1ケース5,000円で輸入したED治療薬を使ってみた

節約・貯めたい        2016年07月21日

(この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。)


  • 松本ミゾレ31歳。人生最大の危機が訪れた。5月初旬のことだ。冗談抜きでアイドルになれるようなルックスの若い子をホテルに連れ込んだのはいいものの、いざベッドインしたところ、僕の息子が熟睡しまくっていて、二進も三進もいかなかったのである。

    最高の相手を目の前にしていただけに、これほどの屈辱はない。しかし、勃たないというのは何か原因あってのこと。その原因が、加齢にあるのではないかと考えた僕は、ED治療薬に手を出してみようと考えた。

    折りしも最近は、その手の錠剤を簡単に手にすることができる。インターネットを介して、個人輸入してみることにしたのだが、ひとまずジェネリックのED治療薬を、5,000円程度で1パック購入してみたのである。

    口コミ評価も上々、満を持して使ってみたが

    まず、今回取り寄せた錠剤については、慎重に慎重を重ねて、ネットの口コミ評価を参考に選んだものだ。しかしながら、率直に言うと、この効果を実感することは、ついぞないままであった。

    服用する際の時間帯、服用前後の飲食、飲酒の禁止など、様々なルールに則ってみたのだが、いざその後ベッドインしてみても、一切の効果を感じることはできなかった。

    ed

    というかむしろ、服用していないときのほうが元気なんじゃないの?と思うほどであった。用法用量を守っても、効果が得られない。これは本当に悲しいことだし、何より絶望をおぼえたものだ。

    あるいは僕だけが効果を得られないのではないか?そう考えた僕は、残った錠剤を、同じく勃起力に悩む同世代の友人に分け与えてみた。だが、実際に服用した後に臨んだセックスでは、同じく期待する結果は得られないということだった。

    やはりジェネリックはジェネリックということか……。

    レビトラ、バイアグラで我が世の春が再来!

    こうなっては、最後の手段。僕は病院に出向き、ED治療外来を受けてきた。そしてひとまず、ED治療薬の王道バイアグラと、バイアグラ以上の効果を発揮するという、レビトラという薬を手に入れてきた。

    バイアグラは1錠2,000円もしたし、レビトラなんかバイアグラより随分小さいのに、それでも1,600円もかかった。これで効かねば、僕もいよいよ百年目だ。

    だが、そこはまさに値段相応の価値といったところか。まるで煮え滾るマグマが体内に充満したかのように、服用後からその効果はイヤというほど実感できた。久々に、高校時代程度の元気が戻ってきたように思えた。

    fireworks

    実戦でもバイアグラ、レビトラ共に十分役に立ってくれたため、最初からこれらに頼っていれば良かったというもの。ジェネリックで効果を感じられなかった僕の友人も、同じく外来の後にバイアグラを手に入れ、やはり効果を実感したという報告があった。

    コストをとるか、効果をとるか

    しかし、それにしてもちょっとバイアグラは高い。それだけの価値はあるんだろうけど、これを迎え入れるのは、財布にとっては痛手である。

    一方で、ジェネリックのED治療薬で十分事足りるという人だっているはずだ。ネット上の口コミ全てが嘘だとも思えない。軽度のEDの男性の場合は、ジェネリック程度でも十分なリカバリーが期待できると思う。

    EDは全ての男性にとっての脅威だが、自分の現状に応じて、手段を選べるだけ、まだ救いがあるのかもしれない。

    (文/松本ミゾレ)

    タグ:
    松本ミゾレ
    松本ミゾレ
    2011年活動開始。恋愛コラム、パチスロホール取材記事、某大手企業専属ライティングなどを手広くこなす、ゆるふわ系三文ライター。著作出版の経験も意欲もない、地方都市在住の意識低い系物書きを是非応援してください。ちなみに特技はタイピングと、松前漬けをほぼ無尽蔵に食べ続けることです。

    TOPへ

    ページトップへ戻る