もし、親世代から不動産を相続されたどうするか?

節約・貯めたい        2016年05月10日

不動産の相続

(この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。)

  • Tweet相続の話は突然やってくる! 世の中には沢山のアパート・投資マンションなどの賃貸不動産を所有している人がたくさんいます。 不動産投資、アパート経営、賃貸経営――そんな話がある日突然来たらどうしますか?親世代が所有しているアパートやマンションを相続することになったらどうしますか? 人は必ず亡くなります。そして不動産などの資産は相続人へと引き継がれます。そうなれば突然大家さんにならなければなりません。その時、あなたはどうしたらいいのでしょうか? 「突然言われても……」と、困る人が多いので、親が元気な時に、アパート経営を引き継ぐのか引き継ぎたくないのか、生前に話ができるといいです。しかし、死ぬことが前提の話なので、話にくい人もいるとは思います。 なので、今回は突然相続して、突然大家さんになったらどうするか、そんなテーマでお話しをさせていただきまます。 まずは、ご自身で管理をする場合 アパ

    ここから先は「HOW MATCH」の
    会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

    タグ: ,
    新川義忠
    新川義忠
    富士企画株式会社取締役兼営業部長。1972年、福岡県北九州市生まれ。住宅設備会社勤務を経て不動産投資専門会社に入社。トップ営業マンとして1000件以上の物件売買に携わる。2012年富士企画株式会社を設立。個人投資家向けに不動産投資のアドバイスや物件紹介、購入後のサポートを行う。

    TOPへ

    ページトップへ戻る