節約・貯めたい

リストラや定年の心配なし!アパート経営で収入を得よう!リスクや対策を徹底調査!

投稿日:2017年7月16日 更新日:


サラリーマン大家さんが話題になって、アパート経営を検討する人もたくさんいます。たくさんの土地をお持ちの資産家さんはもちろんのこと、一般的な会社員の副業としても検討される時代です。

お給料にプラスアルファの収入を確保できたら、生活は随分楽になります。万が一リストラということになっても一定の収入源を確保している分、心のゆとりにつながるはずです。

ここでは、投資先としてアパートを選ぶとどんなメリットがあるのか考えてみましょう。アパート経営の儲かる仕組み、特徴を理解しておくことで不動産投資の基礎を学べます。

大家さんとしての収入が安定すれば、年金生活になったときも安心です。知っておきたいリスクまで一通り理解して、自分に合った資産運用手段と言えるかを判断しましょう。

アパート経営の仕組み

アパート経営やマンション経営と言っても、儲けの出し方は同じです。収入から支出を差し引いて残ったものを利益とします。基本的な流れですが、土地を確保して建物を建築、入居者を募集して毎月の家賃を得ていきます。

何年かたって前の入居者が退去したら、お部屋をきれいに整えて次の入居者を探していく仕組みです。ところで、不動産収支の支出と収入にどんなものが当てはまるのかを確認しておきましょう。

アパート経営の収入

賃貸物件を貸した相手から受け取る家賃収入のほか、入居時の礼金を考慮します。ローンを完済したところで物件を売却して、値上がり益を確保する投資家さんなら譲渡所得も収入です。

広い土地をお持ちなら、駐車場を貸すなどの方法で追加収入も見込まれます。

アパート経営の支出

物件を建設するためにかかる資金、入居者募集のための仲介手数料が含まれます。物件の管理を専門業者に依頼している場合、管理費用を考慮しましょう。

入居者が変わるときには、原状回復費用が必要です。物件価値を維持するためには、修繕費用がかかります。

土地を買って建物を建てるときにローンを活用していたら、金利負担も考えましょう。一定の資産を持つことになるため、固定資産税もかかってきます。

収入と支出のバランスを考えてキャッシュフローをプラスに持っていくことで、アパート経営の儲けがでます。収入を増やす工夫、支出を減らす工夫をすれば収益性が高まって、安定した利益が見込まれる投資です。

年単位の収支を把握するだけでなく、出口戦略まで含めた計算が必要でしょう。5年後・10年後など一定の区切りごとに収支がどう変化していくかを予想して、儲けがでやすい状態へと持っていきます。

アパート経営の特徴

アパート経営は、少ない自己資金からはじめられる魅力的な投資です。生命保険代わりにも活用できて、相続対策を考えている人にも安心でしょう。

自分の老後不安から、オーナー業をはじめる人もいます。アパート経営の特徴について、もう少し深堀りしながら項目別に見てみましょう。

ローンを組んでの投資が可能

土地や建物を担保にしてローンを組める特徴があって、自己資金が限定される状況であっても高い資産運用効果を期待できます。頭金を抑えてまとまった投資をすることでレバレッジ効果が働き、費用対効果を高めていくねらいです。

不動産という資産が残る

お金を使ったら後には何も残らない投資と違って、土地や建物が手に入ります。株やFXのように見えないものを扱うわけではないので、比較的安心感が強い資産運用手段と言えるでしょう。

建物の価値がゼロになってしまった場合も、土地は変わらず残ります。土地の値上がり益だけをねらう不動産投資家もいますが、アパート経営とは一線を画するものです。

生命保険代わりになる

アパート経営にあてる資金をローンで調達する場合、団体信用生命保険に加入します。支払いが終わる前に契約者にもしものことがあった場合には、返済を肩代わりしてもらえる仕組みになっていますので、生命保険代わりに活用できます。

ローンがなくなった賃貸物件と定期的な家賃収入を遺すことで、子供や妻の生活も安心でしょう。毎月決まった収入が入ってくるだけでも随分生活が楽になって、遺族の家計は安定します。

