平均年収は〇〇〇万円!自動車部品大手「デンソー」は憧れの昇給システム!

年収を上げたい        2016年09月26日

(この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。)


  • デンソーはトヨタから独立した自動車部品の大手。2009年以来、自動車部品世界シェア第一位を維持しており、世界最大手の自動車部品メーカーといわれています。

    そんなに大きな会社なら、社員の平均年収も相当なものだろうと予測できますね。そこで、気になった筆者はデンソーの年収や給料事情について調べてみました。

    デンソーの平均年収は834万円

    平成27年度のデンソーの平均年収は834万円でした。働く日本人の平均年収は400万円代なので、それと比較して約2倍ですね。デンソーはやはり高年収だといえます。

    近年のデンソーの平均年収をみてみましょう。

    • 平成27年度・・・834万円
    • 平成26年度・・・846万円
    • 平成25年度・・・805万円
    • 平成24年度・・・780万円
    • 平成23年度・・・768万円

    ここ5年間の平均年収は、768万円~846万円といったところです。平成27年度の平均年収は若干落ちましたが、そこまでは右肩上がりですね。まだこれからも上がる可能性もありますね。

    初任給は20万円

    どんなに平均年収が高い会社でも、それと比較して初任給は低めなのが当たりまえ。継続勤務年数が増えてキャリアを積むにしたがってお給料が上がっていくのが一般的ですね。

    デンソーも例にもれず、初任給は総合職の場合で20万~22万円のようです。実務職の場合はもう少し低くなり、大卒で18万円、短大卒で16万円ということです。

    大卒の場合で初任給の平均が16万~17万円といわれているので、それと比較するとデンソーは数万円高い、という感じですね。

    年齢別の平均年収は?

    ところで、初任給は20万円前後でも年々昇給していったら、30代、40代ではどれくらいのお給料がもらえるのでしょうか?参考までに、デンソーの年代別の平均年収をみてみましょう。

    • 25歳・・・540万円
    • 30歳・・・592万円
    • 35歳・・・665万円
    • 40歳・・・748万円
    • 45歳・・・837万円
    • 50歳・・・912万円
    • 55歳・・・933万円

    あくまで平均値なので、デンソーに勤務してこの年齢になったら必ずこの程度の年収が得られるというわけではありません。でも、データをみると何となくデンソーの年収事情がつかめてきますね。

    選択型福利厚生制度がある

    ここまでで、デンソーの平均年収や初任給について見てきましたが、それとは別に特別手当などが支給されます。

    例えば、家族手当や所定外勤務手当があります。また、社会保険、雇用保険などの福利厚生も充実。さらに、完全週休2日制、祝祭日・ゴールデンウィークは休みになるなど、休日もしっかりと確保できます。

    夏季・年末年始にはそれぞれ10日程度ずつ休みがもらえます。家族サービスを大切にしている方も、これなら安心ですね。10日も休みがあれば海外旅行や温泉旅行にも行けます。

    おまけに、デンソーのボーナスは高めだと言われています。ボーナスの平均はなんと110万円。その年の頑張りや成果によってボーナスが上がるそうです。

    成果がボーナスに響いてくるというのはちょっとストレスになるという考え方もありますが、今や多くの会社が実力主義の時代。張り合いになると考えるべきでしょう。

    ほぼ全員が昇進昇給する

    デンソーでは、「職能資格」といわれる等級制度があり、T2という初級担当職からスタートして理事クラスのM0という段階まで分けられ、社員全員にそれがあてはめられ、評価されます。

    継続勤務年数が増えるにつれて、社員のほぼ全員が昇進昇級できるそうです。デンソーの賃金体系はさすがに余裕がありますね。でも、社員のほぼ全員が昇進昇級できるのは、賃金体系に余裕があるからだけではないようです。

    各自で目標を立ててキャリア形成

    デンソーでは、年ごとに社員が全員自分の目標を決め、上司が育成計画や定期面接を行い、個人個人のキャリア形成を助けていきます。

    そんなひたむきな姿勢があって、社員がほぼ全員昇進昇給するという結果になってもいるんですね。

    【PR】あなたを評価してくれる会社がここにある!転職ならリクルートエージェント

    (文/河原まり 写真/Kobby Dagan / Shutterstock.com

    タグ: ,
    河原まり
    河原まり
    2011年よりフリーライターとしての活動を開始。英語・中国語を学び、翻訳業にも従事。私生活を充実させるため、10年間続けた医療事務の仕事をやめ、今に至る。趣味は作詞・作曲、弾き語りや料理。マイブームは休日にギョウザやシューマイを大量につくり、冷凍すること。

    TOPへ

    ページトップへ戻る