副業で稼ぎたい

不動産投資って?年収を上げてお財布を肥やす方法

投稿日:2016年5月19日 更新日:


土地を持っているのなら、空き地のままにしておくのはもったいないです!空き地のままにしておくと収入はゼロ。それどころか、土地所有者に課せられる固定資産税を支払わなければならないので、逆に出費が増えてしまうんですね。

ところが、不動産投資に活用すれば収入を増やすことができます。毎日労働することなく年収をアップさせることができるのは不動産投資の魅力ですね。

不動産投資はアパートがいい?駐車場がいい?

空き地を不動産投資に活用する方法は大きく分けて2つ。ひとつは家やアパートを建てて貸し出すこと。もうひとつは駐車場にして貸し出すこと。

アパート経営は軌道に乗れば高い収入が期待できますが、アパート建造のために高い費用がかかることや、メンテナンスやその他の管理に手間がかかるなどのデメリットもあります。数年たてばリフォームも必要になりますね。

その点、駐車場経営なら、簡単なものでは空き地を均してロープでラインを引くだけでOK。月極駐車場として貸し出せば安定した収入が期待できます。駐車場経営は初期出費が安いことと、管理が簡単だというメリットがあるのです。

コインパーキングにするという選択肢も

所有している空き地が住宅地にあるのなら、さきほど触れたような月極の駐車場経営で十分でしょう。でも、もしも空き地がかなり広く、そのうえ駅前など人通りの多いところにあるのならコインパーキングの方が高収入が狙えると考えられます。

コインパーキングにするためには初期費用が多少かかりますが、年収アップには向いています。管理もアパート経営よりは楽です。コインパーキングの機械がお金を溜めてくれるので、お財布は自然と肥えていくでしょう。

駐車場経営にかかる初期費用は?

駐車場経営にかかる初期費用についてお話しますね。

一番簡単な方法は除草し、ロープでラインを引く方法。業者を頼まないで自分で作業すれば、初期費用は1,000円以内に収まるでしょう。

砂利を敷いたりコンクリートを流したりすると、タイヤで地面がえぐれたり雨の日に足もとが悪くなるということを避けられます。それに、草も生えにくくなるのであとあと管理が楽です。

砂利を敷くなら費用は1平方メートルあたり1,500円から2,500円くらいが相場です。砂利は自分で購入して均等に敷くのはかなり大変な作業ですので、砂利を運んできて敷く作業は、砂利を購入したお店に頼むのが一般的です。駐車場の広さにもよりますが、立方メートル単位で購入し、トラックで運んでもらって敷き詰めるのが普通です。

コンクリートを流すなら、費用は1平方メートルあたり2,500円から5,000円ていどになります。どうして値段に開きがあるのかというと、コンクリートの種類や、敷くときの厚みによって値段が変動するからです。それに、地域によってもコンクリートそのものの値段に差があります。また、空き地の状態によっては施工費、残土処分などにさらに費用がかかるので要注意。いちど業者に頼んで、見積もりをしてもらうといいでしょう。

除草作業は徹底的に!

雑草は根っこからしっかり抜かないと、コンクリートの下で雑草の根っこが成長していつかコンクリートを割って生えてきます。徹底的に雑草を処理したいなら、業者に頼んだ方がいいかもしれません。除草作業は、1平方メートルあたり50円くらいが相場です。

コインパーキングにする場合の初期費用は?

コインパーキングにする場合には、整地のほかにもコインパーキング用の機械代がかかりますね。機械代の相場は、5台から10台が停められる駐車場で約300万円前後です。

機械代300万円の元をとるにはどのくらい稼げば良いのでしょうか?1日に平均30台の車が平均3時間駐車場を利用したとします。60分200円に設定したとして1台3時間で600円になりますね。それが30台になると、1日の収入は18,000円。初期費用の300万円は167日間で元がとれる計算になります。

それ以降は、利用分だけお財布が肥えていくことになります。ちなみに、1日平均して18,000円の収入があったら年収は648万円になりますよ。サラリーマンの平均年収を優に超えていますね。

(文/河原まり)


Copyright© HOW MATCH , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.