節約・貯めたい

節約に疲れた!!→プチ贅沢で一休みしませんか?

投稿日:2016年6月27日 更新日:


家計簿をつけていると毎月赤字でこんなに節約を頑張っているのに貯金も増えず生活は苦しいばかりだと思い悩むことがあります。

節約というもののイメージ自体がつらい、苦しいというのがほとんどなので、そんな中で節約を頑張っていると、その反動で「もう節約できない!」「疲れた!」と思ってしまうこともあります。

ここではみんなが節約に疲れた瞬間を紹介し、節約に疲れてしまった時や節約を続けていくために取り入れる節約疲れを回避する方法やプチ贅沢について紹介します。

みんなが節約に疲れた瞬間とは?

本来であれば楽しく、のんびり続けていくのが大切な節約ですが、目標や日々の生活などに追われることで節約をがんばり過ぎてしまい疲れてしまうことも少なくありません。ここでは節約を頑張る人たちがどんな瞬間に「疲れた!」となってしまうのでしょうか。

  • 「節約に縛られすぎてギスギスしていた」
  • 「節約を一生懸命していたのに節約した分が一回の飲み会で飛んで行った」
  • 「節約料理でもやしばかり食べていたら、夢にもやしが出てきた」
  • 「服や靴など欲しいものが我慢できなかった」
  • 「お金のことばかり考えている自分が嫌になった」

などです。節約を頑張りすぎてひもじい気持ちになってしまったり、惨めな気持ちになってしまったりすることで疲れたと感じ、衝動買いやドカ喰いに走り、そしてまた罪悪感に苛まれる人も多いようです。

節約疲れを回避する方法とは?

毎日切り詰めて節約しているのに思ったようにお金が貯まらず、節約によって我慢が増えることでストレスが溜まると節約生活に疲れてしまいます。

お金があることで心にゆとりが生まれますが、それが必ずしも幸福かというわけではなく、お金があっても節約をしすぎてストレスを溜めてしまっては何の意味もありません。

まずは節約によるストレスを溜めないことが大切なので疲れる前に節約疲れを回避することができる方法を試してみましょう。

貯金の目標を見直してみる

毎月の貯金額は手取りの2割から3割程度と言われているのですが、1割程度に抑えることで少し気持ちに余裕が出てきます。そのためには目標とする貯金額を少しだけ下げてゆとりを持って貯金できるようにしてみてはいかがでしょうか?

高くても良質のものだけを購入する

安物買いの銭失いという言葉があります。節約のために安いものを買ってもすぐに壊れてしまったり飽きてしまったりしては何の節約にもなりません。

結局損をして買いなおす必要があるので長期的な視点で見てみると無駄になってしまいストレスになってしまいます。多少高くても良質で満足できるものを購入することで長く使用することができ物を大切にすることができます。

節約疲れはプチ贅沢で解消しよう

節約疲れを回避する方法でできるだけストレスを溜めないことが重要ですが、それでもストレスが溜まってしまった場合にはプチ贅沢を取り入れて溜まったストレスを解消しましょう。

プチ贅沢1.週末だけお金を気にしない

散財はよくないことですが一週間節約を頑張ったご褒美として週末だけお金を気にせずに好きなお酒やおつまみを買って自宅でゆっくり家飲みをしてみてはいかがでしょうか。

プチ贅沢2.一人で甘いものを食べる

疲れたときには甘いものが効果的です。家族がいることで人数分買わなければならないことから好きなお菓子を節約のために我慢しているというお母さんも多いでしょう。そんなときには自分の分だけ買ってみんなが寝静まった後にこっそり食べて自分を癒しましょう。

プチ贅沢3.少しリッチな食卓にする

いつもより少しだけ高価な食材を購入して食卓に並べてみてはいかがでしょうか。気の合う人を招いてホームパーティーなどをするのもよいでしょう。

プチ贅沢は一人でできるものや家族も一緒にできるものなど様々です。毎日節約を頑張っているからこそたまに取り入れることで節約によるストレスも上手く解消することができ、のんびりと節約を続けて行くことができます。

(文/中村葵)

Copyright© HOW MATCH , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.