年収900万円

年収を上げたい

年収900万円プレイヤーに必須の7つの経験値

投稿日:2016年4月19日 更新日:


大企業に勤めている場合、大卒の社員は40代で年収900万円台を突破する可能性が高いという。今回は、年収900万円プレイヤーの現状と、今後年収1000万円プレイヤーを目指すために、経験しておきたいことをご紹介したい。

年収900万円プレイヤーは40代の管理職

年収900万円プレイヤーの内訳は、大企業で管理職を任される人が多い。たとえば、NECで課長になった場合、年収900万円前後になるそうだ。通常は40歳前後、早い人なら35歳くらいから課長になれる。

さらに上を目指すなら、グレードアップを目指し、仕事で成果を上げよう。NECではグレード制を導入しており、課長はG6、部長はG5と、仕事の成果によってグレードが上がる。NECのような人事制度および給与体系は、同程度の事業規模の企業であればめずらしくない。

課長のうちに体得したいスキル7つ

大企業で一定の結果を残せば、年収1000万円プレイヤーも夢ではない。ここからは、年収900万円を課長の時期と過程し、キャリアアップに備えて経験し、養っておきたいスキルを見てみよう。

1.人材育成力

部下が伸び悩んでいるとき、的確なアドバイスを送るのは課長の仕事だ。自分の経験を部下に伝え、指導に成功する経験があるとよいだろう。コーチングや人材育成の技術を勉強するとともに、一人ひとりの性格を考えながら向き合うような気構えが欲しい。

2.人を見る目

一次面接や二次面接を担当し、転職希望者の合否を決定する機会もある。初対面の人を見る目を養い、企業にとっての損失を防ぐ能力を身につけるべきだ。ビジネス上も多くの人とコミュニケーションを取るが、積極的に街へ出て、さまざまな人と話すとよいだろう。

3.リーダーシップ

数値目標に対し、チームを引っ張るためにはリーダーシップが必要になる。自分で動くだけでなく、どのように采配を振るえばうまくいくのかを考えよう。たとえば、戦国武将の戦略を勉強するのも参考になるかもしれない。

4.交渉力

部下だけでなく、マネージャーは外部とのコミュニケーションも多くなる。どの部署も、マネージャーは自分の部署の利益を優先するものだ。他部署の言い分ばかりを聞いていると、自分の部署の業務量は増えてしまうので、交渉術は勉強しておこう。

5.リスク管理

大勢の部下を引っ張る課長職は責任も重大だ。プレイヤーのうちは失敗しても取り返しがつくが、マネージャーにミスは許されない。物事は成功することばかりではなく、失敗した場合に何が起こるかを考え続けよう。他人から失敗談を聞くことも、リスク管理の勉強になるのでよい。

6.経理や財務の知識

売上や経費などの数字を見て、数値目標を立てるためには経理に対する理解が必要だ。決算書を読める程度には経理や財務の知識があるとよい。勘定科目に対する理解が浅い場合、まずは簿記を勉強しよう。

7.語学の勉強

大企業のマネージャーともなると、外国の担当者と折衝する機会も増えるはずだ。語学が苦手な人もいるかもしれないが、英語はもちろん、中国語やフランス語など、自社を取り巻く環境に応じて語学の勉強をしておくとよい。

スキルを身につけて年収1000万円プレイヤーを目指そう

今回ご紹介した7つのスキルは、課長職経験のなかで培われるものだ。実際には、現場で何度も失敗しながら身につけることになるだろう。いきなり100%リスク管理ができるわけもなく、初めてのことに苦戦する時期もあるはずだ。

課長職になると、部下は話を聞いてくれず、他部署からは交渉を迫られ、新たに勉強しなければならないことも増える。つらいことばかりが訪れるポジションだが、ここを乗り越えた人には年収1000万円への道も開けるだろう。

年収1000万円プレイヤーになるためのスキルを身につける修行だと考え、諦めずに上を目指して欲しい。

もし今の職場環境や年収に不満があるなら‥

スキルアップをして年収を上げたい、今の給料では将来が不安、職場の人間関係や仕事内容が合わない、という方は転職エージェントを利用して転職を考えるのもよいでしょう。

大手転職サイト「リクルートエージェント」

リクルートエージェント

転職成功実績NO.1のリクルートエージェントなら、豊富な実績とノウハウであなたの市場価値を第三者の視点で見出し、 転職先への年収交渉も代行して行ってくれます。土日、祝日、平日20時以降の相談もできるので、年収アップのためのサポートも万全で働きながらでも安心して転職活動に専念できます。

非公開求人はこちらから

Copyright© HOW MATCH , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.