いま、大人気の職業!お笑い芸人の年収内訳

年収を上げたい        2016年10月11日

(この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。)


  • いま、お笑い芸人という職業は大人気です。先日もキング・オブ・コント2016が終わったばかりですが、お笑い番組やバラエティはもちろん、ニュース番組のコメンテーターとしてTVその他メディアから引っ張りだことなっています。

    芸の道に突き進む人だけではなく、映画監督や絵本作家になって活躍している人も少なくありません。

    そんなお笑い芸人はどのくらいの年収があるのか、年収を増やすためのキワどいテクニックなどを調べてみました。

    巨匠ビートたけしは年収17億円!?

    お笑い芸人の頂点を極めたと言っても過言ではない存在、ビートたけしさん。彼の年収は、数多くの人気お笑い芸人のなかでも群を抜いています。

    なんと、ウワサでは17億2,000万円(推定)だったと言われています。ついで、明石家さんまさん11億5,000万円、タモリさんは9億9,000万円と、お笑い界の大御所は軒並み高額な年収をもらっている様子です。

    彼らはTV全盛期の頃にはすでに大活躍していましたが、その人気は衰えることがなく、未だに第一線で活躍し続けています。おそらく、日本中見渡しても知らない人のほうが少ないお笑い芸人さんです。

    どんなTV番組に出ても確実に笑いを取ることはもちろん、圧倒的なカリスマ性の高さを誇ります。CMへの出演料も1本1億円とウワサされているので、これだけの年収になることは想像に難くありません。

    彼らの次に高年収を稼いでいるのが爆笑問題、くりぃむしちゅーです。

    爆笑問題は田中裕二さん8億2,000万円、太田光さん7億2,000万円で、くりぃむしちゅーは上田晋也さん6億2,000万円、有田哲平さん5億3,000万円と言われています。

    彼らもMCの仕事が多いうえにテレビで見ない日はないというくらいの活躍です。

    ダウンタウンの2人は浜田雅功さんが4億4,000万円、松本人志さんが4億2,000万円といわれています。くりぃむしちゅーのほうが高いらしいという結果に驚きですが、ダウンタウンのお2人は自分のペースで活動する年代に入ったのかもしれません。

    また、TV番組でも言われますが、吉本興業との取り分の問題もあるのでしょうか。

    若手から中堅どころで気になる芸人さんの年収は?

    先ほど取り上げた人たちは、お笑い芸人でも中堅以上、ないしは大御所と言われる人が多かったです。では、若手から中堅ゾーンでの年収はどれくらいなのでしょうか。

    まずは、有吉弘行さんが5億円、バナナマンの設楽統さんが3億5,000万円と大健闘しています。

    一般人からすると考えられない年収であり、若手から中堅どころのお笑い芸人のなかでは圧倒的にランクインされる活躍です。

    すでにさまざまな番組でMCとして人気ですが、上位のお笑い芸人さんと比べると若いので、将来的にはまだまだ稼げる可能性がある人たちだと言えます。

    ちなみに、有吉さんが年収5億円の理由には事情があります。現在は11本のレギュラー番組を抱えているのですが、その理由はギャラの安さにあります。

    大御所が1本あたり100万円以上、高額な人だと200万円と言われているなか、有吉さんは1本あたりのギャラを80万円で抑えているのだそうです。視聴率も良いことから良コスパ芸人といわれています。

    以前、TV番組で公表された数字を見ると、オリエンタルラジオの藤森慎吾さんは月収540万円、チュートリアルの徳井義実さんは700万円と公表されました。

    月によって変動はありますが、単純計算すれば藤森さんは6,000万円、徳井さんは8,000万円と考えられます。

    稼ぐ道はテレビだけではない

    お笑い芸人が稼ぐ方法というと、TV番組に出演したりCMキャラクターになったりして収入を得るというのが一般的なように感じるかもしれません。

    しかし、それ以外に収入を得る方法として地方営業というものがあります。

    地方営業とは、学園祭や地元のイベントなどでネタやトークショーをすることをいいます。イベントごとではお笑い芸人が重宝されますが、TV番組に出演してバリバリ稼いでいる人でなくとも、数十万円のギャラになると言われています。

