女性の貧困――年収180万は手取り額での生活はどうなる?

年収を上げたい        2016年12月13日

女性の貧困――年収180万は手取り額での生活はどうなる?

(この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。)


  • 昨今、収入の額面が200万円を下回る女性が増えています。
    そんな苦境に立たされながらもくじけずに生活している強い女性がいるのも事実です。
    実際、年収180万円になると毎月の生活はどうなるのでしょうか?

    就業者の6人に1人は年収200万円以下!

    正直年収180万円なんて、普通に人生を送っていればあり得ない!と思われるかもしれません。それでは実際、年収200万円以下の人というのはどれくらいの割合なのでしょうか。

    厚生労働省が発表した資料によれば、平成26年に年収200万円を下回った割合は、なんと16.1%。アベノミクスという言葉もなんのその、毎日ぎりぎりの生活を送ることさえ困難だというワーキングプアの人がこれだけいるのです。

    毎日の食費は3食合わせてなんと約700~800円。東京でちょっとしたランチを食べる方がよっぽど高い値段がついてしまいます。旅行、衣装品、家具インテリアをひとつ買うことにも抵抗を感じます。毎日同じように仕事に行き、休みの日は外に出かけるなんてお金のかかることはしません。

    10年後にはさらに高所得者と低所得者が二分されると言われており、さらにワーキングプアと呼ばれる人が増えることは避けられないでしょう。

    【PR】アルバイトでも融資可能なキャッシングとは?急な出費で今どうしても必要な人はチェック!

    本当にきちんと生活できてるの!?

    年収が200万円だった場合の手取額は月額で約15万円。年収が150万円だったら手取りで月約11万円。そのような人は非正規で働いていても昇進、ボーナスなんてものはおろか、時給すら上がらないという場合も多いようです。

    そんな年収200万円の人が実際にどのような生活を送っているか考えてみましょう。手取額が月15万円だとすると、

    • 家賃50,000円
    • 食費30,000円
    • 光熱費20,000円
    • 貯金20,000円

    上記のように考えた場合、月に約30,000円自由にお金を使うことができますが、この30,000円の中には、交際費、生活雑貨、衣料品、医療費、保険などなど様々な出費が含まれています。

    一応最低限の生活はできているものの、急な出費にはなかなか対応できず、欲求を満たすような+αの贅沢をするような余裕はなさそうです。

    結婚なんてできるわけない!のか?

    よく非正規だったら収入も少ないし、結婚なんてするべきでない!という意見を聞くことがあります。確かに収入が少なければ、それなりの生活を送るためには我慢も必要ですし、2人の協力が必要であることは間違いないでしょう。

    しかし共働きであれば、相手の年収も200万円だったとしても世帯収入は年収400万円。世の中には世帯収入400万円、子どもありで生活をしている家庭は少なくありません

    結婚なんてできるわけない!のか?

    結婚しても相手の人と合意の上、子どもを産まない選択をする家庭もありますし、何がその人たちにとって幸せかは周りの人がどうこう言う問題ではないのです。主婦雑誌をめくれば年収300万円でも年間100万円の貯金をしているという人も続々と出てきており、結婚しても十分不自由無く生活することができるのです。

    年収500万円の女性と結婚すると毎年300万円以上の損失?

    「年収200万円なんて不幸だ」なんて思われるかもしれませんが、実際のところ、本人はそれほど不幸とは思っていないことも多いです。世間体さえ気にしなければ、実家で暮らしていれば家賃を払わなくても済みますし、そのお金を将来に充てることもできます。

    むしろ年収が高いと、その分無駄遣いが多くなります。贅沢を贅沢と思わず、お金を湯水のごとく使い、感覚が麻痺してしまうこともあるのです。その結果、年収が高いはずなのに貯蓄が少ない、普段の生活レベルも背伸びした状態がやめられないという二重苦に陥り、お金の浪費癖がなかなか抜けません。

    年収が低い女性と結婚することが、実は正解

    年収が高い女性の全ての人が無駄遣いをしているとは言いませんが、その傾向は実際にないとは言えないでしょう。つまり、年収がそこそこある女性よりも、年収が低い女性の方が堅実、お金の管理にしっかりしている人が多いと言えるでしょう。

    お金の管理が苦手!という男性は、年収が高い女性ではなく、むしろ年収が低い女性と結婚することが、実は正解なのかもしれません。

    (文/河崎鷹大)

    合わせて読みたい

    orette.jp

    orette.jp

    TOPへ

    ページトップへ戻る