サイトの一つです。

日本全国、約900の不動産会社が参加するしているため、都心だけでなく不動産売却を考えている地方の方でも、その地域に精通した企業に査定を依頼することができます。

簡易査定、訪問査定と用途に合わせて査定方法を選べるのも大きなポイントで、まだ本当に売却するか迷っている方でも安心して利用できます。

すまいValue

すまいValueは不動産業界をリードする大手6社が運営する不動産売却サイトで、国内の不動産流通の4割以上を占めている大手6社の査定を受けることが可能です。

まずは大手の査定額を知りたいという方にはこちらがおすすめで、大手ならではの安心感やサービス力、年間10万件以上という売却力も大きな魅力です。

特に都心の不動産を売りたいという方は、すまいValueでの一括査定をおすすめします。

ソニー不動産

ソニー不動産の大きな特徴は売主だけの味方に立つ、エージェント制という点です。

一般的な日本の不動産仲介では、売主と買主の間に入る「両手仲介」の形をとりますが、ソニー不動産は売主だけの味方に立つ「片手仲介」の形をとります。

よって売主主義の不動産仲介営業マンが代理人としてつくため、より売主に有利な形での売却が期待できるでしょう。

まとめ

マンションを売る時には、売却と買取があり、それぞれは売り主が異なることによってさまざまなメリットとデメリットがあります。

売却は主に急いでいなくて、少しでも高く売りたい場合にオススメの方法で、買取は安くなっても早く売りたい場合にオススメです。

それぞれの特徴を理解した上で、自分にはどちらが良いのかを熟慮し、ベストな選択を目指しましょう。

保険を見直すことでお小遣いが増えるかも‥

生命保険営業マンに言われるがまま加入して保険料を払い続けていませんか?保険のプロに相談し現在加入している保険を見直すことで支払う保険料の総額が半分以下になるなんてケースもあります。

保険見直しラボ

保険見直しラボ

保険見直しラボ」は、保険の見直しや新規加入を検討している方へプロのファイナンシャルプランナー(FP)が無料で相談にのってくれる訪問型の無料相談サービスです。また、他の保険代理店やFP紹介サービスの中ではFP歴平均11.8年とトップクラスのベテラン揃いで、強引な勧誘も一切なく安心して相談することができます。

保険見直しラボ公式サイトへ

Copyright© HOW MATCH , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.