私的年金の確保

オーナー業には定年がありませんから、老後の生活資金を確保する手段になります。年金だけでは豊かな生活を送ることが難しい世代でも、自分に対する備えがあれば安心です。

毎日通勤して作業する仕事ではないため、身体に負担もかかりません。

景気に左右されにくい

住宅に対する需要がゼロになることはなく、景気に左右されにくいところも魅力です。人が生きている限り必ず必要になるものだからこそ、手堅い投資手段と言えます。

不動産価格は急激な変化を起こしにくく、安定した収益を出しやすいところも魅力です。株式投資やFXのように毎日相場とにらめっこになる必要はなく、副業からでもスタートできるメリットがあります。

節税につながる

不動産投資で赤字がでた場合、給与所得と相殺することで節税効果が期待されます。ワンルームマンション投資と比較すると土地の割合が高いため、一定の相続税対策効果も期待されるものです。

相続税を考えるほど資産をお持ちの方はもちろん、親から受け取った土地活用手段としても検討されます。

リスクと対策

アパート経営の最大の心配事といったら空き家リスク。アパートを新築してすぐ入居者が決まれば安心ですが、空室が続くと家賃収入は入ってきません。

駐車場経営などと比較してまとまった建設費をかけているので、いつまでもお金が入ってこない状況では困ります。家賃保証システムを使うにしても、どんな会社に頼めばいいのか迷うものです。

家賃保証会社が倒産すれば約束した金額が入ってこないばかりか、家賃保証前提の計画が崩れます。

これから土地活用を考えている不動産所有者なら、コインランドリーや駐車場などいろいろな選択肢がある中からアパート経営を選んでいいものかお悩みでしょう。

相続人のことまで考えたらしっかりとした相続対策をしたいものですが、どのような建て方をすればいいのか不安です。

物件の競争価値をあげて一定の家賃額を維持するためには、施工会社の選択も重要でしょう。専門家から見て安心できる会社に相談すれば、失敗を未然に防ぐことができます。

不動産投資に関するあらゆる悩みを一手に引き受けてくれるセミナーがあるとしたらどうでしょう。相続不動産などをお持ちの資産家はもちろん、これから不動産投資をはじめようとしている人の不安を解消する場所です。

非公開・新規登録物件の紹介、専門家から気になる疑問の回答をもらえる相談会など個別対応もお願いできます。記事を読んでいるだけでは漠然としたイメージしか持てない方でも、具体的な数字やアプローチがはっきりすると今とるべき行動が見えてくるもの。

1人で悩んでいるよりも、アパート・マンション経営をサポートするセミナーに行ってみましょう。

終わりに

資金の流れと儲けの仕組みを確認すれば、堅実な投資手段と言えるのがアパート経営。老後資金の準備や相続に関する悩みを一手に引き受けてくれる便利な資産運用先です。

一定のリスクを伴うためしっかりとした対策は必要ですが、信頼できる専門家のサポートを受けて進めていけば、手堅い経営ができるでしょう。

空室をなるべく少なくして安定した儲けを出すことが、アパート経営成功の秘訣です。無計画に進めると、なかなか入居者が決まらずに資金繰りで難航するケースもあります。

大家さんと聞くと特別な資産家が挑戦するイメージがありますが、安定した年収があれば会社員の副業からでもスタートできて、まとまった資産形成も可能です。

豊かでゆとりある老後を過ごすためにも、最初の一歩を踏み出してみるのはいかがでしょうか。

まとめ

  • アパート経営は、安定的な収入が見込める可能性も。
  • 株やFXなどの投資に比べて多くのメリットがある。
  • 失敗しないために(空室を減らす)セミナーに参加し、しっかりとしたリスク管理が重要。

保険を見直すことでお小遣いが増えるかも‥

生命保険営業マンに言われるがまま加入して保険料を払い続けていませんか?保険のプロに相談し現在加入している保険を見直すことで支払う保険料の総額が半分以下になるなんてケースもあります。

保険見直しラボ

保険見直しラボ

保険見直しラボ」は、保険の見直しや新規加入を検討している方へプロのファイナンシャルプランナー(FP)が無料で相談にのってくれる訪問型の無料相談サービスです。また、他の保険代理店やFP紹介サービスの中ではFP歴平均11.8年とトップクラスのベテラン揃いで、強引な勧誘も一切なく安心して相談することができます。

保険見直しラボ公式サイトへ

Copyright© HOW MATCH , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.