副業で稼ぎたい

【危険】FXで借金を背負った人がいるって本当?しっかりと知識を身につけておこう!

投稿日:


FXはギャンブルで借金を背負った人が多くいる。そんな話を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

確かにFXでは、自分が最初に入れたお金以上に損失を出してしまい、借金を負ってしまう仕組みが内包されています。十分な知識もなくFXに手を出してしまうことは非常に危険といえるでしょう。

FXの仕組みについて

FXは5,000円からでも出来るなどという広告を見たことも多いと思います。実際に、FXでは非常に少ない金額で取引をスタートさせることができます。

FXは証拠金と呼ばれる現金を自分のFX口座があるFX会社に入金し、そのお金を元に通貨をやり取りする取引です。また、この証拠金に対してレバレッジという仕組みがあり、これを活用することで自分の入れた証拠金を上回る金額のお金を扱うことができます。

証拠金とレバレッジという仕組みに借金を生み出す可能性が内包されているのです。

証拠金とロスカット

FXは基本的に「買った通貨が上がる」「売った通貨が下がる」ことで為替利益を得ます。つまり、「買った通貨が下がる」「売った通貨が上がる」ことで為替差損が出る仕組みでもあります。

もし、「買った通貨が下がる下がり幅」が証拠金をはるかに上回る様な下がり方だったらどうでしょうか。その時に借金という形が生まれることになります。

例えば、証拠金として1万円をFX会社に入れ、1ドル=100円の時に1000ドル(=1千通貨)購入したとします。この時、1ドル=50円まで値下がりしたとしたらどうなるでしょうか?

すると、50円×1000単位=5万円の含み損が発生します。証拠金は1万円でしたので、4万円の借金を負ってしまったことになるわけです。これがFXで借金を負う仕組みです。

ただ、実際のところ、この様な取引はほとんど発生しません。なぜなら、証拠金と取引の関係から割合を出し、あまりにも危険な状況になった場合はFX会社が強制的に決済をすることで参加者が膨大な借金を負うことを防いでくれるからです。

これをロスカットといいます。このロスカットの状況では、借金まではいかず自分の証拠金がほとんどなくなってしまった程度の損失で済むはずです。

ただし、相場があまりにも急激に変化していたり、週末の終値と週初めの始値の極端な変動によるロスカットの場合は、FX会社も対応が遅れることがあり、この場合は証拠金を超える損失=借金の発生もありえます。

ロスカットという仕組みはありますが、基本的には自らの資金は自らの決済によって守らなければならないということになるでしょう。

レバレッジ

証拠金が少なければ少ないほど、少ない単位の通貨でしか取引することができません。それでは、利益も少ないということがわかるでしょう。

例えば、1ドル=100円の時に1ドルしか買っていなかった場合、1ドル=110円になっても10円しか利益を上げることができません。しかし1万ドル買っていた場合はどうでしょうか?そうです、10万円の利益を上げることができるわけです。

FXでは、こうした証拠金が少ない方でも利益を上げられるようにレバレッジという仕組みを導入しています。日本では25倍が上限とされており、これこそが5000円からでも始められるという謳い文句のキーワードでもあります。

しかし、レバレッジは利益だけでなく損失も同じようにかかることになります。

例えば1万円の証拠金で1ドル=100円の時に1000ドル買ったとします。本来であれば10万円必要なところ、レバレッジを10倍かけて購入したということです。

その後、1ドル=110円になったら、1万円の利益となります。逆に1ドル=90円となったら、1万円の損失です。これより下がってしまえば、証拠金1万円を損失が上回り、借金が発生してしまうというわけです。

自己ルールを確立してリスクを最小限に

小さなお金で大きな利益を得ることができる一方で、大きな損失を生み出す可能性もあるのがFXです。

しかし、全ての取引で勝つ、全ての相場で勝つというのは、どれだけ経験の積んだ有名なトレーダーでも不可能なことです。そのくらい相場を読み切るというものは難しいものです。

FXに限らず、投資の勝率は3勝7敗とよく言われています。そのため、いかに勝つときの利益を大きくし、負けるときに損失を少なくするのかということを考えるべきです。

そして、大きな損失を生み出している時は、多くの場合、小さい負けを繰り返した結果、勝たなければという強迫観念に左右され、自身の無い相場で説明できないポジションを取ってしまい負けるというものです。

負けが込み始めるとポジションを取っていないこと自体に恐怖し、市場にお金を置き続けたくなります。しかし、そこに落とし穴があります。

どれだけ勝っていてもどれだけ負けていても、自分が自信のある相場でしか勝負しない。そういった自己ルールを確立し損害を出来る限り少なくしていく。そういう姿勢が、最終的に勝てるトレーダーとなります。

損切と破産の境目

FX取引を成功させる最も確実性の高い方法は「勝ち馬に乗る」ことです。これは、上がりトレンドの通貨を買い、下がりトレンドの通貨を売るという単純な構図です。

しかし、チャートを長い期間で見ているとわかってくることですが、時に価格がVの字になっている時もあります。どれだけ経験を積んでいるトレーダーでも、その反転を読み切れずに損害を出してしまうことがあります。

この時に大事なことは損切という考え方です。

どの様な経験あるトレーダーも損切の重要性を強く説いています。これは、予想していた通貨の上がり下がりと逆方向の動きをしたときに、反発することを期待してはいけないというものです。この理由は2つあります。

1つは、予想と外れているのだから、その相場環境は自分が考えているものではなかったため、その後反発するという予想は外れる可能性の方が高いというものです。もともと読み切れなかった動きの後の動きが読めるはずがないのです。

またもう1つは、例えば、1ドル=100円が1ドル=90円になったとします。この値動きは10%の変化です。一方で、1ドル=90円が1ドル=100円に戻る時の価格の上昇幅は何%でしょうか?そうです11%です。

このように、短期間で価格が戻るということは、最初の動きよりもはるかに強い力が必要になってきます。

FX関連記事

おわりに

確かに損切だけでは利益は上がりません。しかし、重要な点は、破産しないでトレードを続けることです。トレードを続けている限りは逆転の目は必ずあります。

破産してしまえばそれまでで、もう続けることができません。続けることこそが、勝つための最も重要な姿勢なのです。

申請するだけで最低1,745,684円を受け取れる!あと残り27名

年収をどうにかあげたいという方は、「転職で年収って本当にあがる!?転職成功者の年収アップ体験談」を読んでみてください。悩む前に、自分の年収アップ可能性を探ってみましょう!

Copyright© HOW MATCH , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.