    じつは、一時期TVでブレイクしたテツandトモは、年収1億2,000万円という説も出ました。事務所に支払うお金もあるので単純に言えませんが、1営業あたり50万円×毎月20回という試算から生まれた話のようです。

    最近は、「テツandトモをTVで見かけなくなった」と思う人もいるかもしれません。しかし、彼らは地方営業だけでも十分な収入が稼げていると考えると、わざわざTVに出る必要はないと考えてもよいでしょう。

    吉本興業の取り分は9割

    TV番組を見ていると、お笑い芸人が「吉本興業はギャラが安い」と自嘲気味に話すことがあります。じつは、吉本興業は9割が会社のギャラとなっているので、せっかく働いても年収が安いという事情があるようです。

    ほかの事務所ではこんなに極端な配分をすることがなく、ネタにされることも少なくありません。

    吉本興業のギャラがお笑い芸人に1割しか支払われない背景には、会社員への給料が影響しています。

    吉本興業に務めているマネージャーの平均年収は、30歳時点で約800万円です。一般的なサラリーマンの2倍ほど稼いでいると考えられます。

    ただし、吉本興業のマネージャーは激務とされているため、この金額は妥当なものかもしれません。

    また、吉本興業はメディアに対する影響力が強い会社です。仕事の総量が多く、TV番組や地方への営業などで力を発揮します。

    仮に吉本興業が芸人にギャラを1割しか渡していないとしても、営業力の高さにメリットを感じて在籍している人も多いのではないでしょうか。

    売れていないお笑い芸人の収入は厳しい

    ここまでは売れている芸人について話しました。一方、売れていない芸人のエピソードを聞くと、「電気が止まった」「お風呂に入れなかった」など、さまざまな極貧情報を耳にすると思います。

    実際は全国区のTV番組に出演するようなお笑い芸人であっても、ネタ見せ程度なら2~3万円という状況も珍しくないそうです。

    この話は、吉本興業の取り分が大きいという理由もあるかもしれませんが、特に東日本大震災以降は広告業界で不況が起きたこともあって、お笑い芸人のギャラ相場が下がったといわれています。

    実際に深夜番組でときどきチラっと見かける程度のお笑い芸人だと、アルバイトや日雇い労働をしているケースも少なくないのが現状です。

    華やかな世界に見えるかもしれませんが、爆発的に売れない限りは難しい世界なのかもしれません。

    闇営業で稼ぐ芸人

    稼げないお笑い芸人やガメツいお笑い芸人の最終手段として、闇営業を行う人もいるそうです。闇営業とは事務所を通さずに地方営業などをする方法なのですが、芸能関係では最もタブー視されています。

    その理由は、芸能事務所はお笑い芸人が商品なのに、闇営業では事務所(お店)を通さないからです。他の業界でも「中抜き」という表現で、同じようなことが起きているかもしれません。

    タブー視されている闇営業ですが、売れていないお笑い芸人からすると喉から手が出るほど欲しいお金です。

    たとえば、事務所を通すと5万円しかギャラが支払われない仕事でも、闇営業なら10万円、20万円という収入が入ることは珍しくありません。

    イベントの主催者側も支払う費用が抑えられるため、このような闇営業が横行しているのです。ちなみに、大昔の話ですが、若手時代の明石家さんまさんや島田紳助さんも闇営業をしていたといいます。

    また、闇営業のドッキリ企画に引っかかっていた、とろサーモンの久保田さんも怪しいとか。あくまでウワサのため、真偽のほどはわかりません。

    天と地の差がある職業、お笑い芸人

    お笑い芸人の年収は人それぞれ異なります。天と地ほどの差があることも珍しくないのが現状です。華やかなエピソードも多数聞きますが、売れない芸人は極貧生活を強いられています。

    大変な業界ですが成功すれば億単位の年収が目指せるので、一度きりの人生、お笑い芸人にチャレンジしてみるのもよいかもしれません。

    (文/三堂有人)


    タグ:
    三堂有人
    三堂有人
    株式やFX投資に興味がある個人事業主。過去に投資で100万円損したことがある。趣味は情報商材の収集。

    【PR】無料保険相談で商品券全員プレゼント

    TOPへ

    ページトップへ戻る