ベンツと年収

年収を上げたい

憧れの高級車「ベンツ」!年収400万円でも乗れる現実的な方法とは?

投稿日:2016年3月15日 更新日:


人生で一度は乗りたい高級外車の代名詞と言えば、メルセデス・ベンツ(以下、ベンツ)だ。高年収層の仲間入りをして、ベンツオーナーになりたいと希望する方も少なくないだろう。

ベンツは少し無理をすれば購入できる金額だが、できれば経済的な余裕を持ち、なおかつ新車を購入したい。じつは、ハイクラスなベンツを余裕で購入・維持するための条件は、年収2000万円以上であることをご存知だろうか。

しかし、年収400万円から500円でも無理なくベンツに乗れる以外で画期的な方法がある。

この記事では、そのサービスを紹介していく。

月々の返済金額は9万円!

たとえば、街中を運転しているとき、信号待ちをしているベンツを見たことがあるだろうか。Eクラスベンツは、後部の“E”の文字が印象的な、メルセデス・ベンツ社の主力モデルである。外観を見るだけでも、うっとりしてしまうような美しさだ。

ベンツ

しかし、ベンツのよさは外観だけではない。真の魅力は、重厚なボディの車内に乗り込んだときに発揮される。静音性抜群の車内で、アクセルとシフトレバーを操作したときに極上のドライブができる。

ベンツオーナーの楽しみは、ディーラーへ足を踏み込んだときから始まるそうだ。ディーラーは、VIP層をもてなすために格別のサービスを提供する。

しかし、ベンツは、普通の国産車とは比べものにならないくらい高額だ。たとえば、Eクラスの主力モデルである「E250 AVANTGARDE」は、本体価格が687万円(税込)である。もし、オプションなしでスタンダードパッケージを購入するときに、60回払いのカーローンを組んだとすると、月々の返済額は約13万円になってしまう。

カーローンの返済額は、用意した頭金や下取り車の買取価格によって変わるので、あくまでも参考として欲しい。世界TOPクラスの安全性能や乗り心地を誇るベンツだが、ベンツオーナー志望者は、一般的な住宅ローンに匹敵する返済額を月々支払うことを理解しておこう。

ベンツオーナーとなるために必要な年収を算出すると

では、ベンツオーナーになったときに、生活に支障をきたさない年収はいくらだろうか。カーローンの支払いをシミュレーションしてみよう。

Eクラスのベンツを購入するにあたって、5年ローンで返済する場合は、最低でも年収450万円以上でなければならない。その理由は、カーローンの審査申込の上限が、年収の3分の1程度とされているからだ。Eクラスのベンツは年間150万円の支払いが必要なので、年収450万円以下の人はカーローンを組むことさえできないのだ。

現実的に考えると、年収の3分の1をカーローンに当てるのは苦しい。生活費のうち、カーローンが占める割合は、月収の10%以下が理想とされる。ベンツの月々の返済額は13万円だから、Eクラスのベンツオーナーの条件は月収130万円、年収にすると1500万円以上が妥当と考えられる。

【関連記事】年収400万円と500万円とで生活レベルはどう変わるのか?

維持費を合わせると、さらに必要な年収が上がる

ベンツに限らず、自動車は車両本体の購入費のほかに維持費がかかる。たとえば、ガソリン代が代表的なコストだ。年間走行距離10,000km、リッター燃費10km、ガソリンの価格を120円とすると、月々10,000円、年間12万円前後の燃料費がかかっていることになる。

mercedes-benz

さらに、シミュレーションサイトを利用して計算すると、ベンツは自動車保険や各種税金、車検費用、駐車場代などを考えると、年間維持費は40万円程度に上るという。維持費だけでも、毎月35,000円発生していると見てよい。

以上のことから、ベンツのカーローンと維持費の総額は、月額で16万円以上、年間で190万円に上る。カーローンは月収の10%という理論に則って考えたとすると、年収2280万円以上の人でなければ、経済的余裕がある状態でEクラスのベンツには乗れない計算だ。

ベンツは乗る人を選ぶ

今回ご紹介したベンツのカーローンの目安は、あくまでも参考に過ぎない。まず、頭金や下取り車の買取価格もつくだろうから、月々16万円以上というのは極端な例だからだ。

さらに、現実問題として考えると、年収500万円の人よりも、年収1000万円の人のほうが自由に使えるお金が多い。したがって、年収1000万円程度あれば、ベンツオーナーになっても生活費を圧迫されることはないだろう。

年収400万円でも現実的にベンツに乗る方法

年収が高くないと本当に高級車には乗れないのだろうか?

答えはNOだ。ここからはどんな人でも生活の質を落とさないで、高級車に乗るための意外な方法を紹介しよう。

それは、車を買わずに乗り換え放題のサービスを利用するという方法である。このサービスは、月額29,800円~自分の好きな車に乗るというサービスだ。

月額の中に保険や税金、車検の料金が入っているため、車を買うよりも維持費は圧倒的に安く収まる。更に、ベンツなどの高級車やスポーツカーを含めた100種以上の車が乗り換え放題のため、乗りたい車に短期間で乗ることが可能である

キャンプやドライブにはオープンカーや高級車、キャンピングカーを選ぶなど使い方はあなた次第。もちろんレンタカーとは違うので「わ」ナンバーはつかない。

NOREL (ノレル) は、安く高級車に乗れるだけでなく、いろいろな車を好きなように乗り換えることのできる車好きには最高のサービスなのだ。

このサービスを使えば、無理なローンを組まずに高級車ライフを楽しめるであろう(一般車も利用できる)。

>>NOREL公式サイトはこちら

理想的なベンツオーナーとは?

しかし、理想的なベンツオーナーのライフスタイルを想像して欲しい。おそらく、月々の家賃が数万円のアパートで暮らし、見栄を張ってベンツに乗る人ではないだろう。きっと、都心部のタワーマンションや郊外の一戸建てで暮らしている人だ。

理想的なベンツオーナー

また、ファッションコーディネートも、ユニクロやしまむらの衣料と、G-SHOCKというわけにはいかない。アルマーニのスーツで身を包み、手首にはロレックスやフランクミュラーの腕時計を巻く……そんな人物像を思い描くはずだ。きっと、カーローンだけでなく、さまざまな部分にお金を掛けているだろう。

おそらく、年収2000万円以上のベンツオーナーが、あなたの思う理想像のはずだ。この年収条件を満たすのは、日本で1%程度しか存在しないとされる。「最善か、無か」をキャッチコピーに掲げるベンツは、「クルマを乗りこなす人と、その資格すら与えられない人」と見るのは、いささか極論だろうか。

(文/山口拓巳)

もし今の職場環境や年収に不満があるなら‥

スキルアップをして年収を上げたい、今の給料では将来が不安、職場の人間関係や仕事内容が合わない、という方は転職エージェントを利用して転職を考えるのもよいでしょう。

大手転職サイト「リクルートエージェント」

リクルートエージェント

転職成功実績NO.1のリクルートエージェントなら、豊富な実績とノウハウであなたの市場価値を第三者の視点で見出し、 転職先への年収交渉も代行して行ってくれます。土日、祝日、平日20時以降の相談もできるので、年収アップのためのサポートも万全で働きながらでも安心して転職活動に専念できます。

非公開求人はこちらから

Copyright© HOW MATCH , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.