コスパで語れるのか!?約340万円もかかる結婚式

節約・貯めたい        2017年02月13日

コスパで語れるのか!?約340万円もかかる結婚式

(この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。)


  • 「そろそろ娘のウェディングドレス姿が見たい」と、義理の両親に会うたびにつつかれている私(28歳)。結婚式にかかるお金(と、時間も)を考えると、なかなか準備しようという気持ちにならないのも本音です。

    結婚式に300万円以上支払う価値はあるのか!」と、私は宣言したい……。そこで、今回は義理の両親にプレゼンテーションを行うべく、「結婚式のコストパフォーマンスが高いか・低いか」を調べてみました!

    全国平均約340万円!やっぱりお金がかかる結婚式

    2014年、日本全国での婚姻数はおよそ65万件。そのうち、実に半数以上が結婚式を挙げていないと言います。ちなみに、入籍はしたけど結婚式を挙げていないカップルのことを「ナシ婚」と言うそうです。

    挙式を行わない最大の理由は、やっぱりお金なのだとか。『ゼクシィ結婚トレンド調査2014』によると、結婚式の費用は全国平均で約340万円でした。340万円というと、20代後半の平均年収に相当する額であり、一人暮らしはもちろん、実家暮らしの方でも難しい金額ではないでしょうか。

    それを裏付けるかのように、「経済的事情から結婚式を挙げなかった」という意見が多く見受けられます。結婚式場選びの情報提供サイト「みんなのウェディング」の調査結果を見ると、お金がかかるから結婚式をしないカップルが増えているようです。

    全国平均約340万円!やっぱりお金がかかる結婚式

    同世代の私からすると、結婚式のコスパを考え、「ナシ婚」したくなる気持ちも分かります。ここまでは、プレゼンテーションも有利に進められそうです。

    なんと7割以上が不満!“こんな理由”で後悔しました

    プレゼンテーションを成功させるには、市場調査が欠かせません。特に、一般消費者の口コミや意見は訴求力が高くなり、感情にも訴えかけるはず。そこで、義理の両親へのプレゼンテーションの説得力を持たせるために、「ナシ婚」をしたカップルたちの気持ちについて調べてみました。すると、事態は思わぬ結果に……。

    全国のカップルのうち、半数以上が「ナシ婚」をしている現状ですが、実に7割以上が「結婚式をしなくて後悔した」と言います。意外なことに、「両親に感謝の気持ちを伝えられなかった」という理由が1位。また、「両親にウェディングドレスを見せたい」など、自分たちの気持ちよりも、両親に対する後悔の念が先立つようです。

    アレ!?

    思っていた答えと違う!!

    「面倒くさいし、両親からも挙式をしなくてよいと言われたし、仕事も忙しくて……。」なんて言っていると、そのうち結婚式を挙げないことを後悔してしまうかもしれないと感じました。やっぱり、挙式はしたほうがよいのか?

    せっかくならド派手にやりたい!?生涯一度の結婚式

    ぐるなびウェディングの調査によると、「ナシ婚」をしたカップルの親は7割以上が挙式を望んでいるという調査が出ています。なるほど……義理の両親が言うことはもっともかもしれません。

    私の妻は5人家族で祖母・両親・兄・妹という家族構成です。兄(私の義理の兄にあたる)は、当面結婚する予定もなさそうなので、自然と娘(妻)にかかる期待値が高くなってしまうこともうなずけます。

    そう考えると、毎回つつかれているのは申し訳ないことをしているのではないかと思い、私自身が「結婚式をすべき」側に意見が変わってしまいました。やっぱり、結婚式は生涯に一度のイベントだろうし、いいものですよね。結局、コスパじゃなくて人の気持ちだなと思いました

    せっかくならド派手にやりたい!?生涯一度の結婚式

    ちなみに、私は「どうせやるならド派手にやりたい」と思うタイプです。結婚式でも、340万円どころかローンを組んででも、東京ドームで式を挙げ、リリーフカーとともに入場などのイベントをやってみたいです。そのためには、仕事が大切なので、締め切りが過ぎた原稿をあと●本こなさなければ……。お義父さん!お義母さん!入稿するまで待っていてください!

    (文/安藤悟・エストリンクス

    タグ: ,
    安藤悟
    安藤悟
    1987年、静岡県出身・在住。株式会社エストリンクス代表取締役社長/静岡のローカルWEBマガジン「miteco」( http://miteco.jp/ )編集者。10年以上ロックバンド活動を続けている。愛聴するジャンルはシューゲイザー、ポストロック、激情ハードコアなど。主に、音楽とお金についての話題を執筆する。

    TOPへ

    ページトップへ戻る