節約・貯めたい

育て方が原因ではない!子供のADHD(注意欠陥多動性障害)の接し方

投稿日:2017年4月28日 更新日:


子どものADHD(注意欠如多動性障害)、近年世間の関心が非常に高まったこともあり、その言葉をよく耳にするようになりました。

ADHDとは、分類の仕方は診断基準によって異なりますが、広汎性発達障害(PDD)やLD(学習障害)と並んで、発達障害の一つとしてよく知られ、発達障害は行動面や学習面において年齢相応の発達が見れない、またはそのスキルを習得することが難しい障害のことを指します。

子どもの発達障害に悩むお父さん、お母さんも多くおり、そのための治療法や対処法が多く紹介されています。

ADHDは教育が原因ではない

以前はADHDは「親の愛情不足」「しつけ不足」など、育て方の問題が原因と思われがちでした。

しかし、研究が進み、今ではその説は完全に否定されており、教育の問題でないことは分かっています。ADHDの原因は脳機能の障害によるもので、先天性・遺伝性の要因が強いことが分かってきました。

ADHDがなぜ発症するのかというメカニズムについてはまだ解明されておらず、現在も遺伝子・環境レベルでの研究が進められています。

一番有力なのは前頭前野部分の機能異常によるものとされています。前頭葉は物事の整理や論理的思考をつかさどる部分で、ADHDの場合この部分の動きに何かしらの偏りが発生しています。

また、五感が非常に敏感になりやすく、物事への集中力が散漫、注意欠陥などの影響が出ると考えられています。

ADHDの治療法と医療費について

前述の通り生まれつきの脳機能障害によるもので、現時点で治ることはありません。できることなら治してあげたいという親心には酷な現実ではありますが、療育や訓練を重ねることで症状を緩和することができます。

ADHDの特徴は「不注意」「多動性」「衝動性」がありますが、どの行動も小さいうちは見られることがあるので、実際は年齢が進み、不相応な行動が増えることで学業や人間関係に支障を来すようになってきたら、専門機関へご相談することをオススメします。

まず、ADHDが疑われる場合、小児科やクリニックなどで診断をします。発達相談などをしているようなところであれば、基本的な診断は保険適用で済む場合もありますが、詳しい診断は保険適用されない場合がほとんどです。

また、専門家とのカウンセリングを受けての検査となる場合は、実費負担となる期間が多いようです。その場合、検査料として1回5,000円~10,000円ほどかかるようです。

実際にADHDだった場合、その主な治療法としては療育と薬物療法が挙げられます。

療育では、発達障碍者が社会的な自立をできるように環境を整えてあげたり、必要なスキルを身に着けたりするアプローチのことで、環境調整(周りに注意力を削ぐようなものを置かない、片付けがしやすいように位置を工夫する)やソーシャルスキルトレーニング(様々な特性を持つ発達障碍者が、社会の中で適切な生活を送れるように行動をトレーニングしていく)、ペアレントトレーニング(発達障害を持つ子どもとの接し方や教育の工夫の仕方を学んでいく)の3つを主に行っていきます。

薬物療法で症状を緩和をさせていく方法もあります。しかしこれは根本的に改善をしていくものではなく、飲んでいる間だけ緩和されるもので効果は一時的です。

主な治療薬としては「ストラテラ(ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(NRI)))」、「コンサータ(脳内の神経伝達物質であるドーパミンやノルアドレナリンの調節をする効果)」があります。薬物療法に関しては薬の効き方や副作用に個人差があるため、医師との相談が必要となります。

薬量によって価格帯は異なりますが、ストラテラの薬価は264~448.40円、コンサータの薬価は337~402.6円となり、これに対して保険適用、調剤基本料や薬学管理料が反映される形となります。

病院での治療以外の手段

病院以外での対処法を考えたい場合、効果が期待できるものとしてサプリを利用する方法があります。

サプリの場合、通常食事などで摂取できる成分、栄養素を取ることになるので、副作用などの心配がほぼなく、安心して利用することができます。

サプリで摂取する場合、ADHDには「ホスファチジルセリン」という成分が有効だと言われています。ホスファチジルセリンとは大豆由来のリン脂質の一種で、スムーズな脳内情報伝達に役立つ成分として今注目を集めているのです。

脳の神経細胞質に多く含まれており、数多くの研究によってADHDの症状の軽減や、記憶力の向上などに役立つことが分かっています。

しかし大豆に含まれているのはわずか0.003%ほどしか含まれていない非常に貴重な成分で、食事から十分な量を摂取するのは難しいため、サプリなどで摂取すると非常に効率が良いでしょう。

子どものADHDにオススメのサプリ

サプリを毎日摂取するという行為は、大人にとっては容易いことでも、子供にとっては非常に苦痛なもの。飲んでほしいと思っても、なかなかそうは言うことを聞いてくれないものですよね。

そこでオススメなのが「コドミン」というサプリ。

落ち着きのない子どもや多動傾向のある子どもの症状緩和が期待できるサプリとして、今注目を集めているのです。このコドミンなら1粒でホスファチジルセリンを100mg含んでおり、非常に効率よく摂取することができます。

また、子どもの頃によく食べたヨーグレットのような味でとてもおいしいので、子どもたちにも摂取しやすいサプリなのです。

コドミンはこんなお子さんを抱えている方にオススメです。

  • 毎朝起きれず、ギリギリか遅刻してしまう
  • 集中力がなく、何をやっても続かない
  • 忘れ物が非常に多い
  • 落ち着きがなく、先生にいつも注意されてしまう
  • 場所を考えず騒いだり大声を出したりする
  • ルール、約束が守れない

コドミンの口コミと評判は?

コドミンに出会う前は息子の出来ないことに目が行って、ついイライラしてしまっていました。他の子は出来るのに、どうしてうちの子は・・・と思うこともありました。

最近は息子も落ち着いてきて、周りの人にもそういっていただけるようになり、非常にうれしく思います。何より、息子自身がお友だちといる時楽しそうで、笑顔が増えました。「きっと本人もつらかったんだろうな」初めてそう思え、涙が出ました。本当に続けてよかったと思いました。

これからも家族で楽しい時間を過ごせるように、頑張っていきたいと思っています。

出典元:https://mpj.jp/

他にも、飲み始めて1か月ほどで、お医者さんに「少し落ち着いてきましたね!」という言葉をかけてもらえたお母さんもいらっしゃるそうです!コドミンの購入はコチラからどうぞ。

今ならトクトクコースで定期購入をすると、通常価格8,980円(税抜き)が初回のみ89%OFFの980円で購入できます。また、2~4回目までは通常価格から3,000円引き、5回目以降は5,000円引きと、継続して摂取するサプリなので家計にも優しいですね。

しかも定期周期の変更もでき、落ち着いてきたかな?と思ったら少し間隔を空けることもできるのでさらに経済的です。キャンペーン実施中で60日間の返金保証もありますので、安心して試すことが出来ます。

ADHDのお子さまに悩んでいる方なら既に色んな手を尽くされていると思いますが、このようなサプリも一度試してみてはいかがでしょうか。コドミンの購入はコチラからどうぞ。

(文/HOW MATCH編集部)

年収をどうにかあげたいという方は、「転職で年収って本当にあがる!?転職成功者の年収アップ体験談」を読んでみてください。悩む前に、自分の年収アップ可能性を探ってみましょう!

Copyright© HOW MATCH , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.