節約・貯めたい

あなたの実家に眠る古物を出張買取に出す→300万円超え!?

投稿日:2016年3月28日 更新日:


なんでも鑑定団の最高額をご存知だろうか

「オープン・ザ・プライス!」の掛け声とともにカウントアップが始まる値段。「1、10、100、1,000、10,000、100,000……」くらいまでくると「もしや……?」と私たちも期待に胸が膨らみ始める。そう、20年以上も続くテレビ番組、「開運!なんでも鑑定団」のお決まりの一幕である。

控えめに10万円とした本人評価額が、鑑定の結果まさかの200万円だったり、自信満々で100万円とした本人評価額が反対に3,000円という鑑定結果だったりと、依頼人がどんなに思い入れを持っている品物であろうと厳正に鑑定し、「価格」という絶対的な尺度で鑑定を下す。この番組が面白いのは、そんな分かりやすさと痛快さに尽きるのだろう。

ところでこの「なんでも鑑定団」で鑑定された依頼品の最高額をご存知だろうか。番組公式サイトによると、「柿右衛門様式の壺」がなんと5億円という鑑定結果が出されたのだ(2005年9月27日放送)!依頼人はさすがに一般人ではなく、名家の当主だったらしいが、骨董にはそれだけの可能性が秘められていることを日本全国に知らしめたできごとであった。

あなたの実家にもお宝は眠っている

私は現在40歳だが、私の実家には、すでに亡くなってしまった母の着物やバッグ、アクセサリー類が結構な数で残されたままになっている。この記事を読んでいるあなたも同世代ではないだろうか?あなたの実家にも、もしかして使われずにただ眠っている着物やバッグ、アクセサリー類があるのではなかろうか?

あなたの母親に限らず、あなたの祖母が使ってきた着物やバッグだって同様だ。同じように使われずにたんすの中で眠ってしまっている品物が結構あるのではないだろうか?何かの機会にあなたの母親にそれとなく聞いてみると、きっと何かあるはずだ。もしかしてあなたの母親も「処分に困っていた」と言うかもしれない。

着物やバッグにかぎらない。あなたが小学生のころにせっせと集めていた切手、古銭も忘れてはならない。そういった物があなたの実家(もしくは自宅)に置きっぱなしになっていないだろうか?手に入れた当時は大して価値がなかった物も、現在になってみればプレミアム価格になっている可能性だってあるのだ。

どんなお宝が高く買い取られる?

実際、こういった品物を古物商に売るとしたら、どのような品物が高く買い取られやすいのか、その一部を紹介しよう。

着物

振り袖や留め袖、訪問着など、母、祖母世代の買った着物は、きちんとした物が多い。それに着物は普段着と違い、毎週のように着続けたりしないもの。状態の良い値の張った着物が、たんすに眠ったままになっている可能性はとても高い。

また、柄や色が古かったり、汚れやシワがついてしまった着物でも高く買い取ってくれる可能性がある。買取査定に出す価値はあるだろう。

切手

切手はあくまで郵便物を送るための日用品だが、年月が経てばそれはプレミアム品と化す。記念切手やお年玉切手、昔にまとめて買った使いかけの切手でも構わないのだ。思わぬ切手がプレミアム品になったりする可能性だってある。

あなたが小学生のころに宝物にしていた切手ブックが、今になってかなりの価値をもつ物に生まれ変わっているかもしれない。

ブランド品

プラダ、ルイ・ヴィトン、エルメスなど、ブランド品については有名なブランドであればそれだけで値が張る可能性が高いだろう。これも使い込んで擦れ・汚れがあったり、デザインが古くなってしまったブランド品でも買取査定に出す価値がある。

古銭

旧百円札、旧五百円札、旧千円札といった、昭和の時代に日常的に使われていた紙幣をはじめ、皇太子殿下御成婚記念の五万円硬貨や、東京オリンピック記念硬貨などが眠っている可能性がある。

毛皮

毛皮は意外にも10年以上に買った古い物の方が良い値段が付く可能性がある。種類はフォックスやミンク(中でもサガミンク)が特に良いとされるが、これもネーム刺繍が入っていようが、汚れていたり変色してしまっていようが、買い取ってくれる可能性が高いので、査定に出すことができる。

アクセサリー

ダイヤモンドの指輪など、名前が彫られていようが、汚れていようが十分価値がある。デザインが古くて使わなくなってしまった指輪があるとしたら本当にもったいない。手放しても良い指輪があれば、買取に出す価値は大いにある。

実際に高く買い取られたケース

都内の郊外に住むSさん(67歳・女性)は、娘との同居をするために引越の整理をしていた。それまでは自宅のたんすや棚の中にしまわれていた着物やアクセサリーも、新しい家には全部持って行くことはスペース的に無理、40年間着続けていた着物も、断腸の思いで手放すことを決めた。

出張買取で来てくれた査定員は1点1点を丁寧に査定し、着物だけでなんと75,000円もの査定額がついた。また、査定時にまだ売りに出したいアクセサリーがあることにも気づき、それらも一緒に査定してもらったところ、プラス90,000円もの値が付くことになり、Sさんはこの日だけで165,000円を現金として受け取れたのである。

出張料、査定料はすべて無料!

これは買取プレミアムの買取サービスを利用した方の実際にあった話である。

もし、あなたの自宅や実家に、買取査定してほしい品物が色々あって、とりあえず見てほしいのなら、買取プレミアムの問い合わせフォームから今すぐ問い合わせした方がいい。

なぜなら日本全国どこでも(離島は除く)出張訪問料が無料なのだ。さらに、査定してもらうのも無料だし、査定してもらったあとにキャンセルしたくなってもキャンセル料は一切発生しない。また、買取手数料ももちろん無料だ。

買取プレミアムは「着物1着でも出張買取します」と清々しく言う。100点以上の品物であろうと、反対に1点だけであろうと、遠慮なく出張買取を依頼してほしい。

その査定員が言うには、「私が1回の出張買取で出した最高額は300万円を超えました。弊社が過去に出した最高額は1000万円を超えたものもあります」だそうだ。

もちろん、査定する人に自宅まで来られるのは嫌という人は宅配便で送って査定してもらう宅配査定や、持ち込み査定(関東のみ)も実施している。

買取査定を依頼してみる

着物の高価買取専門【買取プレミアム】

Copyright© HOW MATCH , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.